栃木発「ちゃりあん」ブログ2

日常の「あたりまえ」を、より深く。

2017年・サクラ満開スペシャル!  大田原市内「桜の定点観察」第7週その2 2017.4.16

2017-04-20 23:42:03 | 桜の開花情報
日本のテレビ局は「在京キー局」・・・つまり「東京中心」に動いているため


もう桜の話はほとんどしなくなった。


東京のソメイヨシノが散ってしまえば


弘前などの「地方の大きな桜の名所」が満開にならない限りは



桜の中継など・・・まずやらない。



その影響はブログにもあって


この時期になると、さすがにアクセス数は激減する(笑)



・・・まぁ、毎週、更新していると「新鮮味」もないし



飽きられてしまうのも事実ではあるが



満開が過ぎても




桜には人々を魅了させるなにかがある。



それをありのまま伝えること。



それが大事。


・・・だから、やめない。



① 大田原市 ふれあいの丘 カンザン







遠くから見ると、とても桜の樹とは思えないが













もう、開花しているかも。














続いては・・・・



「大田原市 龍城公園にて『お花見』ランチ」


定点観察の合間に彼女とお花見。


重い荷物を持って、高台に上ります。







元の消防署跡が広い駐車場になりました。



今年の大田原市の「さくらまつり」は16日まで。


つまり、最終日。



街中では「屋台まつり」が開催されていて



お囃子の音色がここまで聞こえる。



天気も良く、絶好のお花見日和だ。



そのためか、駐車場の車の数は多い。



「座るところあるかな・・・」







クルマは入らないので安心して歩ける。







散った花びらでピンクに染まる三日月堀。







震災で多くの樹が倒れ



なんとなくスカスカに思え、以前の桜のトンネルがとても懐かしく感じる。














あれ?



下の駐車場の車の数に対して



意外と、花見客が少ない印象。



それでも



人気の「日陰」は埋まっているようだった。



僕らも日陰を見つけてシートを敷いた。



出入り口付近とあって



すっごく見られるのが難点であるけれど(笑)








桜の花じゅうたん







もう20年近い「ほんやら堂のなまけたろう」と最近いただいた「与一くん」をモデルに記念撮影。






彼女が作ってくれたお花見ランチ。










元祖・撮る人を撮る。。。






舞い落ちる花びらがくっついたオニギリとともに。












ずっと気になっていた車が動き出しました。



お花見をすでに行っていたグループが撤収です。



このグループ、「車両通行止めを無視して進入した非常識な面々」であります/font>/strong>






この自転車も、ゲートの内側に止めていた始末。。。





だめだよ、勝手なことしちゃ!


いい大人が恥ずかしい!







大きなレンズで、いったい何を撮っているのだろうか?



もっと近づいて、小さなレンズで撮ったらいいと思うけど、どうなんだろう?


反対側の並木を撮るなら大きなレンズはいらないし


接写で花を撮りたいなら、もっと樹に近づいて土塁の上から撮ればいいと思うけど。。。


よくわからないけど


「かっこつけ」カメラマンが多いような気がする。



プロだって、いくつものカメラを使い分けて撮るはず。



私のカメラの師匠は「使い捨てカメラ」で「一眼レフなみの」写真を撮れるコツをテレビで披露していた。



つまり「センス」の問題。



私はいまだに一眼レフは使えない。



それに見合う「センス」と「技量」がないのがわかるからだ。


コンデジで十分なのだ。



















風が吹くたびに花びらが増えてゆく。



うまく動画で撮れないのが悔やまれるが



龍城公園の「桜吹雪」は圧巻である。































男性が見えなくなるくらいの「猛吹雪」(笑)



さて「定点観察」に戻りますか。。。










「龍城公園のエドヒガン」







桜吹雪が猛吹雪・・・ということは・・・






土塁の上ではもっと「強風」ということを意味する。



だから


なかなかピントが合わない。。。







満開期のピークは過ぎているのがわかるが






まだ踏ん張るものも多い。






「龍城公園 ソメイヨシノ」











風に煽られ、花びらに「強い張り」がなくなっている。










やはり、ここでも早い部分は緑の枝葉が伸びている。











「花てまり」もピークを過ぎると茎が目立つようになる。






























「龍頭公園」



龍城公園から北、歩道橋を渡った先にあるのが龍頭公園。



大田原神社の境内の下にあって



急こう配の坂を車で上がる必要があるので、意外と穴場。







「龍頭公園のトイレ前のシダレザクラ」











































先週開花した。



「龍頭公園の河津桜」











葉がとても大きい。















もう少しで果実が現れる。










チャリダーさんと、お散歩のわんちゃん



「龍頭公園のカンザクラ」






















標本木以外の樹で見つけた果実。
















・・・これは桜ではありませんけども。。。












来週はどれくらい花びらが残っていることでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年・サクラ満開スペ... | トップ | 2017年・サクラ散り際の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL