オーディオ彷徨録~JBL4331AからALTEC620A~

今までのオーディオの改良や音楽の遍歴に、今後の改善も紹介。いい音に繋がる方法を色々模索したことや、好きな音楽を紹介する。

LP2020A+改造後のF特 ~その2~

2017-07-17 12:31:32 | オーディオ
 7/11にアップした時に、改造後の低音量で2次の高調波が増えていた。それについては少し納得できないので、元の状態含めて確認し直した。以前にも書いていますが、この方法で正確にアンプのF特が測れるという保証はありません。簡易的に連続波でF特に近い物が得られ、比較位はできるかなという安易な考えでやっています。なんせ、8Ωの片方しかPCのマイク入力に入れておらず、フローティング状態ですので、ノイズ系には弱いですからその辺を承知して使用しています。

 ■1)実験の状態
 これは前回と同じであるので、基本的な接続は省略。C29を付け替えるのは、基板の裏側にリード線をC29の+-から出して、写真のようにクリップで繋ぎました。横から見ると、

 C29に繋いでいるのは、緑色の元の100μFです。裏側から見ると、

 このようになります。+に繋がっているのは、黄色のジャンパー線と100Ωです。こんなことをよくやっているので、たまにアンプを壊します。

 ■2)実験結果
 これは、以下をご覧ください。

 ①②は、改造後の、LP2020のVr=9時、12時です。③④が、ジャンパー線を外して同じことをしてみましたが、変化はありません。次に改造前の状態に戻しました。

C29を1000μF⇒100μFに戻しましたが、現状⑤⑥は、改造後と変化なしです。従って、改造で高調波歪は変化なしと判りました。しかし、7/10に測定した⑦⑧も、今日の⑤⑥と条件は同じですが、⑤では、2次高調波が出ているが、⑦では出ていないように見える。これは、100Hz辺りの低域を見ればよく判るが、⑦は他の場合に比べてバックグランドノイズが極端に少なく2次の高調波は同じように出ているが、バックグラウンドの差で⑦は2次が見えないと考えられる。100Hzでは⑦は、ノイズレベルが見えないが、⑤では15dbはあるので、見えない分も推定すると20dbの差はある。これは、フローティングの悪い影響と思う。LP2020A+のVrが12時まで上げると⑥⑧の差は無い。この⑥⑧の場合の低域のバックグラウンドは少し差はある(~6db)にしても、⑤⑦ほど(~20db)は、差は無いと思われる。

 【結論】
 今回の改造前後での高調波歪は、測定のやり直しの結果では、差は無い。

 ■3)夏の暑さを少しでも快適にできるグッズ
 毎晩エアコンはしていますが、余り冷やすと節々が痛くなるのでそんなに温度は下げられません。そこでヒンヤリマットが重宝していますが、最近、買い換えました。今までのは、通常のジェルタイプで数年するとジェルが減ってしまって、効果が薄れてきました。今回買ったのは、塩入りジェルを使って冷やすとか。よう判らないですが、使ってみると、結構冷たく感じますし、塩無しジェルより朝までヒンヤリ感が持続します。

 当方が入手したのは、福岡の会社(名前は何かと似ています)の”スノー・プリンセス”という商品です。3000円台で売っていますが、塩を使ったのは他にもあるようです。欠点は、5.4Kgと少し重いことです。
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 620Aのエンクロージャー... | トップ | インパルス応答の理想系応答... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。