blog

gooBlog

Google、『Chrome OS』搭載ノートパソコンを初披露

2017-06-16 09:29:25 | 日記





Google は7日、『Chrome OS』を搭載したノートパソコンのテストモデルを初めて披露した。従来とは異なり、内蔵ストレージではなくクラウドにあるサービスやアプリケーションを利用するノートパソコンだ。

Google は2009年11月、2010年のホリデーシーズンまでには新ノートパソコンを投入するとの見通しを示していたが、これについては若干の修正を余儀なくされた。新たな見通しによれば、Intel の『Atom』プロセッサを搭載した Chrome OS ノートパソコンの第1弾は、パートナー企業の Acer と Samsung Electronics から2011年半ばまでにリリースされるという。

だが Google によれば、数千人の同社社員がプロトタイプの社内テストを行なっているほか、American Airlines、Cardinal Health、Kraft、Virgin Air といった多くの企業が参加するパイロットプログラムを開始し、新ノートパソコンをテストするという。テスト用のマシンはノーブランドで、電源投入とほぼ同時にアクセス可能な半導体ドライブ (SSD) と12.1インチディスプレイのほか、複数の高度なセキュリティ機能を備えている。

Google は新パソコンのデモにおいて、ほんの数ステップで真新しい Chrome OS ノートパソコンにログインして Web に接続できることを証明した。接続までの所要時間は1分未満で、ユーザーが登録を済ませている場合には、それよりもさらに短時間で接続できる。

Google の製品管理担当ディレクタで Chrome OS ノートパソコン プロジェクトを率いる Sundar Pichai 氏は、サンフランシスコで開催されたメディア向けイベントで次のように語った。「企業の CIO (最高情報責任者) から寄せられる関心の高さに驚いた。問い合わせの電話が殺到した」

Sundar 氏によれば、CIO らが特に高い関心を寄せたのは、総所有コスト (TCO) の低さだという。これには、起動時に OS とアプリケーションを自動で最新版に更新する機能が大きく寄与している。また、Chrome OS ではマルウェアと見なしたものをいわゆる「サンドボックス」に保存するため、その影響はブラウザ内にとどまり、クラウドに保存されているユーザーファイルは保護される。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 染谷将太×園子温のドラマ「み... | トップ | 研究不正疑惑「全学生に説明... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。