山羊のひとり言

気が向いたら、コメント(匿名)でひとり言にひと言を

「魔女の笑窪」

2017-04-19 08:00:58 | 本と雑誌
大沢在昌の「魔女の笑窪」を夢中になって読みました。きわどい性的な表現、お話は好みではありませんが、巧みなストーリー展開と、ハードボイルドな世界観に浸ってしまいます。(きわどい表現の裏表として、そういう世界に棲む女性の悲惨さは浮彫になります)
どうしたら、こんな荒唐無稽なのに、リアル感を持ったお話が出来るのでしょうか?ついついストーリーにはまり込み、時間を忘れてしまいます。
また、ストーリーの中に、エッセイのように、巧に作者のメッセージを込めているところが、この作者の凄いところ。
結局、続編の「魔女の盟約」も読み始めました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鼻血が続く | トップ | 車窓の景色 »

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事