毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「稲田防衛相、自衛隊を自分の私物みたいに」No.1988

2017-06-28 11:05:47 | 日本事情

毎日何かしでかすハチャメチャな自民党とアベ内閣閣僚メンバーですが、

昨日は、稲田朋美防衛相が都議選の自民党候補の集会に出席し、

「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても

お願いしたい

と支援を訴えたということです。

自衛隊を自分の持ち物と思っているから、

そういう事がスラスラと口から出てきます。

しかし、稲田さん、自衛隊はアンタのものじゃない、

国民全体に奉仕する公務員なんですよ。言っとくけど。

新聞・テレビにも取り上げられたんですね。

そもそも弁護士のくせに、憲法も、公職選挙法も、自衛隊法も、

何も知らないんですね。

そんなんでよく弁護士になれましたね。

何か特別の手段でも使ったんですかね。

自衛隊幹部の声。

 

稲田防衛相は

「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」

 という自分の発言について

「誤解を招きかねない発言だった」

と、意味不明な言語を吐いていました。

イヤ、稲田さん、

国民はあなたの発言を誤解していません。

はっきりと理解したんですよ。

国会議員の器じゃない人物が議員になり、

しかも、防衛大臣なんてさらに器じゃないのになっちゃって、

厚かましくも自衛隊員を自分の子分かロボットかのように考え、

振舞っているということを。

アベ内閣の閣僚はこういうヒトたちで満ち満ちています。

こんな内閣が日本を背負って立てるわけないのに、

メチャクチャやって国民を踏みつけ、世界の評判を下落させているのです。

ところで、

誰が、こういう政府を現出させたのでしょう。

深く考えない日本国民たちです。

いくら日々の生活に追われて忙しくても、

政治のことを考えるのは国民の責任です。

一人ひとりがしっかりしましょう、日本人。

 

『事件』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中国で素麺」No.1987 | トップ | 「自民党と都民ファースト、... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ど~か~ん (こきおばさん)
2017-06-29 06:38:46
読ませていただいていて、「そ~だ、そ~だ」と思わず口にしていました。早速ツイートさせていただきました。
スマホを手から離せない若者たち、お願いだからそのスマホで1日1回で良いから、政治がどうなっているか見てください!と言いたい!!
いま日本の民主主義は死にかけているんですよ。こんな政権で良いのですか。と大声を上げたい気持ちです。
私の体験 (こきおばさん)
2017-06-29 07:11:27
下記の所に書いてあります。お時間がありましたらお読みください。

http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51841005.html#comments

http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51444635.html#comments

http://blog.livedoor.jp/leltugo123-yuki1234/archives/51425004.html#comments
戦争がなかったら…… (ブルーはーと)
2017-06-30 10:25:34
こきおばさんさま、
満州生活、敗戦と引揚、お父様のこと、頭にありありと様子を浮かべながら拝読いたしました。よくぞ書いてくださいました。感謝します。
どんな過酷な条件下にあっても家族や仲間とともに生きるために奮闘された、聡明で勇気あるお父様は、こきおばさん一家の誇りであると同時に、日本庶民の誇りです。戦争がなければ…と想いますが、今は、あのどうしようもなく情けなく愚かな戦争を再び繰り返しかねない勢力が跋扈している事態に全力で立ち向かわなければなりませんね。
名もなき庶民たちの頑張りが正当に認められ、一人ひとりが輝くことのできる国と政治を望んで、できることをしていくしかない、と自分に言い聞かせています。
こきおばさんの引揚記、機会を見て、拙ブログに転載させていただきたいのですが、構わないでしょうか。
お役にたてるのなら (こきおばさん)
2017-07-01 06:54:44
あんな文でよろしければいつでもお使いください。
お分かりいただける方が、一人でもいらしてくださることにお礼を申し上げます。

再びあの戦争に巻き込まれかねない今、孫を守るためにも、どうかこの声を挙げ続けてください。
毎日感動しながら拝見しております。
こきおばさん様 (ブルーはーと)
2017-07-01 11:43:45
ご承認ありがとうございます。
懸命に生きた先輩の足跡(歴史)をたどり、心に保管すること(学ぶこと)が、庶民一人ひとりにとって何よりも大切だと、こんな危機的状況にならなければ気がつかなかった自分です。でも、気づいた限りは、精一杯学び、自分の周りに伝えていこうと思っております。未来のある子ども達、何も知らずに生まれてきた孫たちのためにも。

コメントを投稿

日本事情」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL