天使のロシアンブルー 

あれこれ広く浅く・・・過ごしています

さようなら、nanaちゃん

2017-05-19 22:02:33 | lifestyle

ほぼ終日nanaちゃんと一緒でした
呼吸数が次第に少なく(間隔が空く)
11回、10回、9回と・・・

あっくんがnanaちゃんのマットを占領してしまったので
nanaちゃんを連れてきました

 

 

この頃にはもう殆ど意識もなく、目も見えなかったようです
次の瞬間・・・nanaちゃんが腕を伸ばし
アックンの腕に重ねたのです・・・
一気に感情が高ぶってしまいました・・・

 

 

nanaちゃんはあっくんが大好きなんです

 

 

最後に傍で一緒に過ごせて、よかったと思います

 

 

9年前にやってきてすぐにあっくんの元に

 

こんなにすぐに先住猫に懐く子はいないでしょう

 

 

いつも一緒、姿が見えないと不安だったようです

 

 

あっくんもこの頃はとても可愛がっていました

 

 

今朝5時頃、次第に呼吸が細く、短くなってきて

 

 

どこに力が残っていたのか、体勢を入れ替えた時に息を引き取りました
7:40でした

 

 

みんなも異常な事態に気付いたようです

 

 

慌てず、まず清拭します
腕、口の周りなど
シャンプーはしておいてホントに良かった、とても綺麗です

驚いたことに・・・急に口が開き・・・息を吐きました
吐くというか、肺に溜まっていた空気が押し出されたようです
生き返ったのかと思いました
しかも何度もです(8回くらい)・・・ちょっと怖いくらいでした

すぐにお花を買ってきました

 

 

カーネーション(クレア)は鉢で、明日です

 

 

nanaちゃんは具合が悪いとみんなを怖がったりしたので
専用にケージを用意していました
主が居なくなりました・・・
踏み台まで用意していたのに・・・

 

 

心の準備は出来ていたので
冷却材やタオル、また葬儀社への連絡をしたり、午前中にほぼ済ませ
あとは通常通り、ジムに行き770m(+30m)を泳ぎ
instagramではすでに投稿していたので
あまり知らない方からも沢山メッセージを頂き・・・

病気の子や、終末期の様子をアップするのははばかられましたが
猫を持つ家庭はいずれは直面することです
頑張ったnanaちゃんや、みんなが寄り添ったうちの家族猫のこと
こんな見送り方もあるということを分かってくれたと思います

 

今回はシッターさんもお別れに来たいとのことでしたが
自分も長く暮らしたnanaちゃんのことで精神的にギリギリの状態だったので断り
家族全員で静かに見送ることが出来たと思います

明日の午前中にはお骨になって帰ってきます





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« nanaちゃんのこと | トップ | 少しずつ・・・少しずつ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
猫太郎さんへ (taroママ)
2017-05-20 22:04:44
nanaちゃん、大好きなアックンと猫太郎さんが側にいて安心してmimiちゃんのところへ逝ったのですね。

最期を看取る辛さは計り知れませんが、、、猫太郎さんの心がゆっくりいやされ、いつもの日々となりますように願っています。
おはようございます (猫太郎)
2017-05-21 06:26:07
nanaちゃんはホントにあっくんが大好きでした、いいことも悪いことも色々なことが走馬灯のように思い出され、なかなか厳しい別れでした
猫に限らず病気はつきものですが、9年間でほぼ70回の通院はnanaちゃんにとても苦痛だったでしょう
点滴もステロイドも栄養剤も効果が無くなってきたことが分かったらすぐに治療は止めました
お骨になって姿かたちが見えなくなると自分の気持ちも落ち着きました
少しずつ回復していけると思います
ありがとうございました

コメントを投稿

lifestyle」カテゴリの最新記事