~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

◆『義兄弟~SECRET REUNION』◇ ※ネタバレ有

2010-10-30 21:23:57 | 映画【韓国】

  『義兄弟~SECRET REUNION』:公式サイト

ヒョン(兄貴)

映画は映画だ』でデビューしたチャン・フン監督の二作目。

 ○『映画は映画だ』● ※ネタバレ少々

南北それぞれの国家に翻弄された2人の男を
ソン・ガンホとカン・ドンウォン主演で描いた作品。

一番気になったのは後半はキャストのお肌の色が濃かった事。。。
多分、茶系のドウランを塗っていたのでしょうか?

特に、カン・ドンウォンは本来は色白なので
首の後ろと前、首から上と胸元では肌の色が明らかに違っていてなんか不自然でしたわ。。。

北朝鮮の工作員ジウォン役:カン・ドンウォン

シャープで物憂げな眼差しが印象的。
(『映画は映画だ』のソ・ジソブと重なりましたよ。)
ドンウォンくんは甘さがなくなってきて男っぽくなってきたのね。
と思いながら観ていたけど、ラストシーンの笑顔には母性本能くすぐられました。^^
それにしてもちょっと前まで高校生役だったイメージなのに
妻子持ちの役を演じるようになったのですね。
カン・ドンウォンはもう29歳(韓国の数え歳では30歳)なんですね。
時の流れを感じましたよ。
彼の演技自体は一生懸命すぎて表情が固かったですね。
肩に力が入りすぎている感じ。

元国家情報院の要員ハンギュ役のソン・ガンホ

シリアスな場面でもコミカルな場面であっても
しなやかな台詞回しで飄々とした雰囲気でゆとりをもって演じている。

イケメン俳優と演技派俳優の演技の質感の差が歴然だったな。。。
だけどまぁ、この作品ではソン・ガンホ、
デュエリスト - goo 映画』ではアン・ソンギと共演したカン・ドンウォン。
ベテランの名優との共演はカン・ドンウォンにとっては勉強になったのではないでしょうか。

それにしても、あれだけ刺されても無事だったハンギュ〔ソン・ガンホ〕。
屋上から地面に落ちても命は助かったジウォン〔カン・ドンウォン〕。
ありえなさすぎ。。。

南北を題材に描いた作品という事でもっと重厚な作風を期待していたのですが、
それほどリアリティは感じとれなかった娯楽アクション映画でしたね。
でもまぁ、恋愛を一切絡めず、家族も必要以上に登場させず、
それぞれの国家に翻弄された対照的な性格の二人の男に
兄弟のような絆が芽生えてくる過程を軸に描いていたので観やすかったです。



≪『義兄弟~SECRET REUNION』関連記事≫

 カン・ドンウォン、兵役直前に来日し新作を熱烈アピール 〔MSN エンタメ:10.09.13〕

 
カン・ドンウォン、20代を振り返り「やっとスタートラインに立てた」 〔MSN エンタメ:10.10.29〕

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【大阪友好都市・上海万博開... | トップ | 次の記事へ »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (オリーブリー)
2010-10-31 16:31:27
BCさん、ご無沙汰でした~トラコメありがとう。

>それにしても、あれだけ刺されても無事だった――

そうそう。
それ思った。
不死身だわ(笑)

私は韓国俳優さん良く知らないけど、草食系男子と天然なおっちゃんのノリで楽しめました。
ソン・ガンホは「グエムル~」とか数本観ましたが、お上手ですね。
BCさん★ (mig)
2010-10-31 18:09:40
これ観たいの~♪
ガンホ好き♪
観たらまたお邪魔しますね^^
草食系男子と天然なおっちゃん。 (BC)
2010-10-31 23:21:19
オリーブリーさん、こんばんは。

>草食系男子と天然なおっちゃんのノリで楽しめました。

あはは、言えてるかも。^^
でも、韓国の若手俳優は一見、優男に見えても
長身で体を鍛えている人が多いので体格は逞しいんですよ。
カン・ドンウォンはモデル出身の俳優さんで身長186cmの10頭身、
切れ長の瞳を活かした目の演技が魅力の俳優さんです。
日本人受けしそうな顔立ちではあるけど、
本人はあまり日本の韓流には興味がないらしくて、
映画のPR以外では来日しないようなので
日本ではそれほどブレイクしていないのが残念です・・・。

ソン・ガンホはどんな役柄であっても必ず自分のモノにして存在感を発揮し、
味のある演技をする良い役者さんですよね。
ガンホ。 (BC)
2010-10-31 23:30:16
migさん、こんばんは。

ガンホは捨て身の演技で笑わせてくれたし、
決めるところは決めてくれて最高に良かったよ☆

migさんの感想楽しみにしていますね♪
Unknown (KLY)
2010-11-03 03:16:18
あれ?あれ刺されてないよね?
ナイフを刃の方を手で持ってて刺したフリしたんじゃないっけ?だからジウォンの掌がズタズタに裂けてて、ハンギュがそれみて「バカヤロウ」って言ってたって流れだと記憶してるのですが…。
ま、ビル落ちには同感ですけど。(笑)
実はもっとシビアな話しかと思ってたんですが、案外エンタテインメントに振られてたんで驚きました。ガンホさんの笑顔っていいですねぇ、何か和みます。(爆)
癒し系俳優? (BC)
2010-11-04 22:39:01
KLYさん、こんばんは。

>ナイフを刃の方を手で持ってて刺したフリしたんじゃないっけ?

あっ、そうだったけ?
具体的には映っていなかったから、なんか曖昧な描写でしたね。。。

>ガンホさんの笑顔っていいですねぇ、何か和みます。(爆)

シビアな題材の作品の型苦しさをほぐしてくれたような気もしましたね。
意外と癒し系俳優かも?^^
義兄弟 (yuan)
2010-11-06 14:41:15
BCさん、こんにちは♪

シリアス一辺倒かと思えば、意外にコミカルな場面があり、ソン・ガンホを起用したのが活きていましたね。

カン・ドンウォンは細身で少し猫背で地味ながらも時折見せる鋭いまなざしは、
北の工作員というイメージは出ていたと思います。
彼、隆大介とダニエル・ウーが混ざったような
印象かな。

>ナイフ

あれは刺すというより殴ってた感じですね(効果音)。
最初の襲撃場面で紋章が確認できたので、
ジウォンが祖国を確認できるものだったと・・・
それを逆手にとったところが印象的でした。

それにしてもソン・ガンホって、妻子に捨てられてようが独身だろうが、
一人身の部屋で見せるパンツ姿や半ケツ(失礼^^)姿が自然で似合いますね(褒めてます~笑)。
猫背。 (BC)
2010-11-08 00:39:59
yuanさん、こんばんは。

カン・ドンウォンのように背が高すぎる人は
どうしても猫背気味になってしまうものなのでしょうね。
往年の長身俳優で言えばグレゴリー・ペックも猫背な印象でした。

>彼、隆大介とダニエル・ウーが混ざったような

その二人をもう少し涼やかにした感じでしょうね。

>あれは刺すというより殴ってた感じですね(効果音)。
最初の襲撃場面で紋章が確認できたので、
ジウォンが祖国を確認できるものだったと・・・
それを逆手にとったところが印象的でした。

ナルホドです。

ソン・ガンホはみずぼらしいシチュエーション?で笑わせてくれますよね。^^
ソン・ガンホのコミカルな演技が作品の堅苦しさを和らげていて効果的でしたね。
BCさん☆★ (mezzotint)
2011-03-14 01:21:02
今晩は☆彡
TB・コメントありがとうございます。
お伺いするのが遅くなりすみません!
カン・ドンウォンのことは本作で初めて
知りました。韓国映画を観だしたのも本当に
最近なので、BCさん情報をチェックしないと
ダメですね。カン・ドンウォンさん、なかなか
素敵な方だと思いました。
俳優、兵役。 (BC)
2011-03-16 06:59:34
mezzotintさん、おはようです。
コメントのお返事遅くなってしまってすいません。m(_ _)m

ガンホさんはルックス的に三枚目だから苦手というわけではなくて、
私はノーブル(上品で紳士的)な雰囲気の俳優が好みなので、
単に私好みのタイプの俳優ではないかな~。
ちなみに、私は韓国映画界のベテラン俳優ではアン・ソンギが好きです。
まぁでも、ソン・ガンホは“韓国のトム・ハンクス”と称されている人なので
ルックス云々で語る人ではなく、演技力のある名優だと認めていますよ。
映画ブロガーさんの間ではガンホさんは男女問わず人気ありますよね。

韓国はわからないけど日本では
ドンウォンと同世代の俳優では
ウォンビン(映画『母なる証明』)のほうが圧倒的に人気があるように感じます。
韓流は映画やK-POPも浸透してきていますが、まだまだドラマが主流なので
数年前に日本のスペシャルドラマにも出演した事がある
ウォンビンは根強い人気を得ているのだと思います。

韓国の兵役に関しては一般男子は大学在学中に大学を休学して
20歳前後で兵役に就くケースが多いのですが、
芸能人の場合、10代後半から芸能活動を始めて人気を得る人が多いので、
上限の韓国の数え歳で30歳(実年齢29歳)まで
本人がというよりも所属事務所が入隊時期を引き延ばすから
結局は30歳前後での入隊になってしまうのだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。