MORI@今日このごろ

島津亜矢さんを応援しています。亜矢姫のことや日々の出来事を気が向いた時に・・・

門松作り

2016-12-28 10:11:21 | 出来事
またまた数ヵ月振りの更新になってしまいました(^^;。

今年も今日を含めて残り四日となりました。いいこと、悪いこと、色んなことがあった一年でしたが、自分にとっては広島カープの25年振りリーグ優勝、大ファンである島津亜矢さんの2年連続紅白歌合戦出場が2大うれしいトピックでした(^^)v。

さて、今年も門松を作りました。
竹は近所の竹やぶに売るほどあります(笑)。松は近くには無いのですが、少し山に入ればいくらでも生えています。梅や南天は庭先で調達できます。

 

まずは竹を斜めに切るのですが、これは少し注意が必要です。竹は左右で6本必要なのですが、全ての竹をほぼ同じような角度にしておかないと3本を束ねた時にきれいに見えません。もう一つは切る方向です。太い方から細い方に向けて切らないと切り口が裂けて表皮がはがれてしまいます。

 

斜めに切った竹を3本に束ねるわけですが、最初に一番高い竹を75センチに切り、後の2本はそれに切り口が合うように高さを揃えて切りました。そして3本を束ねて上下2箇所を紐で縛っておきます。この時、竹の節同士がぶつかって上手く束ねられないこともあるのですが、その時はぶつかる部分の節を少し削ってやると束ね易くなります。

 

門松を立てる入れ物はプラスチックの鉢をわらのコモで巻いて作りました。そして3箇所を黒紐で巻いたのですが、一番上は7巻き、真ん中は5巻き、一番下は3巻きになっています。つまり、「七五三」というわけですが縁起物なのでこの方がいいようです。あとはこの三つを紐で結んで絆を表しています。

入れ物に立てた竹を砂を入れて固定していくのですが、立てる位置は中心より少し後ろにして前のスペースを広めに取った方が飾りつけ作業がやり易くなります。一端、砂を入れてしまうと後からの調整は難しいですから竹の向き等は十分確認しながらやる必要があります。

竹が固定されたら葉ボタン、松、梅、南天等を飾り付けていきます。この辺りの作業は好みの問題ですから自分のセンスで自由にやればいいと思います。

 

完成!。そして本日、玄関前に設置しました。

 

今年もチューリップを植えました。昨年は600球を使って「AYA」の文字を作ったのですが、今年は1000球使いました。デザイン図を元に畑に小さな印を付けて一球ずつ穴を掘り植えていきました。

 

1000球の球根ですから植えるだけで丸2日掛かったのですが、上手く咲いてくれることを願うだけです。来年のデザインは・・・何となくわかりますか?。乞うご期待です。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤トンボ | トップ | 航空写真 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む