日々、こともなし。

50代・独身・女性・会社員。

親がいてよかったなあ、と思う時

2016-11-02 21:00:25 | シニアライフ
「は、早く薬飲む。」8時に帰宅して抗鬱剤一気飲み。

月曜に食事したフランス語の先生に送ったメールの返事がこなくて
朝落ち込んでいたら、帰宅後もらえた^-^。

昨夜はやっぱり2時にばっちりと目が覚める。
でも、それからなかなかよさげな夢をみた。

抗鬱剤は口が渇く、という副作用がある。
効いている証拠なので、今朝はいくぶん明るい。

メールチェックをすると、トラブルを起こしている仕事で、
関係者から助け舟のメール。
これで随分気が楽になる。が、

来週月曜に渡す書類は安全なところに預けてあるのだが、
もう一度チェックしていたら同僚がおせんべいをくれた。

よっぽど死にそうな顔をしていたらしい。

薬はだいたい10時間くらいは効くので、昼間は普通に仕事をする。
夕方、じたばた。
「何とかなりそう@@;」というところで、時計を見るといつの間にか
社内に3人しか残っていない。

帰宅後、留守電チェックすると母から
「あのブローチどこだっけ?」の伝言。

ああ、こんなに親の声が暖かかったことはない@@;。

ブローチの所在について電話しついでに、
ここ2週間起こったことを話すと、
「あんた、定年前に辞めてもええよー。」

ありがとう、お母さん。
長生きしてください。

今夜はとりあえず、髪を洗って眠ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご飯→医者→オーバーヒート | トップ | 2度目の太極拳 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。