新しい靴と写真

思いつくままPhoto.blog

7回目のイブ

2016-12-24 23:25:23 | 目にしたもの

7年前のクリスマスイブ。


ひとりの若き天才が天に召された。









当時、フジファブリックのヴォーカル・ギターを担当していた志村正彦さん。








彼が生み出す数々の曲は多くの若者の魂を揺さぶった。







そして私もまた、そのひとり。
















今日も日付が変わった0:00ジャストから様々なSNSに彼を偲ぶたくさんのコメントがアップされた。





何年経っても同じ気持ちでこの日を迎える仲間。









まだまだこれからという時に29歳の若さで急逝。






本当に残念でならない。











彼の故郷、富士吉田市では防災無線で町に流れる夕方5時のチャイムがこの時期だけ「若者のすべて」になる。








この音色を聴きに、今も全国から数多くのファンが富士吉田の町に集うという。

















私も今日はこの曲を何度も繰り返し聴いた。









そしてもうすぐ7回目のイブが終わる。






フジファブリック「若者のすべて」




AX






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今年70冊目 | トップ | チョコに救われた日々 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nemu)
2016-12-25 18:47:19
初めて聞きました。
詩はちょっと難しいけど良い曲ですね。
「途切れた夢の続きを取り戻したくなって・・」この気持ち、
私の齢になってもよく分かるなー

>nemuさん (We)
2016-12-26 22:34:27
中性的な顔立ちとすっと入ってくる優しげな声、青春と呼ばれる時代に誰もが経験し切ない心を揺さぶられるフレーズ。
同業アーティストの中にもはるか年下の彼をリスペクトする人が多く、奥田民生さんは自分のライブで彼の楽曲を歌い、観客の前で大粒の涙をボロボロこぼしたのは有名な話し。
ミスチルの桜井和寿さんやスピッツの草野マサムネさん、藤井フミヤさんの他に柴咲コウさんも「若者のすべて」にインスパイアされてカバーを歌っています。
本当にあの若さでもったいない・・・
ただただ悔やまれます。

コメントを投稿