栃木発「ちゃりあん」ブログ2

日常の「あたりまえ」を、より深く。

5月になっても「桜」を愛でる ~その2~  茂木町・城山公園へ「ウコン桜」に逢いにゆく

2017-05-19 23:31:58 | 桜の開花情報
桜色、といえば「淡いピンク」をイメージするものだが


実際の桜の色、といえば


白だったり、ピンクだったり、紅だったりします。


それでも


ソメイヨシノが大勢を占める桜の国・日本では


4月=淡いピンクの桜色が「桜」そのものと捉えられている。


だから、5月になれば


青森や北海道で「桜が満開」を迎えるけれど



ソメイヨシノが葉桜になってしまう、関東地方では


「東京がマスコミの中枢」である以上、「5月に桜」なんてあり得ない話であります。



しかしながら



僕らは知ってしまいました。



キイロや緑の花を咲かせる「遅咲きの桜」を・・・




栃木県内ではちょうど5月の初め、まさにゴールデンウィーク真っ只中のころ



満開になる「ピンク色ではない桜の花」があります。



キイロの「ウコン桜」と緑の「ギョイコウ」です。



実は昨年まで、この2種類が同じ場所に植えられていることを知った僕らは



毎年、この時期になると観察のため出かけておりました。



しかしながら、元々、この場所は私有地であり、その関係で「いつでも自由に立ち入れる」ことはできない環境にありました。



そこで今年は新たな「うこん」「ぎょいこう」を観察できる場所を探すことになったのですが



そんな最中、



那珂川町の知り合いの方の「黄色い桜の品種を知りたい」話がSNSに投稿されたのを僕は見つけました。


先述の通り、認識としては「ギョイコウ」と判断したので



「つぎはウコンを・・」ということになったのですが




さすがに旬ですね、こんどは那須塩原市の知り合いの方から「黄色い桜」の投稿がSNSにあり



詳しく話を聞いてみると



やはり「ギョイコウでした」とのこと。



うーん・・・ウコンはぱっとしないかなぁ・・・



あきらめていた、そのとき。




僕が読者登録させていただいているブロガーさんが「ウコン桜が満開」との記事を投稿されたのです。




場所は茂木。



町自体は何度も出かけているところでしたが



紹介されていた場所は初めてのところでした。



「・・・これはゆくしかない」




彼女に内緒で5月4日の昼、向かったのは茂木町でした。




まずはお昼を・・・ということになりましたが



さすがに道の駅は混雑していますので、ほかに探すのですが




なかなか思うようにはゆきません。



「とにかく営業しているところがあったら入ってみよう」



・・・・


ちょっとあきらめかけていた、その時



「ここにしよう」






営業中ののぼりを発見。即、お邪魔することに。




ランチはここ







ダイニングバー 翠(かわせみ)



〒321-3531

茂木町茂木209-4


0285-77-4840



日曜日は11時30分から14時までの営業。



いろいろあるメニューから僕が選んだのは・・・







パスタのランチセット。



麺とソースがそれぞれ選べる、ということで



「麺はフェトチーネ、ソースはプタネスカ」







ランチはサラダ付きで1000円。







麺は太めで、ソースはめちゃ辛め。







とてもオシャレなお店で休日をまったりしました。




・・・・・



そこから車で数分。






城山公園の看板を曲がり・・・








てっぺんの「第3駐車場」へ。



・・・・




駐車場には数台車が止まっていました。






城山公園。



その名の通り、茂木城の城跡らしい。






駐車場から城山公園は「左」






階段を上ると・・・












遊具のある広い芝生の公園が広がっていました。









眼下には市街地が広がり・・・・





タイミングが合えば


真岡鉄道のSL(蒸気機関車)も観られるようで。



四角く囲まれた公園の木々をさっそくチェック。




・・そうそう、ここへ来た目的は「「ウコン桜」を見つけること。



しかしながら



葉桜となったソメイヨシノはたくさんありますが



黄色い花のウコン桜はどこにも見当たりません。






奥へ進み、垣根の隙間から土塁の上へ。






土塁から西側は森ばかり。



茂る木々は緑の葉ばかり・・・



ブログの記事からそんなに時間は経過していないのにおかしいなぁ・・・そう思いながらも簡単には見つからなかったのですが・・・



「あれ?」






土塁上にピンクの花びらがたくさん散っているではありませんか。


まさに桜の花びら。


上を向くと


「あぁぁぁ・・・」



見つけました。ピンクの桜を。












































残念ながら「てんぐ巣病」らしき枯れた葉もありましたが


まだまだ元気のようでした。







土塁の傾斜部には

























城の遺構でしょうか?






つつじ等がたくさん咲いておりました。













公園の北側には広大な城の跡地が広がっていますが



桜の花を探すのが目的なので今回は眺めるだけ。


※後日わかったことですが、このなかに「仙台屋」という散った後の桜の品種が植えられていることが判明しました。





木道もあるので、またの機会に散策したいなぁ。。。
















カエデの木の下に明らかにソメイヨシノの「がく」の落ちた集まりが。


きっと風で寄せ集められてしまったものでしょう。











でもって・・・


さっきの「ピンクの桜」が


「散る間際にピンクになるウコンであろう」と勝手に決め込んで納得しようとしていたのですが


実はどうもしっくりこない。



「もう帰ろう」


駐車場に戻ってきたとき



城山公園とは反対側の「橋の先」に


なにか咲いているのが目に入りました。






それが「何か」はここからではわかりませんが


ピンクの花が咲いているのはわかりました。


「ちょっと行ってみよう」


あまり積極的ではなかった彼女を引き連れ



「せっかくだから」と橋を渡る。






すると・・・



「あれ?」






そこは遅咲き種の八重桜「カンザン」の並木道があったのです。






そして・・・



「ウコンあるじゃん」






「・・・・」


さっきのピンクの桜はいったい・・・








明らかに「ウコン桜」でした。







ウコン桜はキイロですが


時間がたち、散り際になるとピンクに変わります。







これから咲くものもありました。

















ピンクと白の花。 これが同じ樹に咲いているのはぱっと見、不思議です。















改めまして、ウコン桜です。



























カンザンによる、さくらのじゅうたん



ピンクのカンザン、黄色のウコン



これ以外に



1本だけひと際目立つ「白い花の樹」がありました。


















































































残念ながら、この白い桜の品種も今回は特定することができませんでした。



多くのサンプルを収集しましたので、次回、訪れたときに本格的な特定ができればと思います。







左・ウコン 右・カンザン 中・品種不明



3色セットがそろう場所。







再びカンザンの並木。

















改めましてカンザンです。







カンザンの並木の脇に「やぐら」がありましたので、ここにも上がってきました。







ここからの桜の風景もさぞキレイなことでしょう。



帰り道、駐車場から下る途中に・・・







「たばこ神社」なるものを看板に発見。



寄ってみることに。







これが「たばこ神社」です。


狛犬はおりますが



大きくはありません。



せっかくなのでお参りして下山します。



・・・






さっき上った「やぐら」が市街地からも見えました。







奥に見える山が城山公園です。



手に取るように観察ができるウコン桜のポイントをこうして見つけることができました。


来年はぜひ、蕾の段階から観察したいと思ってます。


アッ、そうそう、品種不明の桜の特定もね。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月になっても「桜」を愛で... | トップ | 一度はこの目で見てみたい!... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL