タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

映画館に行って見た

2017-01-30 | 映画
「バイオハザード ザ・ファイナル」
エンドロールが終わるまで、ほぼ9割が立ち上がらなかった、よしよし。
ゲーム世代も油断は禁物だってわかってるな(エラソー、キャリーのオリジナルを見た世代だから)。

感想
まあそんなもんかなと(だけかいっ!


初めて知ったんだけど、バイオハザードって日本のゲーム会社の造語なのね、驚いたわ。
しかもResident Evil 英訳するとちゃんとバイオハザードって訳される。
KARAOKEと一緒かぁ。


去年の年末から自宅から半径10キロ以内の映画館はどの洋画も全部「吹き替え」のみ。どーいうこった?
ゆとり対象にシフトを変えたのか、配信で自宅鑑賞が激増したからか、
そのせいで、このバイオのエンドロール 劇中歌にラルクアンシエルが流れるのか。
ううむ・・と思った次第。




@@@@@@
解説
カプコンの人気ゲームを映画化したミラ・ジョボビッチ主演による人気アクションシリーズの最終作。人類の大半がアンデッドと化した世界で、人類最後の希望となったアリスは、悪夢のような現実の全ての始まりの場所、ラクーンシティのハイブへ戻ることになる。しかし、そこでは全ての元凶である巨大企業アンブレラ社が、アリスとの最終決戦に向けて全勢力を結集させていた。ジョボビッチ扮するヒロインのアリスほか、ゲーム版の人気キャラクターでもあるクレア・レッドフィールドを演じたアリ・ラーターが、4作目以来に同役でカムバック。また、日本の人気タレントのローラが、アリスと共闘する女戦士コバルト役でハリウッドデビューを果たした。監督はジョボビッチの夫で、シリーズ3、4作目をのぞいてメガホンをとってきたポール・W・S・アンダーソン。



スタッフ
監督ポール・W・S・アンダーソン
製作ジェレミー・ボルトポール・W・S・アンダーソンロバート・クルツァーサミュエル・ハディダ

キャスト
ミラ・ジョボビッチ アリス
アリ・ラーター クレア・レッドフィールド
ショーン・ロバーツ
ルビー・ローズ
オーエン・マッケ


原題
Resident Evil: The Final Chapter

製作年
2016年

製作国
アメリカ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


上映時間
107分

映倫区分
PG12
オフィシャルサイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中途半端かな | トップ | おかしくて悲しい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。