レイク
お金




以前、ついカードで買い物をしすぎた時と、給料が少ない時期が重なって、給料日に支払い分をよけたら2,000円しか残らなかったことがあり、流石にその時はお金を借りました。 私の場合はカードにキャッシング機能が付いていたのですが、なにせ人生で初めてのキャッシングを使った時だったので、インターネットで簡単に手続きができたのですが、かなり緊張してキャッシングのボタンを押したのを覚えています。 絶対にお金でこれ以上痛い目をみたくはなかったので、1万円だけ借りて、なんとか1ヶ月乗り切りました。 それからというもの???滅多にお金を借りる、ということはしないようにしていますが、少しピンチの時に、前より身近になってしまったカードのキャッシングにお世話になることが数回???。 もちろん生活を助けて貰う為に使うのは賢い使い方ですが、ボタン1つで簡単に現金が手に入ってしまうのはとても怖いことなので、これから先もキャッシングとは仲良くお付き合いをしていきたいと思います。

 

即日 キャッシング



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




運転免許を取得するために教習所に通っていましたが、我が家には自家用車がありませんでした。 せっかく免許をとるならば、ペーパードライバーにはなりたくありませんでした。 となると車を買うということになります。 当時の私は19歳です。 もちろん車を買うようなまとまったお金はありません。 貯金やアルバイト代をかき集め、頭金だけは用意できたのですが、残りのお金は親の名義でローンを組み、毎月アルバイト代から返済していくことになりました。 そのおかげでペーパードライバーにはならず、結婚して子供が出来た今でもバリバリ運転できています。 子供が産まれて車の便利さを特に実感しています。 やはり小さな子を連れて公共機関のみで移動するのは大変です。 あの時親がローンを組んでくれなければ、車に乗ることがなくペーパードライバーになり、免許取得のためのお金が無駄になっていたかもしれません。 ローンという大きな決断をしてくれた親に感謝しています。 親にはたくさん迷惑もかけてきたので、これからもしっかりと親孝行していきたいと思っています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




学生時代にどうしても欲しいものがありました。 ですがアルバイトの給料日までまだ日があり、親に足りない分を借りて購入しました。 私は欲しいものがあるとすぐに手に入れたくなってしまう性格です。 学生時代は洋服などによくお金を使っていました。 その時に購入したものも洋服でした。 好きだったブランドの商品で、とても気に入ったのですが欲しいサイズが店頭に一点しか残っておらず、他店舗からの取り寄せも難しい状況だったので、親にお願いをしてお金を借りて購入することが出来ました。 今考えると学生だったから親も許してくれたのかなと思います。 本当はその時にお金がなかったのなら縁がなかったということで諦めなくてはならないのだと思います。 それから何年も経ち、結婚もして子供も産まれました。 子供たちが大きくなり、あの時の私と同じようにお金を貸してと言ってきたらどうするかなと考えます。 最終的には貸してあげるとしても、すんなりとは貸さない方が子供のためになるだろうなと思っています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


   記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧