栃木発「ちゃりあん」ブログ2

日常の「あたりまえ」を、より深く。

東日本大震災の記憶をたどる~道の駅「きつれがわ」で足湯をつかる~

2015-02-02 21:52:08 | 日記
さくら市喜連川。


僕の住む街の南に隣接する城下町。


2011年3月11日の東日本大震災の発生により


喜連川のシンボル「お丸山公園」は


それ以降、いまだ立ち入り禁止のままとなっています。


てっぺんの城跡部分には


駐車場が整備され


温泉に


スカイタワー


物産センターに



「足湯」などがありました。



2005年。


お丸山に足湯が整備されました。


画像は残っていませんが


オープンした「足湯」を目当てに独りで出かけたデビュー戦は


夕方時間切れにつき、お湯が抜かれていた・・・というものでした。






そして2回目の雪辱戦。


2007年4月25日。


平日の午後だったと思います。


なんとか終了ギリギリに


独りで足湯を満喫することができたわけです。






ちなみに

相方さんと二人で

お丸山公園の足湯につかったのは


2010年4月13日。


僕が「桜の定点観察」で最終ポイントの喜連川を訪れた際


相方さんを呼んで


一緒に「お花見」をしながら歩いたときだった。


震災の起こる前の年のこと。



「また来年もサクラの頃に来よう・・・」


そんな会話をしたのが


お丸山を歩く最後になるとは


夢にも思っていなかった。





現在は廃止されている「スカイタワー」最上階の展望室から「足湯」を撮影したもの。


そして・・・




震災から3か月後の


2011年4月15日の画像。


お丸山公園は立ち入り禁止となり


タワー右下にある「足湯」は


屋根が崩れ


ブルーシートで覆われていた。





こちらは


昨年の4月7日の画像。


さくら市が桜の開花期間中に限り「一般公開」したときに撮影した「足湯の跡」


お丸山公園の足湯は


震災で廃止となったが


今後の予定が定まらないため解体ができず


このままになっているようだった。



・・・


この足湯は無料ということもあり


とても人気があった。


お丸山が閉鎖され


「復活」を望む声が多い中


震災の翌年・2012年11月24日に


道の駅「きつれがわ」に





「足湯」がオープンしました。


この足湯は


お丸山公園の足湯が「移転リニューアル」したものです。



僕らにとっては


思い入れのある「足湯」なのです。


ただし・・・


道の駅という立地です。


頻繁に訪れていますが


いつ来ても足湯は「満員御礼」状態。


さすがに


並んでまでというものではありません。


「ゆっくり」楽しめるときに入れればいいんです。



そう思って



時は流れました。



2015年2月1日。


僕が「この日」と決めた日。






オープンの10時30分に合わせて


一路、道の駅「きつれがわ」へ。





5分前くらいから人が集まり出します。


相変わらず人気です。






スタッフさんが検温をした後


入場開始です。





入口外側には

「手湯」もありますが

冬季はお休みとのこと。





中に入ると


まず利用方法を確認






足を洗ってから浴場へ





スタート第1組の最後に僕が座り満席。


外を眺めます。





窓は換気の関係で開けてありますが


さすがに寒くはありません。






ジャグジータイプで泡がぶくぶく・・・


とても気持ちが良いですが


入る前に足を洗った水が冷たかったので


僕と相方さんは


足湯が熱く感じて


慣れるまで苦戦を強いられました。








満席の足湯は


湯気も熱気もムンムンです(笑)


・・・そうそう

ムンムン・・・といえば





足湯浴場内に


「温泉たまご」蒸し器なるものが。




道の駅の直売所で販売しているタマゴを買って


ネットごと持参して



ここで温泉卵はいかがですか・・・っていうアイデア。


ちょうど

僕らが入浴中に

さっそく利用している方がいらっしゃいました。


蒸すまで約30分。


どんな出来なのか


見たかったです・・・





・・・見たかった、といえば


この足湯。


外から中をのぞきこむ人も多いです。


※僕らも訪れるたびに満席の足湯をのぞきこんでいました。


↑これは「入れるかなって確認のためです」(笑)





靴箱・ロッカー・足洗い場は


別箇になっています。



なんとなくお部屋で足湯って感じがくつろげる構造になっています。






足湯を設置した経緯が書かれています。





また喜連川温泉が「日本3大美人の湯」であることも紹介されています。





僕らは昨年参加しましたが


今度の休日「2月8日」には


コンタ君祭りが道の駅きつれがわで開催されます。





カレンダーも配布中です。


もちろん・・・





足湯だけでなく


温泉もございます。





利用者が累計1500万人達成の


道の駅きつれがわに


ぜひ遊びに来てください。


そして


震災復興の第1弾「足湯」も


ぜひご利用ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大田原にもあるある「南ヶ丘... | トップ | 霊芝(れいし)を使ったパンを... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL