毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「9・18中国の国恥日」No.1461

2015-09-19 00:14:36 | 中国事情

インターネットに繋がりにくい状態が昨日から続いています。

今日は数分繋がったかと思えばすぐに切れるということの繰り返し。

この文はワードに打って、一瞬ネットにつながったときに、

急いでブログに貼り付けるつもりです。

「19日未明に採決予定」という文字をyahooニュースで見て、

国会は議論の中身ではなく、数だけで押し通すセレモニーに堕していると

再々度確認しました。こういう時は、

「ちくしょー!!」としか言いようがないです。

 

今日、こちらでは国辱の日(国恥日)です。

1931年9月18日、日本軍が中国東北侵略を開始し、

翌年「満州国」をでっち上げたそのきっかけの日です。

10時過ぎ、サイレンが鳴り始めたのは3年生の日本語作文の時間でした。

日本が中国をはじめアジア諸国を侵略した歴史を持つことは、

日本人の自分の恥であり、痛みであること、

戦後、日本は侵略の歴史を反省し、

70年間、平和憲法を中心に、戦争しない国として努力してきたこと、

しかし、今の日本は政府と国民の多くの意見が真っ向から分かれ、

多くの国民は強く平和を望んでいること、などを話しました。

学生たちは、(わかっていればそれでいいですよ)

みたいに見える微笑みを浮かべて、

肯いたりして聞いてくれました。

こういう日なのに、4年生たちが

「先生、晩御飯を一緒に食べましょう」と誘ってくれたり、

日本語学科の主任も夕食会を企画したりしてくれました。

つまり、ここ菏澤学院においては、

「国辱の日」は日本人排斥につながらない、

過去の歴史として冷静に受け止められていると感じました。

 

⇓キャンパス内の大学職員宿舎が立ち並ぶ一角。

私のアパートもここにあります。

 

⇓右側のパイプは冬の暖房用だそうです。これは嬉しい。

 

⇓小型三輪車。バイクとリヤカーが合体したような作りです。

 

⇓なんか、昔風の写真。キャンパス内のお店です。

野菜、果物、卵、牛乳など一通り揃っており、

値段も吹っかけられる心配がないので安心です。

 

⇓古い運動場を横切って行く老夫婦。

このキャンパスにも老若男女が普通の街のように暮らしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「昨日、国会内も凄かったん... | トップ | 「さあ、また続けよう」No.1462 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんとき)
2015-09-19 02:44:20
1931年 9月18日は 日本が大きな顔で侵略を正当化した日 それは 日本にとっても「恥の日」です。そして 今日 法案が可決されました。 やはり 日本の国恥日です。 恥ずかしいです 憤ってます 悲しいです 
恥ずかしい日がまた一つ…(-.-;) (空)
2015-09-19 14:48:24
9月18日はそう言う日だったのですか!期せずして同じ日に数を頼んでの野蛮な採決の日となったのですねぇ…日本の恥です!しかも世界から憎まれているアメリカに尻尾を振るためが何故?平和の為なのでしょうか?詭弁は大概にして欲しいです
すみません (通り雨)
2015-09-19 16:59:07
通りがかりのものです。9月18日は私の誕生日です。
なんか、ごめんなさい。
こちらこそ、ごめんなさい〓 (空)
2015-09-19 17:52:20
すみません、知らぬこととは言いながら、失礼しましたm(_ _)m
改めて遅ればせながらお誕生日おめでとうございますo(^-^)o
9月18日を新しい旅立ちの日に民主主義が新しく生まれ成長した記念日と言えるように頑張りましょう(^o^)/
いろいろな一日 (ブルーはーと)
2015-09-19 21:12:34
地球は広いですね。
一日のうちにあちこちで生まれたり、恋をしたり、血を吐く思いをしたり・・・・・・。
さあ、次に向けてまたがんばろーねー!!!
「勝つまで負けない、なぜなら絶対諦めないから。」
辺野古の合言葉を私たちの合言葉にして。
いのち (きんとき)
2015-09-20 09:56:32
通り雨さん 18日はお誕生日だったのですね~~おめでとうございます!!  世の中に「いのち」ほど大切なものはありませんね  今頂いている「いのち」に感謝 こうして「いのち」が紡がれてきた過去を想い つながる未来を想い。自分の国も よその国も 同じ「いのち」の集合体。 大切に守り 育んでいきましょうね^^

コメントを投稿

中国事情」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL