旅たび写真缶

小さい旅から大きい旅まで、時にはいい歳して恥ずかしい旅まで、写真旅日記。

蔵王の紅葉

2016-10-25 | 旅行記

2016年10月24日

気象協会の紅葉情報を見ていたら、宮城蔵王の滝見台が見ごろとあったので、さっそく行って来ました。

仙台南インターから東北自動車道を南下、村田ICで降りるつもりだったがスキー場に行く時のクセで山形自動車道に入ってしまい、あわてて宮城川崎ICで一般道へ。

青根温泉経由で蔵王エコーラインに入った。

               ≪蔵王エコーライン 宮城県側≫

蔵王エコーラインに入ってすぐは、さすがに紅葉は始まったばかり。

ひたすら宮城蔵王の滝見台を目指す。

一時間ちょっとで着く予定だったが、ナンダカンダで一時間ニ十分ほどで滝見台に到着。

月曜日だというのに駐車場が満杯状態だったが、なんとか一番いいところに駐車できた。

              ≪不動滝≫

              ≪三階滝≫

三階滝、不動滝付近はザンネンながら逆行気味のうえ日陰の中。

その上、紅葉が美しくない。色づいていない木々も多くみられるので、チョット早すぎたかとも思えるのだが・・・。

ということは、もっと上に行けば紅葉の良いところがあるのではないか・・・と再び車を走らせた。

 

結局、感動するような場面にでくわすこともなく、山頂付近を通り過ぎて山形側の蔵王温泉街に到着。

 

                 ≪蔵王ロープウエイ山麓線≫

予定していたわけではないが、成り行きでロープウエイに乗ることにした。

空模様が怪しくなってきたのだが・・・。

さらに山頂線に乗り継いで、地蔵山頂駅を目指す。

 

             ≪蔵王ロープウエイ 山頂線≫

山頂線が動き出したところで、雲の中に突入。紅葉は良いのか悪いのか、五里霧中。

 

地蔵山頂駅の寒暖計は、最初-3℃だったが、太陽が出てきたら-0.6℃

秋の紅葉を見に来たハズなのに、いっきに冬。

駅から出ないでレストランに直行。とりあえず、身体を温める飲み物を・・・ということで、不思議なメニューの組み合わせ。

同伴者が、どうしても帰りにソバを喰いたいと言うので、昼飯はここではオアズケ。

山頂駅のレストランから外を見ると、ナント世界は真っ白。

雪かと思ったが、よく見ると木々の枝についた「霧氷」。

エビのシッポ状態のところもあるので、「樹氷」の赤ちゃんとも言えなくもない。

 

レストランの窓辺の席に腰を落ち着けたあたりで、強風でガスが流され視界が良好になった。霧氷の樹林帯の下に紅葉の樹林帯が広がり、さらに下に山形市街地という珍しい景色になった。

レストランで温まった後は、外に出てチョットだけ散策。

強烈な寒さの中を、お地蔵さんにお参り。

                   ≪蔵王地蔵尊≫

日当たりの良いお地蔵さんは暖かそうに見えるが、背景の北斜面はすでに冬の装い。

                 ≪蔵王ロープウエイから見た鳥兜山≫

秋の空は変わりやすい。下りのロープウエイは、往路とは一転して視界良好。

(注意:太陽が当たっていると今が盛りの紅葉の様に写りますが、実際は終わっています。)

お土産に月山ビールをゴッソリ買った後、十割ソバを目いっぱい食べて、仙台に戻りました。

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五大明王と帝釈天 | トップ | 室生寺の紅葉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。