毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

もうこうなったらありとあらゆる手で」No.1458

2015-09-15 22:59:22 | 反戦平和

17日に参議院で安保法案を強行採決すると自民・公明党は決めました。

時間が経てばたつほど、「国民の理解」=安保法案賛成が増えるかというと、

その逆で、今は7割弱の世論は今国会での採決に反対しています。

増えているのは、安保法案反対の声です。

アベもそれを認め、「法案が通ったら、国民への理解を深める」とか、

このヒトの言っていることは意味が分かりません。

意味がない、ただのうわ言です。


過去、国会で野党が法案成立に抵抗した例があります。

こうして見ると、過去の国会議員も一生懸命頑張っていたんだなあ、と思います。

今回、野党の議員は戦後最大規模で、できることの全てをやってほしい。

国民の代表として、身体を張って抵抗の限りを尽くす義務があります。

憲法違反で、国民無視の、失礼の上に失礼を重ねてきた

安倍政権に、最後まで負けないでほしい。

国会の外では、100万以上の民が全国津々浦々で反対しているのですから。

 

フィリバスターとは長時間の演説を続け、議事の進行に抵抗すること。

(Everyone says I love youさんのブログより

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「9・11金曜日の菏澤学院... | トップ | 「身を挺して頑張る日本の人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

反戦平和」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「戦争法案・反対」と「日米安保・賛成」は両立し得ない (オコジョのブログ)
 今回の戦争法案に、私は勿論大反対だ。  特別委員会での質疑を聞くと、しかし、法案に反対する議員たちの多くとは、かなり大きな距離を感じる。  民主党の現代表などを筆頭に、日米安保は大賛成だがこの法案には反対だという人が多すぎる。日米地位協定
安全保障を真剣に考えない政治 (オコジョのブログ)
 ずっと劣等生だった奴にとっては、前から言ってみたかった科白なのかもしれません。  「考え抜いた」結果があの法案なんだそうです。  一夜漬でつくったものならまだしも、考えに考え抜いた結果が、あんな風に穴ぼこだらけだとしたら、本人も周囲も、よ