毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「大阪のきもの講師団、全力で頑張る」No.1944

2017-05-14 00:11:20 | 中日(日中)交流

昨日に引き続き、大阪寝屋川の桶蝶着物教室講師団は

今日13日午前中、菏澤学院で着物の着付けを学生たちに伝授してくれました。

浴衣の着付けです。

下はモデルになった3年生が照れて苦笑いしながら歩いているとき、

みんなから「カワイイー!」の声が上がった瞬間です。


今日は、飛び入りで日本に留学している大学院生と彼女のお母さんにも

和服を体験させてあげた桶蝶講師団。

親子で手をつないで花道を歩く姿に、

私は見ていて、なぜか胸がジーンとしました。

最後は、2,3人の組を作り、お互いに浴衣を着せ合います。

今日は英語学科の学生が20名招待され、

日本語学科の学生が着せてあげる場面が目立ちました。

一刻も早く着たくてうずうずしていた学生たちは、ワーワー言って

講師のいう事も耳に入らない状態でしたが、

何とか、みんな着ることができたと思います。

 

ふう、やれやれ。講師団にとっては全力疾走の一日半でした。

全てのプログラムを終え、

招待所に戻る4人の講師と荷物を運ぶボランティア=スタッフたち。

 

☟なんと爽やかな表情でしょう。

はるばる大阪からやって来て、

菏澤学院に旋風を巻き起こした仕事人たち。

本当にありがとうございました!!

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本の着付け・お茶・和小... | トップ | 「ちょっと黄河へ」No.1945 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL