タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

80 60 88

2016-10-16 | ビデオ 洋画
SAINT LAURENT/サンローラン
なんだかもうすごかった、何がというわけじゃなく、全体的にすごい。
大体ファッションに疎い、疎くてもイブサンローランを知らんおばさんはいない、強いて言うなら、50歳以上で狼とかに育てられてなきゃ、
絶対知っている。


タバコ
ドラッグ
エイズなど現代の魔の手も届かず、71まで生きた。
神様から選ばれた人の一人なんだろうと思う。


デザイナーというよりできる青年実業家のようね。
それなりにカッコいい、脳内から自分の容姿を構築できる人はちょいちょいいる(藤原・梨園・ノリカも若いころ言ってたな)。

プロローグでモデルの採寸シーン「80 60 88」
細い 胸が小さい、エレガントなドレープ。

ディオールを救った人らしい、その後独立してイブサンの看板を挙げた。
シャネルのほうがちょっと年上 ジバンシーと同期 才能って固まって出現する。
引退したイブのところにきた縫製部長だった女性がJPゴルチェの悪口をいう。
 

夢の話をするイブが「シャネルとパリのウインドウを見ていて二人で泣いた」
このセリフだけで泣けてしまう。
天才と創造者たちは凡人の神経とは違う構造をしている、たぶん。

画家、音楽家 デザイナーの映画は結構ある。
やはり才能のある人は凡庸な人生は歩めない。


同じ年に2種類の映画が作られているけど、
『Ýves Saint Laurent』
こちらはセザール賞主演男優賞をとっていて、


今回見たこっちは衣装賞だけらしい。
『Saint Laurent』
キャストにレア・セドウが出ていて、こっちの映画を見たことが判明。

監督
ベルトラン・ボネロ

脚本
トマ・ビデガン(フランス語版)
ベルトラン・ボネロ

イヴ・サン=ローラン - ギャスパー・ウリエル(1989年:ヘルムート・バーガー): ファッションデザイナー。
ピエール・ベルジェ(フランス語版) - ジェレミー・レニエ: イヴの公私に渡るパートナー。
ジャック・ド・バシャール - ルイ・ガレル: イヴの愛人。
ルル・ドゥ・ラ・ファレーズ(フランス語版) - レア・セドゥ: モデル。
アニー・マリー・ムニョス - アミラ・カサール
ベティー・カトルー(フランス語版) - エメリーヌ・ヴァラーデ(フランス語版): モデル。
ジャン=ピエール氏 - ミシャ・レスコー(フランス語版)
ドゥーザー夫人 - ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
ルネ - ヴァレリー・ドンゼッリ
タリタ - ジャスミン・トリンカ
リュシエンヌ - ドミニク・サンダ: イヴの母親。


時代が濃いのか、退屈じゃないけど、なんだかどっと疲れた。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美男お狐様? | トップ | 知らないほうが »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2つの映画 (ろ~ず)
2016-10-17 21:14:30
もう一つの、公認の方も観てみようと思ってるのですが、なかなか見られないでいます。そちらは公認だけあって、私生活の描きかたがきっと違うんだと思うんですよね。でも俳優がどちらもそっくりで、それぞれにかっこいいですね。メガネでだいぶ似るんでしょうが。
恋人 (タネ)
2016-10-17 21:54:48
公認って聞くと、あー美談かなと警戒しますね(笑
エディット・ピアフとかシャネルとかもいくつもの作品が批判されたり、出鱈目だと訴えられたり、フランスだけじゃなく階級制度が徹底している国の下積みって、ものすごく過酷らしいと聞くから、赤裸々なほうがホントだろうと勝手に思っちゃいます。
ヘルムート・バーガもエルトンジョンのような(おばさんっぽさ)を感じるのは先入観かも。

本人もモデル並みにかっこよかったんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サンローラン(ギャスパー・ウリエル主演) (一本釣り BOOK&CINEMA )
サンローランの最も輝いていた1967年からの10年間を描いたもの。レヴェナントの次の日に観ました。時代差150年、対極の世界です。こちらは晩年のサンローランにヘルムー......