ともちの小さなGLOBE

人生は一期一会のLong and winding road。小さな地球儀をめぐる日々をブログにしました。

インプレッサとXVを乗り比べ

2017-06-22 22:02:12 | FITとデミオ
カミサンのFITも10年近くになり、先日の車検の後にはエンジンのミスファイヤが多くなり、コイル関連を交換したり、お金のかかるトラブルが増えてきた今日この頃
僕も通勤でも使うから、長い目で見て、次の購入車種を考えようと思考を詰めて、ここ数カ月で色々な車を試乗…
(この頃、運転中に不注意を感じる時もあって、予防安全に優れる車が欲しいと実感しているのも事実… )

で、、数カ月前、初めに乗ったのは日産のノート e-Power
モーター駆動による出足の良さは感動モノ ワンペダルドライブも未来を感じて、目から鱗の新しい価値観を体験したけれど、時が経つと深みが無くて飽きそうな感覚を感じたのも事実
まあ、FITと同じBセグメントだから致し方ないと考えたけれど、今度の車は年齢的にも最後かもしれないと思うと、折角だからe-Power NISMOにしようと見積もりを取ると目が点の乗り出し価格309万円で300万円超え
Bセグメントで300万円… ここでプツンと何かが切れて、300万円でホントに欲しい車は何か考えてみることに…

で、、次に物色したのはトヨタのCHR…乗り出し330万円也
新型プリウスと同じハイブリットシステムとの事だから、かなりの期待ができる燃費と走り…
熊本~天草間を新型プリウスのレンタカーで走った時には、返却時にガソリン代は500円で済んで、走りも、良く走る普通車並みだったのは鮮明な思い出…
やはり、走り出すとザックスダンパーの足回りもしかりしてソリッド感もあり、非常に良く走る車 そして燃費も良い
と言うことで、暫くCHRを第1候補に選択して、次に乗ったのがホンダのベゼル ハイブリットRS…
この車はFITベースとは思えないほど内装も良かったけれど、足回りがバラバラに動いている感覚…
(この頃のホンダ車のハンドリングは何かおかしな感じ…)
そして、トドの詰まりは見積もりも370万円で却下
この時点でもCHRがベスト… 
(CHRの後部座席の視界が劣悪なのは承知なんだけれどね…)

次に息子のデミオでお世話になっているマツダで乗ったのはCX-3
見積もりの乗り出し価格も310万ほどで、内装も上品かつエロいヨーロッパ車のようなセクシーさ…  今のマツダのデザインは素晴らしいなぁ
ただ、1500㏄のディーゼルエンジンは好き嫌いが分かれるかもしれないけれど、やはり僕にはちょっとノイジー…

と言うことで、やはりCHRかと考えながら、カーオブザイヤーを獲ったスバルのインプレッサは如何なものかと思い、試乗…
初めてインプレッサを試乗したのは2.0i-L
動き出した途端に、走りの質感に感動の渦  確かに素晴らしいドライブフィール いつまでも運転したくなる感覚…
これは、この頃試乗した車の中でも、誰が何と言おうとBEST
そして、ハイブリットと言う飛び道具は無いけれど、安全装備では群を抜いているのは事実
トヨタは安全選択に関するオプションが多すぎて、付けたい物を付けていくと割高になるんだよねぇ…
実際、詳細を比較してもアイサイトに勝る安全デバイスは国産車には現時点無いと思うのです…

で、、、ホントに欲しい価値は何か自らの運転環境を冷静に考えてみることに…

燃費・安全・走り
初めは燃費を考えていたけれど、僕の年間消費ガソリン代はFITで16万円… リッター11~15㎞は走るから、燃費が倍になっても8万円…
そして、、安全性は、今一番欲しいところ…
これを踏まえて、自分にとって10年後も運転したい衝動を感じる車は何か…

結論は、インプレッサがBEST of BEST 
その中でも2.0i-Sを試乗した時のハンドリングとブレーキ感覚は最高 
2.0iのLタイプは2.0i-Sの18インチタイヤに対し17インチで乗り心地に振っている感覚もあるのは事実だけれど、2.0i-Sも決して乗り味が悪いわけではない
それに、2.0i-Sのブレーキは好き嫌いはあるだろうけれど、踏んだ時の感覚は「素晴らしい」の一言…
(ある意味、愛車のS2000 Type-Sのブレーキより効き味と足に伝わる感覚は良い感じです
ブレーキの印象に押されるように、ハンドリングもどっしりしている。
(重いと捉える方もいると思うけれど、僕はこの感覚が好きです)
そして、トルクベクタリング作動時の踏めばドンドン曲がるシャープな運動性能は特筆もの
確かにタイヤの違いは大きいんだけれど、2.0i-Lよりも明らかにスポーツしている感覚 
これも、ベースにあるスバルの新しいプラットフォームSGPの出来が良いことに起因するんだけれど、果たして車高が70㎜も高くなり、必然的に重心位置が高くなるXVはいかな物かと思ったのが素直な疑問??

その疑問が完全に解決できたのは先週の土曜日なんだけれど、実はその前に2回インプレッサとXVを乗り比べています…

第1回目は5月中旬に埼玉に行った際の、XV 2.0i-Sとインプレッサ 2.0i-Sの乗り比べ…
この時は、降ろしたてのXVのエンジンが馴染んでおらず、硬いエンジンオイルのせいか、非常に鈍重なエンジンのレスポンス…
かたや、インプレッサ 2.0i-Sは乗りこなれていて、すべての感覚がシャープの一言…
この時には、XVがエンジンのレスポンスの悪さから車の挙動全てが重く感じられたのが事実で、相対的にインプレッサの素晴らしさが際立った結論
ただし、XVのロールの少なさには驚きも覚えている…
結局、XVの魅力は大きく感じなかったんだけれど、エンジンの馴らしが終わっていたらどうだったんだろうという疑問は後を引いていました

第2回目は、そんな疑問を払拭すべく浜松のディーラーでXV 2.0i-Sとインプレッサ 2.0i-Lを乗り比べ…
両車とも十分馴らしは終えている状態…そして、このインプレッサ 2.0i-Lは初めてインプレッサを乗った時に感動を覚えさせてくれた車と同じ個体
この時の試乗感覚では、XV 2.0i-Sのエンジンレスポンスが明らかにインプレッサ2.0i-Lより優れていることを実感
減速比が違うことによるんだけれど、埼玉での印象が180度転換
僕の感覚的には、インプレッサ 2.0i-LとXV 2.0i-Sの走行感は拮抗していて、どちらかと言うとXV 2.0i-Sの方が良いというのが結論…
とは言え、インプレッサの本命である2.0i-Sとの再比較は行っていない

このように考えて、インプレッサの2.0i-SとXVの2.0i-S、1.6i-Lの3車種を1週間前の17日に乗り比べさせていただく事に 

(乗用車とSUVの比較なんて、初めは比較に値しないのではないかと思ったけれど…明らかにXVは乗り比べる程に考えさせられるモノがありました)
そして、試乗後の結論は…
「やっぱりインプレッサ2.0i-Sは良い けれども極端な差をXV2.0i-Sとの間に僕は感じなかった」のが本音
これは、驚き以外の何物でもない事実です 
ただし、両車の一番の大きな違いはタイヤからのインフォメーション…
インプレッサの2.0i-Sは18インチのスポーツタイヤである影響はとても大きいし、車重も軽く、初期から立ち上がるブレーキフィールも良い。
しかし、、車高が70㎜高く車重も40kg重いXVはロールも少ないし、視界も良好…そしてドライブフィールは遜色なく素晴らしい
トルクベクタリングが効いた状態の挙動は、XVの方が驚くほどシャープに旋回する感覚
エンジンの点きも、ギヤ比を加速寄りに持って行ったXVの方が若干シャープ
正直言って、繰り返しになるけれど、走りの絶対性能はインプレッサ2.0i-Sが勝っているけれど、その差は思いのほか少ないのが実感
と言うことで、XVの方が使用用途に対して未来の価値を提供してくれそうなワクワク感があります
(比較評価は概ね、YOU TUBEなどのWeb情報の断片がつながった感じです)
また、両車共、Aピラー近くの視界が良好なのも特筆もの
(FITはAピラーを前に出し過ぎていて、頭を前に動かさないと歩行者や車が見えない致命的な欠点があるのは事実…)
確かに、スバルの0次安全への取り組みは、デザインに迎合することなく、ぶれていない感覚があります

一方、2.0と1.6でエンジンの違いをXVで確認すれば、平たん路では差を感じなかったのが本音…(1.6の吹き上がりは軽く、2.0はトルクの豊潤さを感じます)
ただし、ひとたび上りのシチュエーションや加速のシチュエーションに遭遇すると2.0はスッと加速していくのに、1.6は踏み込んでエンジン回転を上げなければならない…
エンジンの価格差約20万円… 個人的には燃費も加速性能も優れる2.0が良いんだけどネ

と言うことで、現時点はXVの2.0i-SがBEST…
とは言え、オプションを入れるとそれなりの値段になって、思案の最中…
ルーフレールはカッコ良いし、オプション価格を見てもお買い得だろうけれど、ルーフ部分で10㎏の重量増加はいただけない…
(以前、R32でサンルーフ付き車と無し車を乗り比べた時には、明らかに屋根の重さは、異常に体感できる程の運動性の差を感じたのも事実)
また、販売店の方にフレキシブルタワーバーは効果を感じるだろうか?と質問すると、車がビシッとしたようになるとの返答…
R32時代にストラットタワーバーを付けたけれど、ついぞ効果は体感しなかった僕には驚きの一言
ヤマハのパフォーマンスダンパーのような車の振動伝達を抑える働きをするのかわからないけれど、興味津々
これを付ければXVがインプレッサになる事はあり得ないだろうけれど、ノーマルよりさらに良い感覚になるということは予想できます
いずれにせよ、カミサンに知られずチューニングする手はずは出来そうだネ
そんなこんなで、フレキシブルタワーバーとドロースティフナーは将来的には付けたいなあと、色んな思いが心を巡ります
(未だ買ってもいないのにね

で、、結論は… ルーフレール無しのXV 2.0i-Sの選択が正解だろうなぁ… と妄想にふける今日この頃です

まあ、いずれにせよ、この車に思いを巡らす時期が一番幸せなんだろうねぇ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グランフォンド TO 新野 へGO!!!!!

2017-06-18 18:12:43 | サイクリング
今日は浜松~糸魚川の前哨戦 グランフォンド新野
船越町のイチヤさんに集まって、6時スタート
今日の走行メンバーは老若男女合わせて39名

今日のコースは以下の通り:
自宅⇒イチヤサイクル⇒R257⇒黒田の坂⇒満光寺先サンクス山吉田(全員で写真撮影)⇒湯谷温泉⇒東栄町サークルK⇒豊根グリーンポート宮島⇒新野峠⇒信州新野千石平(折り返し)⇒東栄町サークルK⇒満光寺先サンクス山吉田⇒自宅
本日の走行データは以下の通り;

走行距離:194km
平均速度:22.1km/h
獲得標高:2230m
中々強烈な山岳サイクリングです

スーパー林道は今年2回走ったけれど、新野峠は1060m…これが往復できるかが今年のサイクリングの占い処
いよいよ、イチヤさん前を出発

(写真はイチヤさんからの頂きもの)
満光寺先サンクス山吉田で、ココから集合組と落ち合って記念撮影

ここからいよいよ山懐に突入


70過ぎのやっさは、ホントいつも元気です ドンドン僕を引っ張って行ってくれます

(写真はイチヤさんからの頂きもの)

東栄町サークルKで東栄チキンを食べようと思ったら、焼いた物は無いとの事で、ガーリックチキンを頬張れば、いつしか皆は出発済み
と言うことで、ここから孤独な山岳サイクリング…
とは言え、静かな環境での一人ペダリングは色んな事に思いが巡り、哲学的なサイクリングです

(写真はイチヤさんからの頂きもの)

やっと到着した新野峠の天辺

ここで、写真を撮っていると、峠を下りた最終目的地の千石平から帰ってきた健脚連と落ち合って、降りるべきか、ここから戻るべきかの、お馬鹿な会話…
結局、時間もギリギリだけれど、初心貫徹の気持ちと、チャレンジの好奇心が勝り、一気に千石平に向かうことに
途中、千石平から戻ってくる衆が坂を上ってくる中、こちらは満面の笑みを浮かべてダウンヒル… 後で同じところを登るんだけどね

4km下って千石平

マーキングを済ませて帰路の上りへ… データにピークが2つあるのはコレが原因

最後の上りを登り終え、笑顔がこぼれる帰り道  此れもまた楽しからずだね

(写真はイチヤさんからの頂きもの)

山吉田のサークルKで皆を待って解散

井伊谷あたりからにわか雨だったけれど、ほぼドライなサイクリング
今日は、ホント楽しかったねぇ

で、、今日初めて分かった事…
俺、脚力はあるけれど、体重が脚力を上回っている事実
体重が味方する下りのセッションは速いけれど、上りで重力に逆らうのは一苦労…
やっぱり、痩せないとねぇ 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神楽の里へ

2017-06-12 22:26:49 | サイクリング
土曜日は会社の若い衆と連れ立って春野をサイクリング

今日のコースは;
船明ダム運動公園⇒いっぷく処「横川」⇒峰小屋トンネル⇒天狗広場⇒旧王子製紙跡⇒勝坂神楽の里⇒新橋屋(昼御飯)⇒ふれあい広場⇒秋葉山下社⇒山疋屋⇒気田川沿いのサイクリングコース⇒吊り橋⇒花桃の里⇒浜松ワインセラー⇒船明ダム運動公園

走行距離:79.5km
平均速度:21.7km/h
獲得標高:530m
登りも少なく快適なサイクリングコースです

船明ダム運動公園を出発して、いっぷく処「横川」へ

「横川」でシイタケソフトを堪能

シイタケの味を感じさせないコクのある美味しいソフトクリームです

峰小屋トンネルまでが、ちょっとした上りで、勝坂まではなだらかな上昇が続く今日のサイクリングコース

天狗広場で一休み



天狗広場の横には宝塚歌劇団ゆかりの地




時間が止まった面影のある場所です

続いて、王子製紙の本社屋跡



やっと到着した勝坂神楽の里

山の中に来たなぁと思える一コマ

廃校になった小学校の前で…

神楽の里の近くには、こんなバンガローも… 南太平洋にいるような光景…


道すがら発見する「大都会」

山の中なのに大都会…

昼食は新橋屋さんへ

お約束の鉄火丼

2段でマグロの漬けが入っているYO
山の中で食べる鉄火丼は最高のお味です

続いて、デザートは秋葉山下社を過ぎた石畳にある「山疋屋」さんへ



自家製のジンジャーを使ったジンジャーエールは疲れも吹き飛ぶ最高のお味
暖簾を分けて出る姿も粋だねえ


ここからは気田川沿いのお気に入りのサイクリングコース

吊り橋も素敵です


月のバス停で一休み

月へのシャトル便は、日に数本…

花桃の里では、かき氷に舌鼓

コレ200円で大満足

花桃の里の裏にある「浜松ワインセラー」




いつ来ても趣のある場所です

船明ダム運動公園もすぐ近く
ここで、月へ3㎞の標識に盛り上がる若い衆達


楽しい今日のサイクリングも無事終了
帰りは、あらたまの湯に浸かって疲れを癒します

いやぁ~楽しかったねえ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4040オフ会で日間賀島へGO!!!!!!!!

2017-05-29 05:38:25 | サイクリング
27,28日は4040クラブ年に一度のオフ会
久しぶりの自転車仲間との再会に嬉しさもひとしおの2日間

日間賀島に入る手立ては色々考えたけれど、浜松から輪行して南知多の河和へ、その後は高速艇で日間賀島に渡ることに
久しぶりの輪行はバタバタしたけれど、とりあえず今日の相棒の小径車IDEOMを輪行袋に入れて出発進行

27日の土曜日は、サイクルパラダイスが日間賀島で開催中

到着時刻が、3時間走行のスタート時間に近く、レッドブルのお姉さま方もポーズを決めて熱気ムンムン

4040仲間のアントンさん達も楽しそうにスタート準備

フラダンスの準備をしている御姉様方も居るし、素敵なイベントです

コースに面した食堂で、こちらはシラス丼と大アサリを頬張り暫しの観戦

お腹もいっぱいになれば、日間賀島の外周道路片側一車線はレース専用道路として閉鎖されているので、もう片方の車線をゆっくりペダルを回し、右車線を走る参加者の激走を見ながら宿に向かいます
宿の前で、道行くサイクリストを応援しながら飲むビールもまた格別
隣では、すでに先のイベントに出走したサイクリストの一団がBBQで盛り上がり、「パラダイスだ~」と言いながら観戦中…
此れもまた楽しからずだね

そんなこんなで日が落ちれば、楽しい楽しい4040宴会がスタート
4040クラブは、40歳以上で40年間以上自転車を楽しもう会なんだけれど、こうやって全国から来た仲間と再会すれば、直ぐに旧知の間柄のような雰囲気

宴会料理も格別
やっぱり日間賀島の魚は美味いねえ…


記念撮影も童心に帰って大盛り上がり

(写真は、まぁ~さんからの頂き物)

遅くまで酒を飲んでも翌朝は早起き…
と言うことで、朝風呂を済ませて、心地よい朝日の中、ゆくりと島内ポタリング

信号も一つしかない島内…こんな注意書きも微笑ましいねぇ

ハイジのブランコに乗って童心に帰るひと時…
廃爺だねえ


楽しかった日間賀島ともこれでお別れ
最後は皆で記念撮影

(写真はH-Iさんからの頂きもの)
数グループに分かれて師崎や伊良湖へGO!!!!!

僕は師崎から常滑を散策するコースに便乗
師崎から眺める日間賀島

ワコ&ユージ夫妻も合流して師崎での記念撮影 

(写真は、まぁ~さんからの頂きもの)

左手に海を眺めながら、ひたすら走る快晴の海岸道路
山ちゃんに案内されて到着したトトロの家…

こちらは、一般家庭の方が、家の刈込で作った物凄いアート


良いものを見たなぁ…
で、、ひと汗かいて到着した常滑では、アントンさんお勧めの常滑チャーシューをガッツリと

こちらのメニューは中華そばと御飯だけ…
で、、中華そばを注文すると、中から巨大な2切れのチャーシューが…
これ、厚さは2cm位あるよ

魚尽くしの前日に別れを告げる肉尽くし… 暫く肉は食べないYO

常滑の焼き物の散歩道を散策

土管坂

工房では窯に火入れをしているねぇ

素敵な坂の街です


終わりに、陶芸博物館に立ち寄って週末の思い出の締めくくり


素敵な出会い、思い出深い最高の週末を満喫です 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SCAグラベルサイクリングへGO!!!!!

2017-05-22 23:44:15 | サイクリング
21日はSCAグラベルサイクリングの当日
1か月前に試走したコースだけれど、もう全行程半袖ジャージで十分の初夏の季節に様変わり

先週は、埼玉から熊本と多忙な1週間…埼玉にFITを置いてきたから朝3時に起きてイチヤさんのサポートカーに乗せてもらって船明ダム運動公園を目指します
 …土曜日に熊本から帰って、呑み会後の体には堪えるYO… 

本日のコース:
船明ダム運動公園~雲名橋~秋葉神社上社~天竜の森中央駐車場~山住神社~水窪~大輪橋~秋葉ダム~雲名橋~船明ダム運動公園

走行距離:97.8km
平均速度:17km/h
獲得標高:1610m
1か月間に2回走るのは頭がおかしいと思える、中々の山岳サイクリングです…

出発前の大会本部も体裁も整い、スタート準備完了


走り始めれば、快晴無風の天竜川の水面の鏡に映された山々が映えます


で、、今回は、立証スタッフ兼、アンカーと言うことで秋葉山の登りから最後尾をサポート
先ずは、秋葉山の登り口で立証を行って参加者の到着を待ちます

スーパー林道は、こんなコース…

とは言え、出始めの7㎞10%の山登りは足に堪えます…

秋葉山の登りでイチヤさんが撮影してくれた一コマ


やっと到着した秋葉山上社

良い顔で登っているねぇ

とは言え、、いつ走っても、シシオノパーになる登りです

ここから天竜の森を目指します
途中の立証ポイントでの一コマ… 熊注意の看板の横で、一人で待つのは寂しかったろうねぇ…

この辺りは、携帯もアンテナが立たず何かあっても連絡が取れない場所…
途中、FIAT500がパンクしていたけれど、JAFも呼べないだろう… 
直虎ブームで山奥まで観光客も来る浜松市… 市は大きくなったけれど行政の情けない不手際を感じざるを得ません

走行中にふと見た光景…
楓の葉の影が、チェーンリングを作っています


こんな景色に出会えるのも、山岳サイクリングならではのひと時


道路脇の水溜まりには、オタマジャクシが大量に… モリアオガエルになるのかなぁ…


やっと到着した天竜の森


アンカーだから殆どの参加者も走り去ってしまい、スタッフが寄り集まってお弁当を頬張ります

天竜の森から一度下って、最後の登を超えれば山住神社…
途中の山並みも綺麗だけれど、よくこんな山奥まで来たなあ…と、思わずにはいられません


やっと到着した山住神社

神社前のおでん屋さんで味噌おでんを頬張れば至福の時間


ここから、10㎞以上下って水窪へ… もうハンドルを持つ手が疲れてきます

天竜川沿いは下り基調だけれど、フェーン現象による天竜川を登ってくる南風に立ち向かいながら走りに走って、大輪の橋の袂で暫しの休憩


秋葉ダムに向かう道路脇の吊り橋…

この景色はには疲れも吹き飛びます

秋葉ダムの最後のチェックポイント


なんとか無事に全員戻れてこれにて全行程は終了(写真はイチヤさんからの頂きもの)



参加者の後ろでコーラを飲んでいる姿から、摂取カロリーの多さを暫し反省…

後から聞けば、山住神社から間違って明神峡方面に降りてしまった方もいたけれど、ゴールには無事到着
明神峡コースは勝坂神楽の里も回れるから、これはこれで良いコース… とは言え一人だと不安だったろうなぁ…


秋葉山に登るサイクリング故、参加者も健脚揃い…
事故もなく最高のサイクリング日和を満喫です  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕨宿から暫しの冒険

2017-05-07 17:39:33 | サイクリング
5月連休の思い出の一コマ…
カミサンの実家に長居する故、小径車のIDEOMをたたんでFITでGO!!!!!!!
手軽な小径車と言うことで、カミサンの実家からの朝ポタは戸田の漕艇場や赤羽の徘徊…

で、、、予てから思っていた事は、お洒落に都内を自転車散策
と言うことで、蕨宿から17号線を使って都内に向けてペダルを進めます


巣鴨の、とげ抜き地蔵さんで一休み

爺さん婆さんの原宿とは良く言ったもので、まさに爺さん婆さんのパラダイス


自転車を押しながら爺婆の人混みに紛れていると、食堂の婆さんの「おいしいマグロ漬け丼があるよ~」の声に誘われて巣鴨で婆さんに囲まれながら楽しい会話に花が咲く昼食に舌鼓

食堂の隅では、猫が丸くなっている微笑ましい光景


17号線をひた走って本郷へ…
本郷と言えば東大の赤門

お上りさん気分で、思わず記念撮影

次に到着したのは神田明神



来週に控えるお祭りに向けて、境内にはお祭りムードが多々酔います





神田明神と言えばすぐ隣は秋葉原

一度、この街を自転車で徘徊してみたかったんだよなぁ…

神保町の街角の銅像も、素敵な雰囲気を醸し出しています

題名は「華ごろも」とても素敵です

東京駅に到着

思えば遠くへ来たもんだ…

東京駅の後は、銀座…


衣装は、スリムのブルージーンズに白いポロの上にはグレーのサマーセーター…
足元はビンディングシューズではなく、オーセンティックな黒い革のスニーカー…自分的には、小径車に乗った地元民風のイタリアン?な出で立ち…
コレ、銀座界隈在住者と間違われれば、フェラーリより自転車の方が凄いのではないかと、勝手に妄想に浸るオヤジです

築地を抜けて

勝鬨橋

晴海から豊洲を見れば、懐かしい旧IHI東京第1工場跡

そんな、産業遺跡に立ち寄れば、郷愁の感を覚えます



豊洲からの帰りしな、橋の上からヒミコを捉えます



帰りは皇居1周コースへ

ここで、お上りさんはミスコース…
携帯の地図アプリを信じて走ったつもりが道に迷ってさあ大変…
明治大学の方に行ったり、都内をぐるぐる回って、なんとか、17号に出ることが出来たのは16時近く…

終わりは、蕨で行きつけになった手作り煎餅の萬寿屋さんで宇治金時で涼をとって自分へのご褒美


蕨から都内もペダルを進めれば、楽しい発見が盛り沢山
素敵な出会いを満喫した、5月の冒険でした 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天竜スーパー林道へGO!!!!!!

2017-04-23 23:12:13 | サイクリング
今日は、5月21日に行われるSCAグラベルサイクリングの試走会
とは言え、金曜日に2時半まで深酒して前日の20日まで二日酔いで、シシオノパ~だった体に負荷をかけるのが心配な晴天の朝は、5時に起床…
集合地点の船明ダム運動公園までFITにSIX-13を積み込み、新調した桜ジャージに着替えて出発進行
気分は遠山の金さんかな

今日のコース;
船明ダム運動公園⇒漕艇場⇒雲名橋⇒秋葉山⇒スーパー林道展望台(天竜の森)⇒山住神社⇒水窪⇒大輪⇒秋葉ダム⇒雲名橋⇒花桃の里⇒船明ダム運動公園

こう書くと簡単だけれど、このコースは7km10%の秋葉山の登りから始まる強烈な山岳サイクリングです…
走行したデータは以下の通り

走行距離:100㎞
平均速度:17.5km/h
獲得標高:1745m

出発地点の船明ダム運動公園、満開の八重桜に見送られてスタート

今日は試走を兼ねているからコース状況を見ながら立哨ポイントも探りながらのサイクリングです

先ずは秋葉山の登り口で…

7km10%の始まり… 10%は平均だから途中は後ろから引っ張られるような13%の部分も多々あります…

青息吐息で到着した秋葉山

休みなしに登る大変さの後の達成感… 此れもまた楽しからずやかな

桜吹雪を身に纏えば、気分も爽快… とは言え、見方によっては危ない人かも…

天竜スーパー林道に入ると、角の尖った落石が散らばる部分もあったり、グレーチングにタイヤが嵌りそうな部分もあったり…

当日まで修正のチェックポイントを炙り出しながらペダルを進めます


やっと到着した天竜の森


ここで、サポートカーに積み込んでおいた昼食を頬張り、ハンガーノックからの解放

天竜の森から少し下ったら、またまた一気に登りが始まります…
とは言え、途中から見える景色もまた絶景… と言うか、なんでこんな山奥に来てしまったのかと不安になる景色です


山住神社に到着

山住神社から30分くらいかけての大ダウンヒルの途中にある布滝…

ここは、絶景です

水窪に降りて大輪で一休み

ここのトイレで見つけた面白い表示

沢の水は飲んじゃダメ、水道水は呑んでネ

天竜川沿いを一路秋葉ダムへ
途中には懐かしい人面岩…


やっと到着した秋葉ダム


花桃の里に到着して、夢の懸け橋を渡れば、ゴールの船明ダム運動公園は目と鼻の先


100㎞走って、今日のサイクリングは無事終了
不摂生の塊なのに良く走れたと、自分で自分を褒めてあげます
とは言え、今日の試走会でも爺さん達は元気いっぱい、秋葉山の登りでジャージを脱ぎ捨て、網網のインナーで僕を抜き去ったW爺は、ジジイガガ…
まさにパーフェクトイリュージョンを見てしまいました

帰路に見る八重桜の並木道も4月の終わりを告げる景色
あらたまの湯で疲れを流して家路に向かいます

あ~ 楽しかったねぇ







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も「ぐる浜」を満喫

2017-03-26 23:01:45 | サイクリング
今日も、浜名湖サイクル・ツーリング2017(通称「ぐる浜」)にスタッフ参加

朝6時にガーデンパーク集合だと思って焦って到着したら、集合時間は6時半…
寝ぼけた頭で用意すれば、靴を間違えてSPD-SLを持って行きそうになったりしてボケボケの朝

天気も雨が降り出しそう(と言うか、少しポタポタ来ているような…)だけれど、風が吹いていないから良しとして、気分を切り替えます
今日のコース:
浜名湖ガーデンパーク⇒舘山寺自転車ターミナル⇒レインボー浜名湖⇒東急リゾート(昼食)⇒松見が浦広場⇒海湖館⇒浜名湖ガーデンパーク
今日の走行データ:

走行距離:81㎞
平均速度:19.7㎞/h
獲得標高:215m
ゆったりと景色を楽しみながら走るサイクリングでした

朝に時間を戻して、出発風景

雨でDNSとなった参加者も多数居たと思うけれど、結構な人数が参加するサイクリングです


第1チェックポイントの舘山寺自転車ターミナルでは、浜松餃子が振舞われます


腹が減っている体には嬉しい一品です

ここから、都田川沿いの道で第1回目のパンク救助
溝にはまって両輪がパンクとの事で、カーボンクリンチャーのリムも擦り傷が付いて大変

続いて訪れたレインボー浜名湖では、お約束の「みそまん」


レインボーの出口でもパンクサポート…彼は釣り針が刺さっていたようで、これも大変
しばらく走って、寸座でもパンク車サポート…

東急リゾートのテニスコース横で昼食のお弁当
出発するとすぐにパンク車発見で、是も対応…
しばらく走った三ケ日の海岸線でも、またまたパンク車サポート

小奈から登りのオレンジロード、参加者の方々には唯一の登り…
登り終えて、下りの終盤で、またまたパンク車サポート

ここまでパンクのサポートをすると、パンクした方々との楽しい会話に話が弾んで、是も楽しい一時…

そんなこんなで、松見が浦広場に到着

ココでのおもてなしは、豊橋名物、ウズラの卵の燻製
美味しく頂いて、チェックポイントを出て、しばらく走ると、またまたパンク車サポート
修理を手伝う仲間の方々との、楽しい会話に花が咲きます
とは言え、こちらもこの頃には、ビートを持ち上げる気力体力が出ません…

で、、そんな楽しい出会いを行いながら、最終チェックポイントの海湖館に到着


バイクラックのSIX-13が光ってるねえ

やっと、役目を終えて無事ゴール… 振り返れば参加者達が次々とゴールしてきます

着替えて、こちらも仲間と記念撮影

あ~ 楽しかったねぇ

今回は、毎回運営が進化するように、立哨と表示板が多数で情報は伝えやすくなった感じです
とは言え、今回はパンクした衆が多かったなぁ…
リム打ちが4件に釣り針刺さり…
この手の大会の時は、リム打ちが怖いから、8BARは入れるのが自分…この辺りは操安との関係もあるから一概にお勧めは出来ないけれど、まあ低い空気圧は辛いかなぁ…

そんなパンク修理の思い出も楽しいひと時…
到着後に大会本部が振舞ってくれる、温かいおしるこが五臓六腑に染み渡ります

浜名湖を巡るサイクリングも、実は多種多様…
今回のような大規模な大会では訪れられないけれど、少人数なら、渡船の宿場町だった新居や舞阪をゆっくり訪れれば、舞阪の脇本陣や由美かおるさんがロケで使ったお風呂がある新居の紀伊国屋旅館や、芸者さんの置屋さんだった小松楼などなど、驚きの発見がいっぱいの浜名湖
是もまた楽しからずやだね 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小春日和は浜名湖へ

2017-03-19 21:10:34 | 日常
桜のシーズンに合わせて設えた春物ジャージ

朝から長袖の上に羽織る形で、SIX-13に跨り出発するも、50mも走らない内に、寒さで引き返して冬物ジャージに着替えて改めて出発
河津桜も咲いているから大丈夫だと思ったのが、大きな間違い…
桜ジャージを窓枠に掛ければ、花見気分だけれどネ


と言うことで、8時に家を出発し佐鳴湖をぐるっと回り、大久保へ
開店前の「ここち」さんの駐車場で竹林の規模に圧倒されながらの、心落ち着くひと時

古人見から橋を渡ればSISTER ANN

彼女に挨拶をすればペダルも軽い北西風が吹きます

庄内湖を回ってガーデンパーク…
ガーデンパークでは子供の自転車教室…親子連れで賑わっています

ガーデンパークの一コマ

春の訪れを告げる花々が咲いています



とは言え、モネガーデンは水連の季節も終わり、暫し閑散とした佇まい

竹の青さが一際映えます

梅に注ぐ春の日差し

早咲きの桜も未だ芽が固いかな


弁天島を回れば、ライダーズカフェ…

今度、自転車で行ってみよう
大鳥居を見れば、浜名湖を満喫

疲れた体へは、弁天島の洋菓子屋チョコットさんに立ち寄ってソフトクリーム


お~ この甘さが堪らないねえ

続いて訪れたのは舞阪の脇本陣


昔の旅籠は記念館として残っています
殿様の御部屋は持参した2畳の畳でかさ上げ状態…縁の下から忍者に刺されないようにする用心らしいけれど…

中庭の「なんてん」が日差しに浮かび上がります

橋が無かった当時は、舞阪と対岸の新居は宿場町として凄く栄えていたんだなぁ…

旧東海道の松並木を辿っての帰路は、西風に押されてあっという間に家に到着


家に戻る頃は11時過ぎ…
と言うことで、出来たばかりのロシア料理「マトリューシカ」さんへGO!!!!!
ロシアの方がやっている本格ロシア料理が家の近くに… ロシアには出張でよく行ったけれど、中々良いお味でした



頂いたパンフレット

これからも行こうかな

快晴の小春日和は家に居てはもったいない… と言うことで、孫も帰った3時過ぎから、S2に乗り換えて再び浜名湖へ…
南は朝走ったから、北側のワインディングは… オレンジロードからの浜名湖

瀬戸のドライブインで自転車博物館を眺めて一休み…

礫島も今日は、ぼんやり見えます


夕暮れ時に、お買い物のお手伝いで街に出れば、なにやらデパートで全国うまいもの市なるものが開催中
と言うことで、ひとり催物会場に行って、夕飯前の間食に元祖煮干しラーメンなるものを頂きます

これも完食…

こうやって振り返ると、走れば食べるの繰り返し…
暫し反省せねば…
まあ、是もまた楽しからずやかな 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春一番は里山サイクリングへGO!!!!!

2017-03-12 18:52:29 | サイクリング
今日は、川売の梅園に向かって里山梅サイクリング
イチヤさん前からいくつかのグループに分かれて出発したのは40名近く…
春の訪れを告げるイベントです

本日のコース:
イチヤサイクル出発⇒満光寺先コンビニ⇒鳳来寺山門前通過⇒川売梅園⇒奥山線跡道路を辿り⇒鳳来寺山門前通過⇒長篠河津桜⇒満光寺先コンビニ⇒奥山⇒イチヤサイクル

走行データ:

走行距離:110km
平均速度:21km/h
獲得標高:1010m
冬眠から目覚めたばかりの体には堪えるプチ山登りサイクリングです…

7時30分にイチヤさん前を出発… ホントは8時出発組だったけれど、先週の「焼津へ魚食べに行くサイクリング」で体が訛っていることを痛感したので30分前の組みに便乗
川売の梅園までの登りで体の重みを痛感します…

梅園ではそんな疲れも吹っ飛ぶ綺麗な景色がお出迎え


少し早めに到着したので、先ずは腹ごしらえ

この後、五平餅も1本完食
ついでに、「へぼごはん」も美味しくいただきました…

これ、蜂入りの桜ご飯(桜ご飯=浜松で一般的な醤油を入れて炊いた炊き込みご飯)
初めて食べたけれど、乾燥した蜂のカリカリ感のある歯ごたえは癖になりそう…とても美味しかったです
「へぼ」って蜂の事だったんだ…

未だ、7分咲きの感があるけれど、桃源郷の風景がそこにあります





大岩に登って撮影中に下を眺めると、なにやら五平餅の撮影を楽しむ御三方…


川売の梅園を後に長篠の河津桜へ…
トンネルの先は花景色


続々と皆も集まって、河津桜を堪能します♪



ここから、はぢめさんの言葉に誘われて満光寺近くのコンビニの角を曲がって、奥山へペダルを進めれば… 大変な登りが待っています…
やっと登り終えた峠の頂上付近で、みんなの到着を待って暫し一休み

爺さんが良い顔をして登場… ホント鉄人です

走行データを読み直すと、一番の登りは梅園までの道程には存在せず、奥山に寄り道した時に発生していたことが分かります…
まあ、なんだねぇ…

2時半にはイチヤさんに到着してマッタリと一休み ふぅ~



楽しい楽しいサイクリングも無事終了
これで体も冬眠から目覚めたかな 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼津へ、さかな食べに行くサイクリング (^^♪

2017-03-05 22:56:45 | サイクリング
今日は、はぢめさん企画の「小川漁港へさかな食べに行くサイクリング」
朝6時に浜松を出発して、焼津まで足を延ばします… 出張帰りの体にはチョット堪えるけどねぇ…
今日の道程はこんな感じ


薄暗い浜松を出発して天竜川で眩しい朝日に出会い、旧見附小学校跡で一休み


ここから東海道を東に走り、日坂峠で青息吐息…金谷、島田と抜けて、焼津に到着…
で、、食堂に急ぐ前に、和菓子屋吉野さんで食後のデザートに名物鬼饅頭を調達

甘い物に集るように皆の衆が集まっています

デザートを調達すればメインディッシュへ一目散
小川魚河岸食堂に到着

ここは、魚河岸で働く人の為の食堂だから、朝から営業しています
10時に到着すれば、混まずに入れるけれど、11時過ぎからは一般客の大行列
大漁旗も勇ましい店内

僕は、本日限定数の決まっている、マグロ3色丼を選択…
コレ、赤身から大トロまで1500円で堪能できる素晴らしい丼です

他の方が頼んだマグロ頬肉丼… これも良いねえ

港から空を眺めれば、富士山にカモメが跳ねます

ここで、デザートの鬼饅頭を頬張れば至福の時間

焼津と言えば磯自慢… と言うことで、次は酒のいとうさんへGO!!!!!!

ここも日本酒好きには堪らない空間



限定品の酒粕を購入し、だーはら君のバックに収めます… 申し訳ないねぇ…

ここから折り返して浜松へ
島田の清水屋さんで名物の黒大奴を、はぢめさんが振舞ってくれて感謝感激… 2つも食べてしまったYO



続いて、昔の島田街道を巡れば、素敵な空間が顔を出します


100円で呑んだ暖かい甘酒は冷えた体に渾身一滴 最高に美味かったぁ~

帰りも金谷駅から峠を登って、お茶の里へ

金谷駅ではトーマスと仲間がお出迎え

峠を登り終えた、お茶の里周辺ではお茶畑を満喫です


最後は東名小笠PAに立ち寄りソフトクリームを堪能

冷えた体にますますの喝入れだったけれど、この甘みが堪らない…

袋井のあたりで、サイクルコンピュータが電池切れ、ついでにDi2も電池切れでフロントがインナーから微動だにせず…
最後はライトの明かりも消えそうになって、電気トラブルが重複のおまけ付き…

久しぶりの100㎞超えサイクリングに体はボロボロ
冬の間の不摂生を反省しつつ、今年の糸魚川サバイバルツアーに一抹の不安…

今日のお土産は、磯自慢と初亀の大吟醸の酒粕

甘酒が楽しみだねえ…

今日も良く、走って食べて、最高の1日を満喫
消費カロリーを上回る、摂取カロリー…

是もまた楽しからずやかな… 







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜ボートショーへGO!!!!!!

2017-03-04 21:26:21 | 日常
年に1度のマリンの集いは横浜ボートショー
快晴の金曜日に早朝の富士山を横目に横浜へGO!!!!!


年に1度のボートショーは旧知の友人との再会の場でもあり、マリン好きな方々との会話も弾む最高の時間
今年の金曜日は、会場が20時までOPENされているので、遅い時間まで賑わいが続きます…
どういう訳か、特設ステージではファッションショー… 水着のファッションショーかと期待すれば、街着のファッションショーでした


宿に戻れば21時… 中華街を物色するも、結構お店が締め始めていて、肉まんと御酒を買って、宿で一人晩酌も乙なもの…


色んな話が聞けた充実の金曜日の疲れも残る今日は、横浜ベイサイドマリーナの屋外会場へGO!!!!!


大好きなRivaは、イタリーのエキゾチックなボート


このマホガニーが堪らない…
フローティング展示には海そのものを感じる、ボートの美しさが映えます…


パシフィコ横浜に戻って展示を眺めれば、NSXからMclaren…


車に目が行くのは懲りないオヤジの性だねぇ…

JETに跨る美女を眺めながらKAWASAKIブースへ…

立ち乗りの4stJet Skiはロングノーズになってビックリ


立ち乗りの歴史には、マニアックなワクワク感があります


会場には、全く場違いな電気健康治療器のブースもあって、目が点になる一瞬も…


とは言え、JETの展示からボートの展示はいつも夢を運んでくれます


CONCEPT33…仲間が集えば新しい何かが生まれる… マリンの世界が飛躍してくれると良いねぇ…

昨年亡くなられた、堀内さんの追悼ブース…素敵な思い出がいっぱい詰まっています


帰路は、中華街に足を延ばし、年に1度の海員閣でシュウマイと牛バラそばに一人舌鼓…


満腹で帰る家路…
これもまた楽しからずやだね 



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

30mmF1.4の思い出…

2017-02-13 19:37:00 | 日常
30mmF1.4を調達
ここ何日かCANON M3にマウントアダプターを介し50mmF1.8を取付けて、撮影サイクリングを楽しんだけれど、やはりAPS-Cだと図画が1.5倍の75mmの望遠になるのが辛い所......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに浜名湖1周

2017-02-12 20:35:48 | サイクリング
年明けから不摂生の毎日…
挙句の果てには、インフルエンザ 
1週間寝込んで、体はヨレヨレ…

と言うことで、運動不足の毎日に喝入れすべく、朝7時から浜名湖1周にGO!!!!!!!
とは言え、昨日は雪も舞ったし、本当に寒い冬の朝
家を出て、10分で体のキレの無さに愕然として、ポタージュスープの中でもがくようなペダリング

やっと到着した細江町にある直虎大河ドラマ館

細江の関所で一休み

イチヤさんの朝練コースだったけれど、今日はぐる浜コースも入れた勝手サイクリングと言うことに…



西風はきついけれど、朝の浜名湖は最高だ


カモメの餌付けをしようと、佐久米駅立ち寄ると、突然のお知らせが…

ホームにはカモメが一匹もいません

茨木で鳥インフルエンザのユリカモメが見つかったからとの事だけれど、寂しいねえ…

気を取り直して、三ケ日を一人サイクリング

寒々とした風景かな

とは言え、南国のような景色にも出会えて、浜名湖は素敵な場所です

いつものドライブインと礫島

実は昨日もS2をオープンにして来たんだけれどね…
ベルマリンを過ぎて松見が浦を一望


みんなのCafeでモーニング

看板犬の「こころ」ちゃん… 心が癒される良い子です

出発前に、アップルパイを食べてきたけれど、ホットミルクとトーストは寒い体を心から温めてくれます


ヤマハマリーナ浜名湖へ

冬は教習艇しか出て無いなぁ
新居に回って、紀伊国屋旅館前

由美かおるさんが入った風呂もあるんだよね
小松楼の前で一息

新居の関所




弁天島を抜ければ西風が一気に強く感じます

舞阪に入って、汐小僧さんの前で休憩

空を見上げる可愛い笑顔


西風に押されて一気に自宅近くのお好み屋さんへ…

寒い体を鉄板で温めます

7時に出発して家に帰れば12時…
途中の寄り道に、食道楽サイクリング…
60㎞走っても、これじゃあ痩せないねぇ…

おまけ…
昨日バーテープを交換したMBK

ツールドフランスの黄色いボトルが御似合かな
ついでに、FITに2台乗せしてみると、こんな感じ…

FITも9年たったけれど、やっぱり自転車を持ち運ぶには前の型の使い勝手は超優秀
年式相応に部品交換が多くなったけれど、まだ暫く使っていきたいねえ
夕暮れ時は、SIX-13からMBKに乗り換えてGSバーガーへ


クラッシックな自転車が2台ハンガーに掛かる姿も乙な、日曜日の夕暮れです 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒波と一緒に名古屋へGO!!!!!

2017-01-16 21:14:59 | 日常
15日は予てから計画していた酒飲み仲間8人での名古屋遠征
といは言え、前日から寒波が到来していて、列車ダイヤが乱れに乱れた日曜日の朝…

と言うことで、名古屋までローカル線で行く予定を急遽新幹線に変更して時間を確保
こだま号から名古屋駅で東海道線に乗り込んで、枇杷島へGO!!!!!

雪だらけの線路だねぇ…
枇杷島駅前で見つけたミッキーらしい雪だるま


キリンビール工場に到着して大はしゃぎ…

工場見学と試飲で盛り上がった後は、併設のレストランでまたまた呑み会

ローストビーフ丼

このハンバーガーは美味かった~

ビールにワインも楽しんで御機嫌なひと時


御機嫌なまま、枇杷島駅まで行けば、な、なんと上りの東海道線がいつ来るか分からない状況…
で、、急遽近場の名鉄線の駅まで歩くことに…
これ、満腹で酔いも回っていなかったら歩けなかったねぇ…

なんとか名古屋駅に戻って、ここから地下鉄で栄にGO!!!!

栄界隈を漫ろ歩けば、お洒落な雪だるまを発見


「世界の山ちゃん」女子大店に寄って手羽先を堪能


あ~美味かったねぇ

6時に予約しておいた最終目的地のモンゴル居酒屋シンキロー

巨大なゲルに入って…

牛乳酒やモンゴル料理を満喫すれば伝統衣装に着替えて楽しい一時

モンゴル相撲の衣装だよ

8人の精鋭が揃うと、ここが外国のように見える写真が1枚


名古屋駅で帰りの列車を見ると夜になっても大幅なダイヤの遅れ
ちょうど来たこだま号に乗り込んで、爆睡すれば、あっという間の浜松駅…
もう、、記憶が飛んでます…トホホ

楽しい時間を満喫だねぇ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加