気になるキーワードや製品のコレクション(IT編)

メルマガ、新聞、雑誌などに登場する(増田悦夫の)気になるキーワード、製品を取り上げ、ITの進展をフォローします。

"ブロックチェーンを活用した在庫管理システム(PAL)"とは

2017-08-13 23:53:27 | 情報技術・サービス

物流受託サービスのPAL(大阪市)がフィンテックのVBであるソラミツ(東京・千代田区)と共同で開発し今秋にサービスを開始予定の、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を活用したリアルタイム在庫管理システムです。

このシステムは、「正確な在庫情報を自動で取得するシステム」と「ブロック

チェーンを活用しリアルタイムで在庫情報を連携するシステム」との組み合わせで構成されます。

即ち、棚や荷物に専用のICタグを取り付けドローンやAGV(無人搬送機)でそれを読み取り、読み取った情報はブロックチェーン上に書き込み、荷主や3PL事業者とリアルタイムで連携可能とのことです。在庫情報だけでなく、出荷情報や配送データ等ともシームレスに連携できるようです。

なお、ブロックチェーンは、ソラミツが提供する「Hyperledger Iroha」(注:Hyperledgerプロジェクトにおいて世界で3番目に採択されたブロックチェーン・フレームワーク)を活用するとのことです。

プレスリリース(2017.7.7)のサイトは、http://www.pal-style.co.jp/index.php?id=1026です。

ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "ピクトグラム"とは | トップ | "Cariot(フレクト)"とは »

情報技術・サービス」カテゴリの最新記事