水と光と渓魚たち

何時も季節を感じていたい・・・
飛騨高山発信フライフィッシングのブログです。

愛用のカメラ

2017-07-23 18:04:48 | gear tackle tool

下手の横好きというのがあるけど、写真を撮るのがわりと好きです。

マイクロフォーサーズ規格のカメラを使っています。

まあ、大きさがほどほどでいいと思っています。

APS‐Cサイズのミラーレスカメラにも本体が結構小さいものがあるのですが、レンズはどうしても大きくなります。

勿論、センサーが大きいほど表現力が高いのは間違いありませんが。

本体のオリンパス OM-D-M5 は、後継機種の OM-D-M5 MarkⅡが出たタイミングで少し安くなったので買いました。12-50mm のズームレンズ(パワーズーム)のキットです。ストロボは内蔵されていませんが、簡易な着脱式のものが付属しています。

マイクロフォーサーズ初期のパナソニック製 GF-1 を持っていたのですがやはりファインダーがあるのが欲しくなったのと、一眼レフっぽい形がいいな~っと思って、踏み切りました。まあ、よい買い物をしたと思っています。

レンズは、GF-1 と一緒に買ったパナソニック製 20mmの単焦点を何時も使っています。これは開放F値が1.7と明るく、使いやすいです。パンケーキレンズ等と言われる薄い形状もいいですし、換算40mmの微妙な画角も自分には合っているように感じます。当初はネット等での評判も良かったはずです。

後日、オリンパスの 60mm MACRO も奮発しました。

やっぱり、虫とか花とか撮りたいですから。

今は 30mm のマクロレンズもオリ、パナから出ていますがこのレンズを買った頃はありませんでした。

パナの 20mm と、このマクロはフィルター径が一緒(46mm)です。

キットのズームは、広角側換算 24mm なので広角が欲しいとき出番があります。





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへにほんブログ村 応援クリックお願い致します


『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマオダマキ | トップ | キッチンあきがみ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フイルム (ぐり)
2017-07-23 22:16:20
カメラっぽくてかっこいいですね
いい写真撮ってくださいね
ぐりさんへ (Blue Wing Olive)
2017-07-24 20:33:34
コメント有り難うございます。
これは、意図的にフィルム時代のカメラっぽくデザインされたのでしょうね。
Unknown (鉄砲玉)
2017-07-25 12:41:09
アウト・ドアで写真を撮るにはやはりカメラは出来るだけ小さくて軽い方が良いですね。
私も今まで色々なデジカメを使って来ましたが、一眼はとても持って山には登れません。
最初は20年ほど前に出たオリンパスのカメディアで次はカシオのQVシリーズ、
次いでキャノンのパワーショット、今はニコンのCOOLPIXです。
段々進化しているカメラを使ってると思いますが、オールインワンでは無いですね。
鉄砲玉さんへ (Blue Wing Olive)
2017-07-25 22:25:57
コメント有り難うございます。
どんなカメラを使うかは、表現力と利便性どちらを優先するか、どこまで妥協するかで決まりますね。あと予算の問題もありますが。
鉄砲玉さんが使っているCOOLPIXは高倍率ズームレンズのものでしたね。私も古いCOOLPIX(P80)を所有していますが、それは18倍ズーム。当時は相当な倍率でしたが、最近の機種の倍率は凄いことになっていますね。

コメントを投稿

gear tackle tool」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。