gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『SHAKE IT PARADISE』

2017-06-10 15:44:33 | 日記
1986年9月10日発売

高校2年の時、私の友達が興奮してこのアルバム(当時はLPレコード)を持ってきて、私にこう言ってこのアルバムを貸してくれたのを未だに昨日のことのように覚えています。


『絶対これオススメ。絶対聴いた方がいいよ。日本の音楽が変わるかもしれない。』



そう言って彼はこのアルバムを貸してくれました。

借りた時には『ふ〜ん。』と思ったにすぎませんが、うちに帰ってこのレコードに針を落とした瞬間、確かに、



『なんだぁ、これ! まじで日本人? こんなファンキーで声量があるなんて凄すぎる。』


1曲目の『流星のサドル』でノックダウンさせられました。

2曲目の『Olympicは火の車』もまたまたファンキー。ベースとギターのバランスがめちゃくちゃ素晴らしい。

4曲目は名作『MISSING』。これだけファンキーな曲を書くのに、なんて綺麗なバラードなんだろう。初めて聴いた時には本当に聴き惚れました。

5曲目の『失意のダウンタウン』 これもさらにかっこいい。前半だけですでにやられました。


久保田利伸さんがこのアルバムを出して、日本においてR&Bやブラックミュージックがかなり認知されたのは明らかで、確かに日本の音楽を変えたように思います。

そして30年以上たった今でも久保田利伸さんは声量を落とすことなく、精力的に歌い続けています。今まで久保田利伸さんのライブには4回くらい行きましたが、どれもこれも素晴らしかった。また行きたいけど、今年は全てチケット購入失敗して、まさに『失意のど真ん中』です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『あっ、安部礼司スペシャル ... | トップ | 『EXPERIENCE』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL