タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

今一番の売れっ子

2017-05-13 | ビデオ 洋画
The Girl on the Train ガール オン ザ トレイン 
地元の新聞の映画評(宣伝)がすごくウマくて、まんまと
3回もツタヤに出かけて、毎回ブルーレイしか残ってなくて、
やっと借りられた。

正直に言うと、
エミリーブラントが見たいだけで、大きな期待はなかったけど、
前半、あんまり暗いので、ちょっとノレきれずに、
しばらく我慢が続く。






まあ



この先はネタバレあるので、注意













エミリー・ブラント、今一番売れっこ、彼女が犯人のワケねーじゃん、
と、
そこそこの映画鑑賞歴があったらわかるわけじゃん。

で、

怪しいのは
後妻




だわね。














@@@@@@@
「プラダを着た悪魔」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラント主演で、世界中でベストセラーとなった同名のミステリー小説を映画化。監督は、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラー。夫と離婚したレイチェルは、毎朝通勤電車の窓から見える、見ず知らずの「理想の夫婦」の姿に、別れた夫との幸せだった日々を重ねていた。ある朝、通勤電車の窓からレイチェルの目に飛び込んできたのは、「理想の夫婦」の妻の不倫現場だった。そして、その女性は間もなく死体となって発見され、唯一の目撃者として、レイチェルに周囲から疑惑の目が向けられてしまう。主人公レイチェルをブラントが演じ、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネット、「ドラキュラZERO」のルーク・エバンスらが出演。



スタッフ
監督テイト・テイラー 製作マーク・プラット製作総指揮セリア・コスタスジャレッド・ルボフ原作ポーラ・ホーキンズ

キャスト
エミリー・ブラント レイチェル
レベッカ・ファーガソン アナ
ヘイリー・ベネット メーガン
ジャスティン・セロー トム
ルーク・エバンス   スコット


原題
The Girl on the Train
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
105分 映倫区分PG12
オフィシャルサイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハレルヤ | トップ | その後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。