気ままなスナップ写真です。

スナップ写真を写して気ままな独り言
(写真をクリックすると大きくなります)

小樽から新千歳空港へ 難行苦行の行脚

2016-12-28 15:05:13 | 日記
雪による飛行機の欠航で、思いがけず小樽で宿泊し散策できた。
 
雪の降る中を夕食探しに街中へ。

翌朝はピーカンの天気。雪はしっかりと積もっていた。
 旧日本銀行 小樽支店
小樽には明治の建物が点在していた。

 小樽運河 雪の運河景色は趣がある。

ゆっくりしてしていられない。新千歳空港15時の便に乗らなくては。
JR小樽駅(上野駅に似ている)
雪のため、JRは札幌中心に運休。
復旧見込み予定が10時➡12時➡13時と遅くなっている。

高速バスで、札幌に向かうが、乗客多くて数台待って乗車、満席。
札幌周辺に近づくとバスは渋滞に入り、近郊で下車し、歩いて近くの地下鉄駅に向かう。

渋滞中
やっと札幌駅に到着。駅構内はJRの開通を待つ人で改札口周辺に人だかり。

駅前はタクシー待ちに長蛇の列、どこまでも長い列。空港行のバス乗り場に向かう、ここも超長い列。
暫く並ぶが、バスが一向に来ない。
噂では、新千歳空港まで車で2~3時間とか、、タクシーは一度出たら数時間戻って来ない事を意味する。

札幌駅13時・復旧見込みのJR情報に期待して、札幌駅構内に向かう。
釧路行の特急が12時50分頃動く、これに乗り南千歳で下車。
南千歳駅から路線バスを待つ、満員。運転手が「もう乗れない」と言っても押し込んで乗ってくる。
変な姿勢でバスに乗り空港に向かう。
14時頃 空港着。間に合った! 疲れた。


15時の便は、15:40に遅れるアナウンス。じーと待つ。
更に18時頃まで遅れて、実際に離陸したのは19時過ぎでした。


中国人観光客の傍若無人さ!
後日談で、このあと中国人たちが空港で大暴れとのこと。
確かに、北海道には中国人、韓国人旅行者がもの凄く多く感じた。
中でも中国人の若い男性の傍若無人ぶりには、目に余るものがある。

例えば、札幌では列に割り込むし、歩道で列を作っているとキャスター旅行バッグをぶつけてくるし、
実際、札幌駅改札口で釧路行の電車に乗ろうとしたら、中国人の若い男が肘鉄をぶつけてきた。
空港へ行く電車を待ってイライラしていた事だろうが、確信犯的な行動である。

日本の観光業者のために、悪質中国人旅行者で日本人が嫌な思いをしなければならないのか大きな疑問!!!
先般、銀座でも中国人の若い男が歩行者にぶつかって道を開けさせていたし、私にもぶつかってきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌 12月豪雪 50年ぶり | トップ | 2017年 初詣 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。