日々、こともなし。

50代・独身・女性・会社員。

履歴書を作る

2016-10-14 19:59:29 | シニアライフ
ボブ・ディラン ノーベル文学賞万歳。
春樹ストの同僚に残念だったね、といいつつ、
私は村上春樹を読んだことがないのでお薦めをきく。
「『海辺のカフカ』とか・・・でも、なんでもいいですよ。」

昨夜はヨガから帰って、1時間ほどあったが、勉強はせずに
保存してあった履歴書と職務経歴書の修正をした。

なんと、11年ぶり!!である。

とにかく、「いざとなったら他の選択肢もある」ことを知っておきたかったのだ。

履歴書の学歴の最後に、「大学卒、文学部」と書き加えて。

職務経歴書は、人材紹介会社に焚き付けられて
「とにかく、私は素晴らしいんです!!」てなことを書いたのだが、

「こんなのいらない。」
びしばしと削る。
シンプルに、自分のやってきた仕事を並べる。

背伸びしたって、後で苦しくなるだけだ。

代りに、どこの面接でも訊かれる、働いた会社の業種や、
規模や、どういった職場だったのかを書き入れる。

いろんな会社がある。
出来たばかりですぐ潰れた会社、
上場で古くからある会社、
バブルに乗ってはじけたらひしゃげた会社、
外資で買収された会社、
本社がこけたら子会社もこけたもの。

私の職種も、お茶くみに始まって
総務・経理・秘書・広報・営業・翻訳
「やってないことないじゃん@。」
だから便利に使われてしまうのか。

朝は朝で英文レジュメの添削。

ふらふらになって出社したら、
昨日の「どかん」で先方は訂正してくれたのはよいが、
訂正しなくていいところも訂正してしまっている。
「直して~え。」

力尽きたので、ジムにはよらずに牛タンやさんで
定食を食べてきた。

からっぽの胃にテールスープが嬉しい。

今週の勉強時間:9時間3分。

時間はいっぱいあったんですけどね。
しばし休息をとります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終の棲家 | トップ | お風呂のおいしい季節(ぐる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。