気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

“ディジタル一眼レフカメラ”とは

2016-09-17 23:51:38 | Weblog

鏡を内蔵することによって撮像用とファインダー用のレンズが共通になっていて、(ディジタル式のため)光を電気信号に変える撮像素子を具備しているカメラです。

「一眼レフ」の「一眼」とは風景などを取り込み撮像(光を電気信号へ変換)するためのレンズと撮影の際に風景などを確認するためのレンズとが同じ(1つ)であることを意味し、「レフ(reflex)」とは反射を意味し、光を反射する鏡(ミラー)が使用されていてこの鏡により取り込んだ風景をファインダーの方へ導くようになっています。この鏡は、シャッターの押下により向きを変えるようになっていて、押された時はレンズを通った光が開いたシャッターを経由してそのまま撮像素子の方へ行き、シャッターが閉じると元の向きに戻ってファインダの方へ光を導くようになります。(http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htmlを参照)

特徴としては、ファインダーを通して被写体を時間差なしに見ることができるため、スマホのカメラやコンパクト型カメラに比較しシャッターチャンスを捉えやすいようです。また、レンズは望遠用や広角用など交換可能なため被写体の遠近に応じた撮影が可能といった特徴もあります。

主要メーカの最近発売された製品としては、以下のようなものが知られています。

(1)「ペンタックスK-70」:リコーイメージング、2016年7月、初級~中級レベル、想定価格は税込み7万7500円前後

(2)「EOS80D」:キャノン、2016年3月、中級レベル、想定価格は税込み14万円前後

(3)「D500」:ニコン、2016年4月、中級~上級レベル、想定価格は税込み25万9000円前後

上記製品はいずれも(Wi-Fiを利用して)スマホとの連携が可能で、撮影した写真をスマホ(注:無料の専用アプリをインストール要)へ転送したり、スマホをリモコンとして用い遠隔シャッターを切ったりできるようです。

 

 

『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “PENTAX K-70(リコーイメー... | トップ | “IoT向け無電源センサー”とは »

Weblog」カテゴリの最新記事