櫻井BLUES農場

わたくしのおもうこと、すきなこと、じっさいしていること。

2017-06-10 19:39:53

2017-06-10 19:39:53 | 日記
 梅生産量日本一の和歌山県 うめ ぬすまれる。

 「どれだけの手間をかけたことか。」
和歌山県田辺市の梅農家の男性(59)は憤る。
出荷当日の
平成廿九年5月9日朝、梅10キロ入りのたる67個(約33万円分)が倉庫から全てなくなっていたとのことです。

 和歌山県警田辺署さまなどによりますと、
被害は2016年2月~今年5月、
みなべ町で3件、
田辺市で2件あり、
半径約5キロの範囲に集中。
倉庫の南京錠が壊されるなどの手口が共通しており、
一部は出荷直前を狙われていたということです。

盗まれた梅は、農家が収穫後に塩漬けと天日干しを経た「白干し」と呼ばれるもの。

その後、JAなどで味付けして梅干しとして販売されるとのことです。

 和歌山県紀州南高梅は品質で最高のA級から4段階に分かれる。
昨年11月に被害に遭ったみなべ町の男性(62)の場合、
保管中の梅のたる約700個のうち
A級ばかり300個が持ち去られた。

 地元JAによると、南高梅の価格はここ数年高騰し、A級の買い取り価格は、
2013年に10キロ当たり約5000円だったが、
16年には約8000円に上昇。
ある農家は「個人で大量の梅を現金化するのは困難。盗品を安く買い取る業者がいるのではないか」
と話す。

被害農家によると、少なくとも2軒で、倉庫内にトラックのものとみられるタイヤ痕が確認。

倉庫内に車を乗り入れ、たるを積み込んだとみられる。

捜査関係者は「同一の複数犯の可能性がある」としているとのことです。

 ■梅盗難被害の一覧

 被害発覚時期  場所   たるの被害個数 被害総額

【2016年】

(1) 2月上旬 みなべ町 約200個 約100万円

(2) 9月9日 田辺市  約220個 約100万円

(3)10月中旬 みなべ町 約200個   約80万円

(4)11月18日 みなべ町 約300個 約210万円

【2017年】

(5) 5月9日 田辺市     67個  約33万円

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 【ことば の いみ】南高梅 とは これいかに!?=皮が軟らかくて果肉も厚く、干し梅に重宝される高級品種。第二次世界大戦後、
梅の品種選定の際、
「なんこう」の愛称で呼ばれる和歌山県立南部(みなべ)高校の教諭らが作業に関わり、命名された。

農林水産省などによると、昨年の国内の梅生産量は約9万トン。うち和歌山が約6万トンを占め、この約9割が南高梅だった。

とのことです。勉強になりますありがとうございます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017-06-10 19:16:31 | トップ | 2017-06-11 05:44:38 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。