LIVE LOVE LIFE

ライブや旅などをご報告

「あ、安部礼二」100 回

2008-02-24 22:16:16 | 携帯より
毎度たのしませてもらっているこの番組が100回になりました。おめでとうございます!
共感出来るのは同世代で同じ悩みを抱えていること。イマツボセレクションで美里さんの♪恋したっていいじゃないが入っている事だ。♪悲しいねは2回流れた。一度は愛用のカバンが修理不可能だと聞かされた瞬間BGMにかかってた。
もう一度はラジオ上でのせつないシーン。
彼が高校時代愛聴していたのは渡辺美里さんの曲だという設定。HP参照の事。
TUBEの♪だって夏じゃないも流れたな。
多分安部礼二世代(36歳前後ぐらいの方)にはたまらない選曲だと思います。
先週は平原綾香さんが出ました。その前は国生さゆりさんとゲストも多彩です。どうなる!?安部礼二。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘキサゴン冬の京都スペシャル

2008-02-20 22:16:39 | 携帯より
サッカーの途中から見ましたが…上地さんが目隠しされて連れて行かれた奈良公園から下鴨茶寮を目指すくだりは爆笑した。
鹿がいっぱいいるのに京都だと思った上地さん。京都の地図指して
「ここはどこですか?」
と、聞かれてもさせない。 しかも京都県って…鹿に目的地の地図の住所を食べられた…分からないまま若草山に登り駅を探すなんて…いや、まずはそこの人にききこみ調査だよ~
お札しかないから参拝者から小銭をもらってさいせん箱に投げるも引っかかって。アラジンの高原さんやエアギターの人からヒントをもらい旅を楽しみ人情にも触れ、近鉄奈良駅から京都に行ったものの切れ~
でも下鴨茶寮に無事に到着し上地さんは号泣。
奈良や下鴨さんは懐かしく見てました。
旅は珍道中が見てて楽しい。自分が実際そうなったら焦るけどね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルフルズ 「KEEP ON MOVE ON」@仙台サンプラザ

2008-02-16 16:51:39 | ライブ・コンサート
ウルフルズの
ライブはそーこーぬけーに楽しい。(ちりとてちんみたいだけど)難しく考えなくても歌詞も音楽もすっと受け入れられるからだ。
♪情熱 A GOGO で幕がポーンとあく。この曲、去年フルキャストで流れていました。選手が練習をしているシーンが映るのだけどそれだけで目頭がジーンと熱くなる。
♪泣けてくる や ♪たしかなこと はみんな聴いたことがあるんじゃないかな?
とにかくトータスが右に左に動いて観客と触れ合っているというのがすごくよくかんじた。
MCがおかしくって
ウルフルケースケさん「楽天の吉田豊彦選手がいるでしょ?まあ、もともとは阪神の選手だったんだけどトータスと友達で。」
トータス松本さん「あー、シーズン前に
『今年も投げるでー。』
って電話で話してた。」
ウルフルケースケさん「でも、引退することになって記者会見をした時に
『体力の限界です。』
と、普通は話すのに
『もっと投げたかった。』
と、話をしていた。個人的にはトヨさんを応援します。」
サンコンJr.「この間キャンペーンでトータスと一緒に仙台にキャンペーンに行きました。普段この組み合わせはありえないのですが、2人で非常に濃い時間を過ごせたのではないかなと思います。」
ジョン・B・チョッパーさん「幕がドーンと開いたら、ミキオ君と俺のほうにドーンと男が!しかも4人もこーんな(結構恰幅がいい)のが!」
トータスさん「基本的にはあんまり客はいじんないのにな。」
しっかりいじられてるし・・・。
それから、彼らに注目したことは言うまでもないでしょう・・・。これ一番おかしかった。
観客と一緒に歌ったり、コール&レスポンスを楽しんだりして充分ココロをキャッチしていたな。毎度楽しみのGパンはお尻が見えるような仕様になっているし。

アンコールではなく
「AAP!」コール。

アンコール後にウルフルズの歴史をミュージカル風にやっていた。ジョン・B・チョッパーさんが抜けて
♪さんにん ぬけて さんにん
とやっていた。
留守電で
「黒田です。また。電話します。」
で、また
♪よにん やっぱり よにん
と、歌っていて
キーボードの人が入って
♪ごにん
とか歌っていた。これも最高だったねー。
最後は♪いい女
最後にトータスさんが袖に引っ込んで
「もう一度トータスに逢いたいかー。」
と、コールして
「トータス!トータス!」
と、連呼していたら
トータスがバックで出てくる。
お約束とは分かっていても、楽しみなんだよね。

トータスさんは
「これで東北シリーズは終わりで今度は関西シリーズ。青森の会場なんて雪が積もっていて線路のオレンジのランプがほんのり見える程度だった。二重窓になっていてあけたら寒くって。お客さんも来てくれるかな?と思った。ライブ始まったら熱くてあつくて。今日はとっても気持ちよくって予定にない曲もやりました。」
と、話していた。
最後に客席にピックやスティックを客席に投げ込んでいた。最前列の人はハイタッチや握手をしていた。
ココロのそこから楽しかったといえるライブだった。

このツアータイトルには裏の意味があるって知りませんでした。
「希望、無謀」
ステージのブラインドが引っくり返ってわかったのですが。深い!
武道館ライブでシングルを演奏するんだそうだ。見たいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZARD What a beautiful memory 2008@イズミティ21

2008-02-16 11:12:39 | ライブ・コンサート
坂井泉水さんは
去年の5/27に他界し、追悼のコンサートとなった。

最初は大阪、武道館と行ったが、全国を回るそうだ。
そのオープニングだった♪揺れる想い TUBEの春畑さんが書いた♪IN MY ARMS TOUNIGHT 以前にTUBEのミーティングで前田さんが歌ったのだが、さらにせつない感じがした。♪この愛に泳ぎ疲れても と流れた。坂井さんの歌う映像とバンドの生演奏という形であった。
このコンサートのナビゲートはDate FMの石垣のり子さん
くしくも、この日はZARDの17回目のデビュー記念日(2/10)だった。
「ZARDの曲は励まされる曲が多く、番組へのリクエストも多かった。」
とのこと。
坂井さんの趣味はフラワーアレンジメントと絵画。外国に行くと美術館めぐりをして、自らも筆を持って油絵を描いていたそうだ。
アーティストにも曲を提供していた。field of viewの♪突然 ♪君があるから のセルフカバー。
ステージには2004年の紅白に出場した時にもつかっていた、レコーディング時に愛用していたマイクと「グランド」と名づけられた音程をとるミニピアノが置かれてあった。「グランド」は「ピアノ」と「グランドマザー」「グランドファーザー」と、かけている。それに関連した曲が♪My Baby Grand~ぬくもりが欲しくて~ だった。
途中からゲストとして登場した作曲を手がけた大野愛果さん、ベーシスト等加えて厚みのある演奏だった。ツインギター、ベース、ドラムだったりしたからかな?
どの曲も聴いたことがある曲なのだけど、個人的に好きな♪Don’t you seeとか♪永遠とか流れたのはうれしかった。
地元にゆかりのある曲ということで紹介があったのは♪見つめていたいね 宮城の高校の先生から「3Gのキーパー」と呼ばれていた生徒がZARDの大フアンであったが、不慮のバイク事故でなくなってしまい、クラス全体が悲しみに沈んでいると手紙をもらった。それで出来た曲。フレーズにも入っています。

♪あの微笑みを忘れないで ベスト盤を作成するにあたってリクエストNO.1の曲だった。オリコンで第二位だった♪グロリアスマインドは英詩の部分はまだ仮歌だった。もし、完成していたらどんな曲になったんだろうか?
最後はやはり♪負けないで

・・・本人がいなかったのにその場にいたような気がしたな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SWEET SOUL BLUE BEAT @仙台電力ホール

2008-02-10 16:12:08 | ライブ・コンサート
11月に
久々に電力ホールに行きましたが、再びやってきた。背広姿のサラリーマンや子供などちらほら。

最初の演出から凝っていた。スイッチが下げられると、客電が消えてムービーが始まりカウントダウンされ元春さんがオルガンの前に座っていた。弾き語りにほれてしまった。♪グットタイムス&バットタイムス、しびれましたよー。懐かしい♪アイム イン ブルーは思い出深い曲で高校の校内放送で流れていた。吉川晃司さんもカバーしていましたね。この二曲でテンション上りました。
「恋をすると一週間が七日じゃ足りなくなってしまう。僕だけかなー?」
と、照れながら話して始まった♪七日じゃ足りない
♪ヤングブラッズなど新旧交えながらの曲構成がすごくよかった。
あまり曲を聴きこんでいかずに行くのですが、知らなくてもぐっと引きこまれる感じがします。
第一部は弾き語りやボーカルメイン、第二部はギターを演奏しながらやっていた。
ワイルドハーツのときかな?
♪土曜の午後 仕事で 車を走らせていた
のくだりで 上手から下手に向かって車が走っていくような口でやっていてちょっとびっくり!元春さんがやるとは思わなかったなー。

書きたいことがあるけど、これからの方もいるだろうからこの辺で止めとこうかな。正直、こんなに興奮したのは久しぶりでしたね。

「これからは子供たちに遺伝子を残して欲しい。いない人は彼氏や彼女にお願いして欲しい。」
と、語っていたな。
言葉じゃなく、音楽で感じたライブだった。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加