気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

"ディジタルファブリケーション"とは

2017-03-06 23:22:46 | IoT

ディジタルデータをもとに創造物を制作することを指しています。Digital Fabrication と綴ります。

まず、自分のアイデアや個人の身体データなどを3D CADや3Dスキャナーなどによりディジタルデータ化します。次に、そのデータを3Dプリンターやレーザーカッターなどのディジタル工作機械で造形します。このような手順で創造物を制作します。

特徴として以下のような点が挙げられています。

(1)これまでの製造技術では困難であったものが作製可能になること。

(2)個人による新しいものづくりが可能となるため、これまでものづくりに関係していなかった人が新たにものづくりへ参画する可能性がある。

上記(2)については、「Fab Lab(ファブラボ)」と呼ばれるディジタルファブリケーション機器の設置された施設を利用することにより、個人が組織に属すことなく高度な工作機器を使って自由なものづくりを行うことが可能となるようです。これにより、新しいイノベーション、新しい経済、新しい働き方が生まれるのではと期待されているようです。

ディジタルファブリケーションの登場によって製造業の就業形態に変革が起こる可能性があります。

 

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "HT2150ST(BenQジャパン)"とは | トップ | "ビッグパッド PN-L401C(シ... »

IoT」カテゴリの最新記事