わんにゃん時々シネマ

  わが家の愛犬・愛猫のことと
印象深かった映画(DVD)の感想を☆
   別ブログへ移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『チャップリンの独裁者』

2006年08月23日 | 映画(チャップリン)

あの時代にこの映画を作ったチャップリンは本当に勇気のある人だったのでしょうね。
だって、あのヒトラーにけんか売ってたわけだし・・・
それまで
サイレント映画にこだわっていたチャップリン(「モダン・タイムズ」では歌声を披露してましたが)は、最後の演説をしたいがためにオールトーキーに踏み切ったそうですね。

後にチャップリンはこの映画を作ったことが原因でアメリカを追放されたということですが・・・
・・・あ、「
殺人狂時代」が直接の原因だったかな・・・?(間違ってたらすみません、記憶があいまいで・・・)

床屋さんのチャップリンがお客さんのひげをそるシーンでは、ハンガリー舞曲に合わせてとぼけた表情でリズムにのってひげをそっているチャップリンに大笑いさせていただきました!

また、官邸を爆破する作戦のための犠牲者を選ぶクジ引きのシーンで、我が身かわいさのために、お菓子の中の銀貨を押しつけあう人たち・・・
これも笑えました。
なんだか実際にもよくありませんか?こういうこと・・・

ラストの演説がすばらしいのは言うまでもないのですが、あちこちに少しづつ笑いの要素を入れながら、人間の身勝手さ、イヤらしさもさり気な~く表現されていて、そんなところもチャップリン映画の面白さなのでしょうね。 


                                              TOP


コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『街の灯』

2006年08月22日 | 映画(チャップリン)

この映画は、私がチャップリンと出会った一番最初の映画なんです。
それからはもうチャップリンのとりこ!

盲目の花売り娘との出会いのシーンは、 300回以上撮り直しをしたということです。
映画制作に関しては完璧主義だったチャップリンは、そのシーンのみに3ヶ月以上かけたそうです。
(↑数字、間違ってたらすみません、うろ覚えです・・・)

有名過ぎるほど有名な、あのボクシングのシーン!
これはもう爆笑モノですよね。
控え室のおまじないのシーンも、リングに上がってからのシーンも、何度も繰り返し見ました。
ボクシングというよりダンスしてるみたいでしたね。
控え室で相手ボクサーに愛想笑いをしながら媚びる表情がたまらなくかわいくて面白かった!

そしてあの
感動のラストシーン
ネタばれなので一応下げますね。


























10代の頃に観てたなら、ハッピーエンドと思ったかもしれない・・・
あのボロボロの小男が、心の中で憧れ続けていた紳士の本当の姿だと知ったときの盲目の花売り娘のあの複雑な表情といったら・・・!
ショックを隠し切れない様子の花売り娘を、私は一瞬憎んでしまいました。

・・・でも、花売り娘の気持ちもすごくよくわかるんですよね。
感謝してもし足りないほどありがたいと思ってはいるのだけれど、目の前の現実は・・・!!!

チャーリーも、なんともいえない表情をしてましたね。
娘の目が治ってとても嬉しいのだけれども、
「あ~~~まずい!タイミング悪いぞ!困ったな~今さら隠れるわけにもいかないし・・・ごめんね・・・こんなダサい男で・・・」みたいなことを思ってたのでしょうか?

この映画はもう何度も何度も繰り返し観ましたが、全く飽きることがありません。
それからも多くの映画を観ましたが、未だにこの作品は、私の中の
ベスト1です!                    


                                               TOP


コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チャップリン!

2006年08月19日 | 映画(チャップリン)

私が初めてチャップリンの映画を観たのは「街の灯」でした。
チャップリンについて全く無知だった私は、「喜劇王チャップリン」とよく巷で言われていたのを聞いて、普通のドタバタコメディだと思ってたのですが・・・

観てみたら思いっきりはまってしまいました。
ホント、予想外でした。
ラストはもう泣けて泣けて・・・
街の灯」と「ライムライト」は何回観ても必ず最後に泣けます。(←パブロフの犬状態?)

それからは片っ端からレンタルで観まくり、それだけでは飽き足らず、有名な作品はほとんどDVDを買いました。

チャップリンの作品は、どれを観てもはずれがないと思います。
世の中への風刺、批判がこめられつつ笑わせてくれて、なおかつ全ての作品に愛があふれています。
観た後、本当にあったか~い気持ちになるんです。

チャップリンは多芸多才な人で、映画の中で制作、脚本、監督、主演、作曲をこなし、その上チェロの腕前も相当なものだったそうです。(凄!)
そうそう、チャップリンはいつもあんなユニーク(!)なメイクをしてますが、素顔は結構イケメンなんですよね。

ライムライト」「ニューヨークの王様」は素顔で出演しているのですが、最初素顔を見たときは、ひっくり返りそうになりました!
あんなにきれいなお顔立ちだったとは!

とにかくチャップリン大好きなんです!!!
書きたいことはたくさんありますが、とりあえず今日はこの辺で・・・                  


                                            TOP


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

a

<script type="text/javascript" src="http://x4.ikaduchi.com/ufo/054490400"></script> <noscript>
美容整形 アンチエイジング</noscript>