始まりに向かって

ホピ・インディアンの思想を中心に、宗教・心理・超心理・民俗・精神世界あれこれ探索しています。ご訪問ありがとうございます。

神功皇后は邪馬台国の女王であった・・関裕二氏の「応神天皇の正体」(2)

2017-06-17 | アジア


古代朝鮮と古代日本の関わりについて調べていて、関裕二氏の「応神天皇の正体」という本も読んでみました。続きです。

応神天皇の母は、三韓征伐で有名な「神功皇后」ですので、古代の日朝関係を考えるよすがにはなると思いました。

リンクは張っておりませんが、アマゾンなどでご購入になれます。

             *****

           (引用ここから)

応神天皇と宝の国・新羅

応神天皇の正体を探るためには、8世紀まで下らなければならない。

「日本書紀」は8世紀に記され、藤原氏がその編纂に影響力を及ぼしていた。

その直後、聖武天皇が藤原氏に反旗を翻し、「八幡神」を勧請している。


聖武天皇と応神天皇をつなぐきずなは、「八幡神」と「ヒスイ」ではなかろうか?

中でも「ヒスイ」は、貴重な物証に思えてならない。

「ヒスイ」は、縄文時代と8世紀をつないでいるからだ。

邪馬台国の女王「豊与(トヨ)」は、「魏に「ヒスイ」の勾玉を贈り届けた」と「魏志倭人伝」に記されている。

「ヒスイ」は、石を磨く技術を駆使して手に入れた縄文人の誇りであった。

当然、邪馬台国の時代にも、珍重されていたのだから、卑弥呼も、魏に贈ればよかったのに、なぜ卑弥呼は、日本土産にぴったりのヒスイを、魏に届けなかったのだろう?


鍵を握っているのは、「日本書紀」に記された「神功皇后」の行動であると思う。


通説は「神功皇后」を架空の人物とみなす。

その一方で、彼女の子の応神天皇は4世紀末から5世紀初頭の人物である、という。

しかし筆者は、「神功皇后」は「ヤマト」建国に、大いに関わりを持っていたとみなす。

理由は簡単なことで、「日本書紀・神功皇后摂政紀」に、「魏志倭人伝」の引用文があり、「神功皇后」の時代と邪馬台国の時代が重なっていた、と「日本書紀」が言うからだ。


「日本書紀」は、「神功皇后」を、卑弥呼か台与(トヨ)のどちらかであると考えていた可能性が高い。

そして「神功皇后」は前述のように「台与(トヨ)」の女神と多くの接点を持つのだから、「台与(トヨ)」だろう。


「日本書紀」には「神功皇后」の時代を知る目安となる記事がある。

「皇后摂政66年」には、次のような記事がある。

この年は、晋の武帝の時代、西暦266年にあたる。

「倭の女王が、通訳を重ねて貢献せしめた」という。

西暦266年といえば、邪馬台国の卑弥呼の死後のことだから、「倭の女王」は、卑弥呼の宗女の「豊与(トヨ)」と考えられる。

つまり「日本書紀」編者は、ここで邪馬台国の女王と「神功皇后」を重ねていたことになる。

この記事を信じるならば、「神功皇后」は、邪馬台国の時代の人となる。



「日本書紀・応神紀」にも、絶対年代を推定するヒントが残されている。

応神3年のくだりに、次のような記事がある。

「この年、百済の新王が立ったが、日本の天皇に礼を失することをした。

そこで人々を遣わし、叱責させた。

すると百済国は、新王を殺して謝った。

そこで倭人たちは、「阿花(あか)」という男を立てて、王にして帰っていった」。


ここに登場する「阿花(あか)」なる人物は、西暦392年に即位した百済の「阿華王」に当てはまる。


応神16年のくだりには、「百済の「阿花王」が崩じたこと、天皇は、人質となって来日していた王を呼び、「あなたの国に帰って王位を継承しなさい」と述べ、帰国させた」とある。


「三国史記」にも同様の記事が記載されている。

すると、応神天皇は4世紀末から5世紀前半の人物だったことになり、「神功皇后」の段で引用されている「魏志倭人伝」の記事との間に、年代的な整合性がなくなる。

しかし筆者は、ここに「日本書紀」の仕組んだカラクリが隠されているように思えてならない。

つまり藤原不比等は、「ヤマト建国」前後の曽我氏の活躍を抹殺するために、「ヤマト建国」の真実を闇に葬った。

その手口の一つは、「神功皇后」と応神天皇の時代に二通りの年代を用意し、目くらましをしたことであり、

カラクリの犠牲になったのが「神功皇后」と応仁天皇であると考える。


「神功皇后」と邪馬台国をつなぐ接点は、いくつもある。


九州の熊襲(くまそ)がそむき、仲哀天皇と「神功皇后」は西征に向かうが、この時「神功皇后」は、「越」に行幸していた。

そして「出雲」を経由して、山口の「穴豊浦」の宮に向かい、仲哀天皇と合流している。

この別行動は、不自然ではあるまいか?

「神功皇后」は創作上の人物、と通説は言うが、それならばなぜ、このような複雑な設定を用意する必要があったのだろう?


しかし、「神功皇后」が本当に「越」と強くつながっていた、と考えてみると、多くの謎が解けてくる。

「越」につながっていた「神功皇后」が、北部九州の邪馬台国を圧倒したから、卑弥呼ではなく、台与(トヨ)が魏にヒスイを贈ることができたのだと、筆者は考える。


「魏志倭人伝」は、「卑弥呼の宗女がトヨ」と記録するが、「日本書紀」の記事には次のようにある。

「「神功皇后」は、仲哀天皇が亡くなると、南下し、久留米市の南側の女首長を討ち取り、とって返して、海を渡り、新羅征伐に向かった」。

この「女首長」とは誰だったのだろうか?

筆者は、この「女首長」の説話は、「ヤマト(大和)のトヨによる邪馬台国の卑弥呼殺し」ではあるまいか?と疑っているのである。

「日本書紀」によれば、10代崇神天皇の時代にヤマトにたたりをもたらしたのは、出雲神・大物主神であった。

ところが大物主神を祀る大神神社のご神体である三輪山山頂には、「日向御子」(ひむかみこ)という、一風変わった神をまつる社が存在する。

この「日向御子」こそ、応神や神武であったと、筆者は見る。

もちろんこれは通説とは離れているが、指摘しておきたいのは、「神功皇后」と応神天皇が、邪馬台国やヤマト建国時の人物だったということである。



応神天皇には、日本的ではない側面がある。

朝鮮半島・南東部の国・新羅と、強く結びついていて、新羅からやって来たのではないか、と思えるほどなのだ。

「応神天皇は、新羅を攻め取った」と「日本書記」は記す。

しかも応仁天皇と新羅のつながりは、生まれる前から約束されていた、という。


そこで「日本書紀」に記された「神功皇后の新羅征服」を、改めて読み直してみよう。

新羅征伐に向かうに際し、神は

「「神功皇后」は子をはらんでいる。

この御子が、新羅国を得るだろう」、と告げている。

そして、託宣通り、「神功皇后」は新羅を圧倒したのだった。

応神天皇は、胎児のまま遠征し、新羅を圧倒したことになる。

「胎中天皇」の異名をとるのも、即位することが決まっていたことと、胎児のまま活躍したことを意味していよう。


「神功皇后・摂政紀」には、降伏した新羅王が皇后に次のように述べるくだりがある。

「この後は、長く天地と共に従い、朝廷の馬の飼育係や卑しい職業となり、始終舟で往来し、馬の櫛と鞭をヤマトに届けましょう。

また海の遠いことを厭わず、毎年、男女の貢を奉りましょう」、とある。

人々は「新羅王を殺す方がよいでしょう」と進言したが、「神功皇后」は「降伏してきたのだから殺してはならない」と言った。

すると「新羅王は、金銀や財宝を80双の舟に乗せ、日本国に奉った」、とある。


また「別伝」には、新羅王が次のように述べたとある。

「臣は今から後、日本国にまします神の御子(応神天皇)に、内宮家となって、絶えることなく朝貢いたしましょう」。

つまり「日本への献収国になりましょう」、と言ったという。


まさに神託通り、新羅は応神天皇の国になったのである。

通説は、「神功皇后」が新羅を圧倒したという説話を絵空言といい、歴史とみなさない。

しかし奇妙なことに、話には新羅がつきまとっていくのである。



日本固有の神宝・ヒスイを携えて、九州に乗り込んだ「神功皇后」。

しかし彼女の体には、新羅王子・アメノヒボコの血が流れ(6代前の先祖とされる)、しかもこの後、「神功皇后」と応神天皇は朝鮮半島と結ばれ、渡来人に守られ、彼らの信仰の対象となっていくのである。

応神天皇と新羅や朝鮮半島とのつながりは、「応神天皇の時代に帰化人が大勢押し寄せてきた」という「日本書紀」や「古事記」の記事からも推測できる。

弓月君(ゆずきのきみ)や、阿直技の帰化を巡る説話である。



            (引用ここまで・続く)

            *****

筆者・関氏が言うように、外国で大活躍をした「応神皇后」は伝説の人とされ、応神天皇は実際の天皇であったという日本史の通念には、不自然なものがあるという説にも一理あるように思います。

そして、三韓征伐をしてきたとされる神功皇后は、その後隠居のようになり、朝鮮半島との関わりには一切関与していません。

しかし、中国や朝鮮の資料には、その足跡が記されているのです。

しかし、それが誰なのかははっきりわかりません。

筆者・関氏は、それも、ヤマト朝廷が、分からないようにしたのだ、と考えています。

なかなか面白い視点ではないかと思います。


 ブログ内関連記事

「梅原猛の「古代出雲王朝のなぞを解く(1)・・アマテラスとスサノオという光と影」(4)まであり

「白=新羅・・荒俣宏氏の〝白いサルタヒコ論(3)」

「牛殺しの風習と、牛の王・・新羅と日本人(2)」

「朝鮮と古代日本(1)・・済州島をめぐる考察」(6)まであり

「新羅と日本(1)・・スサノオノミコトはどこから来たのか?」(5)まであり

「北陸の白山信仰(1)・・菊理(きくり)ひめとは だれなのか?」(4)まであり

「あなたは生来、神聖な存在です・・「レムリアの真実」(2)」


「日本の不思議」カテゴリー全般
「アジア」カテゴリー全般









ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関裕二氏「応神天皇の正体」... | トップ | ツヌガアラシト=アメノヒボ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。