櫻井BLUES農場

わたくしのおもうこと、すきなこと、じっさいしていること。

バッハ一族と その音楽 NHK教育AMさま

2017-01-04 21:02:29 | 日記
 キリスト教が広まったEurope:ヨーロッパ社会 では
音楽 芸術 文学 哲学 は その時代ごとのキリスト教神学の価値観を表現できている事を重要視なさいましたと伺います。

 18世紀バッハさんの素晴らしい作品は、神様を讃える喜ばしい普遍の音楽成果(壽)。

 ニュートンさんなど科学者のみなさまによります科学の発展も、同じ時代からの成果とのことです。

 魔女裁判や、トランシルバニアのドラキュラ伝説、死体が歩く噂が、実際にあった時代とのことです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


 Europeに永くながく続いてしまった宗教戦争宗派戦争、魔女裁判、異端審問、異教徒殺戮への後悔や、
キリスト教に本来あるべきだった無償の愛により、
戦争は残虐だから反対、魔女裁判を正当化できないのではないか、、、。
という意志がEurope民衆個人個人に芽生え、
近代以降には キリスト教会権威への隷従的態度への懐疑が、
Europe民衆の個人主義を育んだ との 論説も
世界史、西洋哲学史に伺います。

 拙者大學生時代の記憶につきまして 詳細は、世界史、西洋哲学史の追試検証を推奨いたします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「地球温暖化対策国際情勢」... | トップ | 西暦1910年前後御生誕のBLUES... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。