山羊のひとり言

気が向いたら、コメント(匿名)でひとり言にひと言を

「魔女の笑窪」

2017-04-19 08:00:58 | 本と雑誌
大沢在昌の「魔女の笑窪」を夢中になって読みました。きわどい性的な表現、お話は好みではありませんが、巧みなストーリー展開と、ハードボイルドな世界観に浸ってしまいます。(きわどい表現の裏表として、そういう世界に棲む女性の悲惨さは浮彫になります)
どうしたら、こんな荒唐無稽なのに、リアル感を持ったお話が出来るのでしょうか?ついついストーリーにはまり込み、時間を忘れてしまいます。
また、ストーリーの中に、エッセイのように、巧に作者のメッセージを込めているところが、この作者の凄いところ。
結局、続編の「魔女の盟約」も読み始めました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鼻血が続く | トップ | 車窓の景色 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。