毎日がちょっとぼうけん

大阪→中国江西省南昌→大阪→中国山東省菏澤と国をまたいで移動する身にしてみれば国際平和は何より大事。

「国が人民を治めるためには人徳が必要である(孔子)」No.1975

2017-06-17 09:52:31 | 歴史

山東省(魯の国)は多くの優れた思想家や政治家を輩出したところですが、

その中でも孔子の名を知らない人はいません。

日本がまだ縄文か弥生時代だった頃中国で既に、

人性は、そして国政はどうあるべきかを説いて歩いた政治家であり、

思想家、教育者です。

その孔子に由来する故事の中に

まさに今の日本の状況を喝破したものを見つけました。

(小中学生用ですけど(;^_^A))

【故事成語】

    苛政(かせい)は  虎(とら)よりも 猛(たけ)し

 

【意 味】
悪い政治(重税や厳しい刑罰をおこなう政治)は人を食う虎よりも恐ろしいということ。だから、悪い政治はしてはならないということ。 

【由 来】
孔子が墓の前で泣いている母親を見かけて、その理由を尋ねると、その母親は父、夫、息子を虎に食い殺されたという。

そこで孔子が、なぜこんな危ない土地から逃げないのかと尋ねると、   「ここでは、苛政(悪い政治:厳しい刑罰や重税)がないからです」と答えたことから、この語ができた。(礼記 らいき)

【備 考】
 孔子(こうし)(紀元前551~紀元前479)
儒教を起こした。
魯の国の大司空(=法務大臣)になり魯の政治改革を行うが、貴族の反対にあい失敗する。やがて、弟子を集め放浪の旅を続けながら教育活動を続けた。
春秋時代の社会の混乱の中で、礼(人間が従うべき慣習のこと)の復活をめざす。国が人民を治めるためには人徳(仁、孝など)が必要であると唱えた。
 


この時代の中国と日本

 



「小中学生のための学習教材の部屋〈知識の泉〉」より
http://www7a.biglobe.ne.jp/~gakusyuu/koziseigo/kasei.htm
 
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宮澤賢治の自己犠牲と百田... | トップ | 「渡辺謙も宮沢りえもこの『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL