年に1度は日本平へ行きたかった者のブログ

愛息の順調な成長などをてきとうに記録しています

サッカーに大事なものを考えた

2017-05-16 | サッカーその他
清水に関する関心がだいぶ薄れて、概ね均等にJ1を見るようになってだいぶ経つんですが、先日久しぶりに清水系の掲示板を覗いたららだいぶ荒れていたな。

チームの状況が良くないというのもあるけど。

私が清水というチームから離れていったのは意外とこういうサポーターの姿勢みたいなものもあると感じるようになりました。大なり小なり他チームの掲示板も同じ感じではあるし、こういうところに書き込みしているのが本当の清水のサポーターかどうかは知らないけれど。

清水が「王国」かどうかなんて議論をしているときもあるし、ある程度サッカーに関してプライドを持ってる地域だから仕方ないところもあるけど、そのプライドみたいなやつが選手の才能を潰しているっていうのあるんじゃないかね。

元々どこのチームもサッカーが上手で天狗になってる人たちが集まって出来上がってる訳で、そこに「俺サッカー知ってるぜ」みたいな無記名な輩があーだのこーだの言う訳よ。本来「褒めて伸びる」子たちを「けなして潰してる」訳。批判してる人の方がおそらくサッカー下手だと思うし選手の方がサッカーのことをよくわかってると思うんだけど。

外国籍選手だって、日本語わからなくたって練習場でサポーターの雰囲気とかでなんとなくわかるんじゃないの。いろんなところでサッカーやってんだから。だから清水から移籍して結果を残したり、結果を残してたところから清水へ来てもパッとしなかったり。

日本人選手も最近は意外と清水から移籍して評価を上げてる人がいる気がする。

同じ静岡でも磐田はそういう風土じゃないからだいぶ雰囲気が違うように感じる。

昔は私もいろんな書き込みをしたけど、選手立ちへのリスペクトを欠いたことはほとんどないつもり。

近い将来、清水でサッカーをしたいっていう選手がいなくなるんじゃないの。監督やコーチも。ユース育ちだって尊敬する先輩が貶されて花開かずにサッカー界を去る背中をこれでもかってくらい見せられるとね。

他のチームは、そりゃブーイングしたりサポーターと選手監督とぶつかるときがあったりするけど清水よりだいぶ「健全」な感じがするね。不義理なことがないような気がね。浦和なんて清水に似た感じだけど、優勝争いするくらいたくさん勝っているからサポーターもストレスはあまり溜まらないんよ。

やはり、サッカーというのは、選手がいて監督コーチがいて会社があってサポーターがいて地域で支えて、っていうのが大事なんだろうね。どれかが一つでも欠けるとタイトルなんて夢のまた夢。

もうちょっとサポーターも選手、チームに寄り添う姿勢が大事なんだと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子ども日記(2017.5.16) | トップ | 子ども日記(2017.5.21) さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。