気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

"ワトソン・カスタマー・エンゲージメント(日本IBM)"とは

2017-02-21 23:49:03 | マーケティング

日本IBMが最近立ち上げた組織で、AIを使用する日本IBMのコンピュータ「ワトソン」を用いたシステムをネット通販企業や小売店向けに売り込もうとしています。

当面、ネット通販企業向けのクラウド型のアプリを開発しサイト構築の手間を省くことにより当該企業を支援したり、サイト閲覧履歴の解析やSNS上の発言から消費志向を分析するアプリと組み合わせてマーケティングを支援したりする考えのようです。

これを効果的に展開できるように他のIT企業とのパートナー組織も立ち上げるようです。2/20のスタート時点で25社(新日鉄住金ソリューションズ、サイバーエージェント、オプトなど)、2017年内には100社に増やす予定のようです。

ワトソンは人間の言葉を認識する力に優れているため、消費者接点の多い小売業の分野でその強みを発揮できると見ているようです。

『ソーシャルネットワーク』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "ナゾル(シャープ)"とは | トップ | "インフィード広告"とは »

あわせて読む