タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

大家に嫌われたけど

2017-11-20 | TV
11月19日(再放送26日夜8時)
日曜美術館がすごくおもしろかった。


紹介文 コピペ
かつて夏目漱石に酷評されながらも、最近,その先見性、革新性が注目され、再評価された画家・木島櫻谷(このしまおうこく)。謎多き孤高の画家の卓越した作品と人生に迫る。

明治中期、動物画に才能を発揮した木島櫻谷(このしまおうこく)。緻密な写生と高度な技を駆使し、名作を生み出した。最高峰とされる「寒月」は、月光射す竹やぶをさまようキツネの姿をドラマティックに描いた。しかしこの作品を夏目漱石が酷評。櫻谷も何も語らず画壇から離れ、人々から忘れられていく…。しかし最近、研究者の調査で、櫻谷の画法が想像以上に先進的、革新的なことが判ってきた。孤高の画家・木島櫻谷の真髄に迫る
@@@@@@@@


夏目からインスタ映え(受け狙い)を酷評された木島櫻谷の再評価。
孫の房之介に(申し訳ないほどヒドイこと言ってます)謝らせてしまう。
爺さんが大家だと親族も苦労するなあ、とこれまた同情。




天下?の夏目に酷評されては、他の批評家も黙ってしまっただろうな、と同情する。
まるで今話題?の、日馬富士問題みたいだ。
格下の若いもんが、横綱の言うことを否定できるか?今回はそれに元横綱の親方が話をややこしくしてるような気がする。



「陸王」
ハッピーエンドだろうけど、ドキドキします。
外資の靴メーカーに日本の老舗零細足袋屋が勝つ、そうでなくちゃですよ。
日曜ドラマだもん。

どーでもいいことけど、私の甲高 幅広の足は外資のどんな有名なブランド靴も全然合わず、アシックスかダンディボーイという靴しか履かない、
履けない。
何度か韓国でデザインのかわいらしい安靴を買ってきたけど、一番ヒドイのが1000円で3日目に底が全部外れたというスリッポン。
半年履けたものが最高だった、さすがに日本にゴミを持ち帰っている気分になり買わずに済むようになった。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細かいことは気にしない | トップ | 疲れるわ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今見終わったワ (ろ~ず)
2017-11-26 22:04:53
今、陸王見終わりました。これからオフロ入ります。今までの池井戸ワールドの流れから言って陸王の勝ち、だとは思うんだけどイヤーはらはらですね。本読んじゃおうかとも思うんですが、積んどくが20冊くらいあるんです・・

木島櫻谷の日曜美術館、私も見ました。房之介さんまで出すとは、漱石爺さんもあの世で驚いてるでしょうね。・・キツネいいですよね。東京でも展示されるようねので行こうと思います。
そーなの ( タネ)
2017-11-27 17:20:06
書店で最後あたりだけ読んでしまおうかと何度か手にしたり、誰かネタバレ(結末)を書いてるんじゃないかと検索したり、(笑
年寄はせっかちでいかんと反省したわ。

イイ感じの絵なのにね、ワビサビと野暮の他に評価の仕方を知らなかったのか、時代とともに価値観が多様化したからなのか(笑
子孫がいらしゃるか不明だけど、櫻谷さんが再評価されて良かったなあ、って思ったわ。

コメントを投稿

TV」カテゴリの最新記事