私の旅行と趣味 My Travel and hobby

すべて趣味の世界。

海外の国の経済力

2017-03-15 22:31:49 | 旅行

これからの話は、旅行そのものとはチョット違いますが書いてみます。

海外の国へ行った時に、皆さんは行った国が経済的に発展しているかを
どこを見て判断しますか?。

私の判断の仕方の一つは街の明かりです。
これって夜しか使えない方法ですが、飛行機が到着空港へ向かって高度を
下げて行く時に街が下に見えますよね(少し空港が街中より離れていると
しても)そして着陸に備えランディング・ギアを出していく頃には街の明
かりが窓の左右どちらかに、又は両方に見えた時にその明るさがどうかを
見て、街全体が明るく輝いている様なら経済的に発展しているし薄暗い様
ならまだまだこれからの国と見ます。

1994年頃の上海空港(当時は虹橋空港のみ)への飛行機からの明かり
は薄暗かったのを覚えていますあの頃の虹橋区はまだ雑木林が有り、高層
建築もあまり無かった状況でした。
上海市内のバスも汚れた感じの物が多かったです、それが10年もしない
うちに虹橋地区には高層ビルが建ち並ぶ様なエリアに成りましたしね。

タイも1997年に行った時はドンムアン空港に向かって着陸行程に入っ
ても下の街は、やはり薄暗く見えました。
それが、タイのメインの国際空港がスワンナプーム空港に変わった頃には
飛行機からの街ちの明かりが煌々と光って見える様に変わっていました。

インドのムンバイ(旧:ボンベイ)も同様ですね、空港からの街の様子は
以前の「インドの記憶-1」で書いてまいすが飛行機から見下ろす夜景も
薄暗く見えました、今ムンバイに行く人には判らないかと思います。

と言う事で、私流の異国の経済発展のバロメーターの一つの考え方を書き
ました。
旅行に行くのに、特に観光旅行で有ればその国の経済発展状況がどうのと
言うのは興味ないと言われればその通りですので、読み飛ばして下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キューバの旅-2 | トップ | トルコの旅-1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。