BLUES-BOY

ES335tdとVibrolux Reverbに魅せられた52才のブルースマン 猫記事もあったりして

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実用的買い物

2006年06月25日 | その他楽器

買い物の帰りに近所の楽器屋さんにより、ギタースタンドを買いました。久々の実用的買い物でした。
おもちゃの合体ロボみたいにシャキーン、シャキーンと開くとこうなります。2,500円でした。
MADE IN CHINA


今まで買ってた本当にコンパクトなスタンド(1,900円)

を買ってはなくしを繰り返して、今度で4回目のコンパクトスタンドです。

どうせなくすからと1,900円に手を伸ばすと、

「あと600円でこんなしっかりしたものがありますよ」と営業をかけられました。
それまで、トゥルーバイパスやパッチケーブルについて散々相談に乗ってもらったので、600円は相談料と思って購入。600円の差以上にしっかり安定しております。

またイエローのベースメントが、しっかりとその存在をアピールしてくれ、スタジオやステージでの撤収時の忘れ物防止になると思います。(今度は、名前と連絡先を書いておこう)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エフェクターのトゥルーバイパス | トップ | やっぱりね2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山本健児)
2006-06-27 05:03:35
下の写真のスタンドを自分も持っていましたが、踏まれたり蹴られたりでドンドン変形していきました。
Unknown (blues335td)
2006-06-27 08:59:09
山本さんの場合、プロの毎日のステージですから、ましてやお客様もかなり良い気分でしょうから、機材の耐久性は重要ですよね。



お客さんもギターやアンプなどの高そうな機材には気をつけますが、モノトーンのギタースタンドは、その存在を中々アピールできません。山本さんの場合、蛍光テープでも付けておく必要があるのでは・・



でも安い方のスタンドの方が変形しても自分で元に戻せる気がしますね・・・

あわせて読む