気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

"感情AI"とは

2017-02-11 23:46:16 | ロボット

人間の感情を推定あるいは認識できるAI(人工知能)のことです。

数100万人の顔写真をコンピュータで読み取り、読み取った時の表情と感情との関係を機械学習しつつデータベースに蓄積します。蓄積されたデータベース上の表情と感情の対応関係と照合させることにより、人間の感情を推定する仕組みです。

感情AIを手掛ける代表的な企業として、米国ベンチャーの「アフェクティバ」や同じく米ベンチャーの「エモティエント」などが知られています。

米アフェクティバの仕組みでは、1つの顔写真から20個の表情を認識し、予め用意された8つの感情の最も適したものへ対応づけてデータベース化されるようです。

感情AIのビジネス応用も展開されつつあります。例えば、人の世話をするロボットに感情AIを搭載し、ロボットに搭載のカメラで世話対象の人間の顔写真を撮影し、推定・認識した感情にふさわしい世話をする、などです。

また、感情にターゲティングした動画広告の最適化なども行われつつあるようです。「感情マーケティング」といった言葉も使われ始めています。

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "IT-G400(カシオ計算機)"とは | トップ | "LUMIX GF9(パナソニック)"... »

あわせて読む