~青いそよ風が吹く街角~

映画(主にミニシアター映画)の感想文を軸にマイペースで綴っていきます。

□『Dr.パルナサスの鏡』□

2010-01-24 20:37:41 | 〔JD〕

  『Dr.パルナサスの鏡』:公式サイト

想像力の扉

正直言って、この監督の硬質で品のない描写が多い作風がどうも苦手・・・。
(もっと寓話的な世界観を築けるティム・バートン監督で観たかった気もしてしまいました。)

シネコンの暖房が気持ちよくて中盤まではかなりウトウトしていたからか
観終わった後「あれ?ジュード・ロウはどこに出ていたんだろう?」と思ったんだけど、
ハシゴに登っていたのがジュードだったのね。

鏡の向こうの三人のジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル(下写真)は

同じ白スーツ姿でメイクを似せているからか時々、見分けがつきにくい時があったな。

ヴァレンティナ役のリリー・コールがキレイ☆

マンマ・ミーア! - goo 映画』でメリル・ストリープの娘役を演じた
アマンダ・セイフライドに少し似ているような?

 
~♪『マンマ・ミーア!』♪~ ※ネタバレ有

多分、ヒース・レジャーの場面は全て本編に入れたのかな?
だからなのか、トニー役のヒースが居る鏡の外の場面と
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがトニーを演じた
鏡の向こうの場面の間合いのバランスがちぐはぐだったのよね。。。
ヒースの場面を出来るだけ多く残したいという監督の想いは伝わってはきたんだけどね。

ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウは
三人共、ヒースの役作りのテイストを尊重して演じていて良かったです。
ジョニー・デップに死者へのメッセージの重要な台詞を言わしているという事は
監督からの信頼が一番厚かったからなのでしょうね。



P.S.
テリー・ギリアム監督作と言えば
ラスベガスをやっつけろ(1998) - goo 映画』がトラウマになるぐらい受けつけられなかったし、
12モンキーズ - goo 映画』の良さもさっぱりわからず・・・。
でも、『
ロスト・イン・ラ・マンチャ - goo 映画』を観た時に
様々な困難に見舞われた映画製作の実情を知り、なんか気の毒になっちゃって
「頑張ってね。」と声をかけたくなるほど同情しちゃって。。。
まっ、なんだかんだ言っても気になる監督ではあるんですけどね。^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【午前十時の映画祭 何度見... | トップ | 【大阪アジアン映画祭2010】 »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しんじゃいました♪ (マリー)
2010-01-24 22:05:45
BCさん~こんばんは~。
『ラスベガス・・』『12モンキーズ』『ロスト・イン・・』この3本観ていれば十分ギリアム・マジックにかかっているのかも~(笑)
という私も、ジョニーファンだけど『ラスベガス』はかなりキツくて、、、観てるとヘンな汗が出る~~~。><;

今回は、普通の世界ではなく鏡の中の幻想世界~っていう設定で、摩訶不思議でも全然無理なかったと思いました。
現代なのか、大昔なのかよく分からない不思議な世界にどっぷり嵌れました~~。

こんばんは! (アイマック)
2010-01-24 22:40:03
私もこういうのは苦手・・・ストーリーが掴みにくくて難解でした・・
前半は退屈してきつかった。。
もっとブラックなら受け付けたかもしれない。
3人の俳優、ヒースが演じてるようにみえましたよ。
あれま (KLY)
2010-01-24 22:53:53
『12モンキーズ』だけじゃなくて『ラスベガスをやっつけろ』もそうだったのか…。当時は監督なんか一切きにしてなかったからなぁ。2本も見ていたのに気づかなかったとは不覚。
私はこのてのシュールな映像が大好きなんでむしろもっと観たかったぐらいでした。
でもおもったよりトニーが出てくるのが遅くて、前半は退屈だったな~。監督には悪いけど、流石にこの作品はヒースと3人目当てだったんで…。
同じく…。 (えい)
2010-01-24 22:57:59
ぼくも『ラスベガスをやっつけろ』がトラウマになっています。
ほんとにバカ騒ぎの映画でした。
TBありがとうございました (風子)
2010-01-25 09:58:15
ギリアム監督作は、好みが分かれますけど、私は結構好きなんですよ。今回のテーマは、キリスト教的概念が大きいかなと思いました。
ファンタジック。 (BC)
2010-01-25 20:59:03
マリーさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

>『ラスベガス・・』『12モンキーズ』『ロスト・イン・・』この3本観ていれば十分ギリアム・マジックにかかっているのかも~(笑)

あはは、そうかもね。^^

私はジョニーの出演映画であっても当たり外れはあるんだけど、
『ラスベガス~』は絶対に受けつけられない作品だったの。。。

『Dr.パルナサスの鏡』はメルヘンでファンタジックな作品でしたね。
3人とヒース。 (BC)
2010-01-25 21:31:09
アイマックさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

内容的には一度観ただけでは理解しにくい作品だろうね。

私も前半はだるかったです。。。

>3人の俳優、ヒースが演じてるようにみえましたよ。

3人が個々に鏡の中のトニーを演じたのではなく、
3人がヒースと一緒にトニーを演じたような気がするよね。
シュールな映像。 (BC)
2010-01-25 22:30:33
KLYさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

私はシュールな映像は嫌いではないんだけど、
口の中に食べ物以外の物を入れたり、巨像の長い舌とか
そういう品が良いとは言えない描写がなんか苦手で。。。

ヒースの出番は思ったよりも多かったけど、登場するまでが長かったですね。
『ラスベガス~』。 (BC)
2010-01-26 19:35:01
えいさん、こんばんは。
お返事遅くなってしまってすいません。m(_ _)m

『ラスベガス~』は10年以上前の作品になると思うけど、
映画館で観てしまったからか今でもトラウマになっています。。。
ヒドイ内容でしたよね。。。
探究心。 (BC)
2010-01-26 20:17:42
風子さん、こんばんは。
お返事遅くなってしまってすいません。m(_ _)m

風子さんはテリー・ギリアム監督作がお好きなのですね。
私はどちらかというとティム・バートン派なので
ギリアム監督作はあまり観ていないのですが、
私が今までに観たギリアム監督作の中ではこの作品は観やすかったです。

私は宗教的な事は詳しくはないのですが、
哲学的思想を広げていく探究心のある監督のようですね。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2010-01-27 23:44:59
BC。さんはウトウトしちゃったんですね(^^ゞ
私は、ギリアム監督と覚悟して観たので(笑)
面白いとまでは言えないけど、映像で意外と
楽しめました^^

ラスベガス~はトラウマになりますよね(^^ゞ
ジョニーが出ていなかったら、私は絶対に観ない作品です(笑)

とにかくヒースの遺作が完成して、それを観ることができて満足でした(T^T)
ジョニーも美しかったし~(*^o^*)
髪型。 (BC)
2010-01-29 00:23:56
ひろちゃん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

ギリアム監督にしては観やすかったけど、演出的に好みじゃない部分もあったな。

>ラスベガス~はトラウマになりますよね(^^ゞ
ジョニーが出ていなかったら、私は絶対に観ない作品です(笑)

ホント、そうですよね。
永遠にトラウマが続きそうですぅ。。。

ヒースの遺作が完成出来て良かったですよね。
私的には、ジョニーは『パブリック~』の
スッキリした短髪のほうが美しかったような気もするなぁ。(^-^ゞ
わたしもダメでしたわ (なな)
2010-02-01 21:05:17
この監督さんとは相性が合わないのはわかってたんですが
いつも劇場を途中退場したくなります。
「勝手に騒いでれば?」って言いたくなる・・・
それくらい苦手です。
もちろんヒースの遺作でなければ観てません。

同じ物語をティム・バートンで観たかったなぁ。
バートンなら,ちょっとストーリーも変わってくると思うけど。
ヒースと3人の代役さんには何の不満もありません。
演出の仕方。 (BC)
2010-02-02 21:36:16
ななさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

>「勝手に騒いでれば?」って言いたくなる・・・
それくらい苦手です。

同感です。
脳内でお祭り騒ぎしていれば良いのにそれを映像にしてしまう・・・。
そういう鬼才系監督は少なからずいるので別に構わないんだけど、
この監督は演出の仕方が上品とは言えないからアクが強いだけでどうもね。。。

ティム・バートンだともっと童話的な映画になったかもしれないですね♪
Unknown (vic)
2010-02-07 01:08:02
本当に、三人共、ヒースの役作りのテイストを尊重していたのが分かりました。

そして、ジョニー・デップが、川を流れてくる今は亡き大スター達の写真を見ているところ、ヒース自身のこともしっかり思い出させてくれました。
死んだのではなく「永遠に私たちの胸に残り続ける」存在感ある役者だったと思いました。
役作り。 (BC)
2010-02-08 00:14:24
vicさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

三人共、自分の個性を主張するのではなく、ヒース・レジャーの役作りを大切に受け継いで演じていましたね。

>そして、ジョニー・デップが、川を流れてくる今は亡き大スター達の写真を見ているところ、ヒース自身のこともしっかり思い出させてくれました。

死者へのメッセージが印象深い場面でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。