MORI@今日このごろ

島津亜矢さんを応援しています。亜矢姫のことや日々の出来事を気が向いた時に・・・

薔薇とシンフォニー

2016-03-01 13:30:18 | 亜矢姫
2月28日、午前7時半に自宅を出発しました。地元の道の駅から高速バスで広島駅、そして新幹線でいざ東京へ!東京駅から地下鉄丸の内線、日比谷線と乗り継いでたどり着いたのはここです。



何のために田舎者のおやじが若者の街六本木なんぞへ?昔は仕事でもちょくちょく上京していたのですが、最近はこういうこと以外で上京することは殆どありません(^^;)。



ここは「EXシアター六本木」というライブハウスです。ライブハウスといってもスタンディングで約1700人、シッティングでは1000人収容できます。そのEXシアター六本木で2月28日、29日の二日間(3公演)、こんなコラボレーションが開催されました。



・・・薔薇とシンフォニー特別企画・・・
「元宝塚の歌人と演歌の至宝が交錯するデュオ、まさに贅沢な時間と空間」
(パンフレットのキャッチコピーより)
宝塚「宙組」のトップスターだった姿月あさとさん、私たち亜矢姫ファンがこよなく愛する島津亜矢さん。こんな考えもしなかったようなジョイントコンサートが実現するとは・・・。

六本木駅から会場に向かっていると途中で亜矢友の横浜さんと遭遇しました。入場開始時刻まで全国各地から参集された亜矢友様方と話をしていたのですが、次第に周辺は沢山の人だかりができて会場前の歩道まで人があふれるようになりました。このEXシアターという会場でこれまで演歌コンサートなどが開催されたことはないと思いますから、おそらく道行く人たちは「この高齢者の集団はいったい何なんだ?」と思われたことでしょう(笑)。



予定時刻を15分くらい遅れて開場になり中に入るとお祝いのスタンド花がたくさん飾られていました。あのIKKOさんからも、そしてN○K歌謡コンサートさんからも。

席は5列目のど真ん中でした。お隣の席はよーく知っている亜矢友のH田さんでした。1000人の会場はほぼ満席でした。バンドのメンバーが着席していよいよ開演です。普通のコンサートでは開演で緞帳が上がっていくのですが、ここにはそんなものはありません。

最初の曲はデュエットで「ワインレッドの心」。ステージ右から姿月あさとさん登場。豪華なシルバーのドレス姿です。背が高い!細い!綺麗!やはり元宝塚のトップスターです。男役だっただけに歌声は少しハスキーがかった低音ボイスです。

続いてステージ左から亜矢姫登場。いつものコンサートでは最初から「亜矢ちゃーん」の掛け声が凄いのですが、この日はまだどのように対応していいのかわからずおとなし目の亜矢友様たちでした。

ただ次第に掛け声も掛かるようになり途中のトークで姿月さんが「いつも亜矢ちゃーんって声が掛かるのですか」と不思議そうに聞いていました。そして自分たちのコンサートでは殆どが女性客なので男性客の多いのにびっくりされていました。



盛り沢山の内容で全て良かったのですが、いちいち書いていたらとても書ききれません。その中で特に印象に残った曲は、亜矢姫は「メリー・ジェーン」と「漁歌」、姿月さんは「夜明け」とタイトルがわからないのですがアンコールで歌われた曲でした。そして今回はバンドさんも素晴らしい!特に「漁歌」は亜矢姫とバンドが真剣勝負しているような凄い迫力でした。

15分の休憩を挟んで予定されていたプログラムが全て終了して場内が暗くなりましたが、幕はありませんからステージは見えています。お二人は既に退場されているのですがバンドメンバーはまだ残っています。客席からは半信半疑ながらアンコールを求めて拍手はずっと続いていました。

すると場内が再び明るくなってバンド演奏が始まりました。そしてステージ奥の高い場所に衣装替えされた姿月さんが再登場されました。姿月さんが歌い終わり今度は亜矢姫が・・・なんと真っ赤なロングドレスです!まさかアンコールでドレス姿を見せてくれるとは!びっくりぽんでした。

ソロで一曲づつ歌って最後はデュエットでこれまた予想外の「アナと雪の女王」でした。この歌は亜矢姫では聞いたことがなかったのですがとても良かったです。亜矢姫が歌うとどういう感じになるかだいたい想像できると思います。はい、そういう感じです(^^)v。

15時30分開演、終わったのは18時15分でした。外に出ると既に真っ暗でした。出待ちしたかったのですが19時半に東京の知り合いと待ち合わせていたので後ろ髪を引かれる思いで亜矢友様にご挨拶して会場をあとにしました。めったに見ることのできないとても素晴らしいステージでした。

セットリスト
(第一部)
1.ワインレッドの心(デュエット) 2.I WILL ALLWAYS LOVE YOU(島津) 3.ジェラシー(姿月)
4.帰らんちゃよか(島津) 5.聖母たちのララバイ(島津) 6.My Way(島津)
7.さよならの向う側(姿月) 8.天城越え(姿月) 9.桃色吐息(姿月) 10.山河(島津)
11.悲しい酒(島津) 12.愛燦々(姿月) 13.夜桜お七(姿月) 14.見上げてごらん夜の星を(デュエット)
(第二部)
1.渚のシンドバット(デュエット) 2.みずいろの雨(姿月) 3.時の流れに身をまかせ(姿月)
4.夜桜挽花(島津) 5.感謝状~母へのメッセージ~(島津) 6.カサブランカ・ダンディ(姿月)
7.メリー・ジェーン(島津) 8.J-POPメドレー10曲(ソロ&デュエット) 9.漁歌(島津)
10.夜明け(姿月) 11.黄昏のビギン(デュエット)
(アンコール)
1.タイトル不明(姿月) 2.見果てぬ夢(島津) 3.アナと雪の女王(デュエット)




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加