山羊のひとり言

気が向いたら、コメント(匿名)でひとり言にひと言を

面白いけど・・・

2017-04-05 15:07:50 | ブログ
今読んでいる藤崎翔の「神様の裏の顔」ですが、読み易く、ストーリーも面白いのに、心の底が、どうも、ときめきません。何故だろうと考えていたら、文章の構成スタイルがしっくりこないようです。この作品は、各登場人物の独白が連携して、ひとつのお話を構成しています。
そういえば、読み切れなかった、たった三つの作品の内のひとつ、恩田陸の「中庭の出来事」も、文章構成が独特でした。
主人公視点でも、作家視点でも良いのですが、叙述形式で、事実を追っていくスタイルが好きなようですね。自分でも、何故そうなのか不思議ですが、今後、作品を選ぶ時に参考にしたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春雷 | トップ | ちょっといい話 »

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。