わいわい広場.ブログ村

初等中等教育に関する雑談です。
ご質問、ご意見には対応する記事のコメント欄をお使いください。

?H41%0:[H41-1.xlsx]のダウンロードと実行

2017-04-20 19:04:12 | 備忘録

@http://blog.goo.ne.jp/blogmura-yy/e/dce7bb9f484db44a7f3316cef3efc076
=?H41%0:[H41-1.xlsx]のダウンロードと実行
/


?H41%0:[H41-1.xlsx]のダウンロードと実行


[%5:セル値による実行制御].[?H21:MS Excelによる計算と描画]
エディタの負荷を軽減するため具体例を[&H41%0:計算の練習]で表示. 


基本は
「マクロ=」  :「0」でなければ実行しない(出力)
「スタート=」:数値の入力が終われば「1」(入力)
「ストップ=」:練習が終われば「1」(出力)
「エラー =」:答えが正しければ「0」(出力)
・他にオプションとして「定数=」:(入力)等.


・「スタート=」を「0」にして問題・解答を変更し,「1」にして計算する.
・解答が誤っていれば,「スタート=」は自動的に「0」になる.


%1:足し算の練習
[H41-1.xlsx]は[MS Office].[myDrive]からダウンロードできます.
%11:[H41-1.xlsx]のダウンロード


「[H41-1.xlsx]」を右クリックして「新しいタブで開く」を実行して「H41-1.xlsx」をクリックします


%12:「[H41-1.xlsx]」の実行
・新しいタブに表示されるエクセルのワークシートはそのままで実行できます.



%13:問題の変更
・「足される数」を



のように変えると「エラー=」が「1」になるので答えを訂正します.
%14:練習の終了
・「スタート=」が「1」で「エラー=」が「0」であれば,「ストップ=」が「1」になります.



%15:答えを隠す
・文字の色と背景色を同じにすると答えを隠せます.



%151:入力できるセルの制限
答えを隠しても,空きセルに「=123+789」を入力すれば答が分るので([H41-1.xlsx]は自習用教材です!),次のようにすればさぼれない教材を作れます.


[H41-1.xlsx]では,秘かにマクロを用いて(e.g.セル「D10」の値は「0」のままで背景色をシアンにする)選択できるセルを制限していることを明示する.




%16:計算時間を見る



「Excel timedifference microsoft」で検索すると


A:Start time=6/9/2007 10:35 AM
B:End time=6/9/2007 3:30 PM
の場合について
=TEXT(B2-A2,"h:mm:ss")
で時刻の差 (4:55:00)が得られることが例示されています(Start time,End timeは関数NOW()で取得).
・For more information about how to use these functions, see TEXT function and Display numbers as dates or times.


https://support.office.com/en-us/article/Calculate-the-difference-between-two-times-e1c78778-749b-49a3-b13e-737715505ff6?ui=en-US&rs=en-US&ad=US&fromAR=1
・日本語版は2 つの時刻間の差分を計算する - Excel
https://support.office.com/ja-jp/article/2-つの時刻間の差分を計算する-e1c78778-749b-49a3-b13e-737715505ff6
・セルに現在の日付と時刻を入力する - Excel
https://support.office.com/ja-jp/article/セルに現在の日付と時刻を入力する-b5663451-10b0-40ab-9e71-6b0ce5768138

%17:計算する桁数を増やす




%18:問題を作る
関数「RAND()」を用いて1桁の乱数を生成し,これを[H41-1.xlsx]の「足される数」や「足す数」に埋め込む.
・e.g.「M3」を「=INT(9*RAND()+0.5)」にする.

%181:同じ3桁の足し算でも「123+456」の方が「123+789」より易しい.
教えたい内容に対処する教材は[?H48%1:足し算の問題]を見てください.

%19:計算シートを拡大する
Excel のメニュー「ホーム」/「セル」/「書式」で「行の高さ」,「列の幅」を設定できます.
・フォントを変えても拡大できます.
・1年生にはセルを大きくするだけでなく「スタート=」や「エラー=」に背景色や顔文字を使う.




%2:引き算の練習%21:[H42-1.xlsx]のダウンロード

%28:教えたい内容に対処する教材は[?H48%2:引き算の問題]を見てください.
%3:掛け算の練習
%31:[H43-1.xlsx]のダウンロード
%38:教えたい内容に対処する教材は[?H48%3:掛け算の問題]を見てください.
%4:割り算の練習
%41:[H44-1.xlsx]のダウンロード
%48:教えたい内容に対処する教材は[?H48%4:割り算の問題]を見てください.

aa

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ?H48%4:割り算の問題 | トップ | ?H45%0:計算の練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

備忘録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。