円ジョイと師匠の独り言

お笑い演芸と音楽と食の時事ネタ掘り出し物エンターテイメント

75年前から進歩してない日本

2017-05-19 19:51:28 | マスター独り言
本日5月19日の「朝日新聞夕刊」は75年前の「朝日新聞夕刊」のカーボンコピーのようだった。 平成の治安維持法と呼ばれた「共謀罪」は首相欠席で国会審議打ち切りされ与党により強行採決された。 75年前の大日本帝国軍事政権も国民の戦争批判の言論弾圧のための治安維持法を国会審議を打ち切りして強行採決されたのだ。 

日本は75年前と同じ暴挙を進歩なしに繰り返しているのだ。 同じ失敗を反省なく繰り返すのはバカと言うが、平和憲法改正も昔の日本じゃないから軍国主義にならない!とネトウヨや日本会議や公明党は言うが、憲法改正したらまた日本はアジア人や自国民を虐殺や玉砕する不幸や悲劇を繰り返さないとは思えないアベ政権である。

治安維持法(ちあんいじほう、昭和16年(1941年)3月10日法律第54号)は、国体)や私有財産の法律。当初は、1925年に大正14年4月22日法律第46号として制定され、1941年に全部改正された。

とくに共産主義革命運動の激化を懸念したものといわれているが、やがて宗教団体や、右翼活動、自由主義等、政府批判は一般市民すべて弾圧・粛清、拷問、死刑の対象となっていった。(wiki参照)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪強行採決おめでとう! | トップ | Twitter障害マップを視ると政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む