超大学生の追究日誌

無味乾燥な大学課題を超えた社会課題を発掘し、追究するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実は普通の大学生だという真実

2011年10月06日 17時51分01秒 | 政治
一年半前からブログをスタートして、大学からの逃避に埋もれていた時期もあれば(半大学生)、テーマを設定して本当に「追究」して長い文章を書きまくっていた時期もある(超大学生)。そして今、自分自身について思うのが、自分はごく普通の大学生だということ。周りより特に抜きん出ているわけでもなければ、異常なわけでもない。全然、周りと大差ない。そんな簡単なことに、ようやく気づいている自分がいる。

普通。それは、残念な現実ではない。むしろそう思えてよかった。変に「自分は違う」と特別意識を持ったところで、何もプラスにならない。周りと同じになることを拒んだり、度が過ぎれば見下げたりして、自分が苦しくなるだけだった。それに、周りとの意識が合ってきたということは、それだけ周りに同化できて、心が安定してるということ。

普通の俺は、多くの人と同じように得意なことや不得手なことがあって、得意なことを伸ばしつつ、不得手なことを克服しようとする。誰でも備えようとする仕事能力だとか、コミュニケーション能力だとか。
そして、周りの普通の人と、多くの普通のことを共有していく。人の役に立つ喜びだとか、成長するのに大切なこととか、気になった出来事とか。
普通になればなるほど、普通の感覚のみんなと多くのことが共有できる。普通に成長したいみんなと、どうしたら成長できるか話し合える。普通に充足を求めているみんなと、もっと充足を共有できる。

だから、自分が過去に築いたこだわり、観念世界、自分意識、きれいさっぱり捨て去ればいい。変である必要は一切無いけど、普通である必要はある。ああ、こんな単純な真実、よく今まで間逆に考えてきたもんだ。

普通になればなるほど、どんどん可能性は広がっていく。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんで、こんなことになって... | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (SSS)
2010-04-25 12:34:27
初めまして。

私もかなり周りとは違うと意識していた時期がありました。けれど、所詮自分が持っているものなど、大人のそれと比べれば同じ次元(同程度)であるし、誇れるものではなかったと最近気づきました。

あなたと同様、それに気づけてうれしかった。普通なんだ。僕は。求めているものも、感じていることも。

可能性が開けた気がして、僕には清々しかったです。
SSSさんへ (普通の大学生)
2010-04-26 08:46:04
こちらこそ初めまして!
嬉しいコメントありがとうございます。

ホントに、心の底で求めているものが同じ、って認識すると安心しますよね。

だからこそ、ズレてるかもって思うことでも、恐れず発信していけば、どんどん普通になれるかなっておもいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
“普天間問題”は、政権を揺さぶるための単なるカードの一つに過ぎない。 (にほん民族解放戦線^o^)
最近の鳩山首相は何をやっても何を言ってもマスコミに批判され続け、ついに世論調査で内閣支持率が20%を割り込む(http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_pol_cabinet-support-cgraph時事通信)事...