円ジョイと師匠の独り言

お笑い演芸と音楽と食の時事ネタ掘り出し物エンターテイメント

土壌汚染蘆花公園保育園の濾過

2016-10-14 11:05:35 | せたっしーの絵日記!

都立蘆花公園は地元世田谷区のオアシスである。そして僕らの幸せの野音の会の聖地♪でもある。
この地域は世田谷区ができる前は「廻沢(めぐりさわ)」と呼ばれ明治の文豪「徳富蘆花」が愛しただけでなく日本の原風景のような故郷感があり、小田急や京王から離れているため田舎のバスでめぐりさわ停留所まで行くトトロの風景のようなイメージがあった。

しかし東京五輪乱開発や環八の光化学スモッグ、農地への産業廃棄物不法投棄場所になり、住民達もゴミ焼却炉施設や東京ガスタンク群を受け入れ建設して世田谷区環境最悪地域になってしまった…その汚名をはらすように世田谷区で唯一旧村名「廻沢」の名前を地図から消してしまった曰くがある。

ところで
小池百合子進める待機児童解消事業として2つある都立公園内認可保育園
整備予定の一つが、来春開園絶望的という状況になってしまいました。
都立蘆花恒春園内の整備予定地で土壌汚染が発覚してしまったのです。

保育園運営事業者が自主的に調査し
発覚したらしいのですが、

他地域に見られる保育園建設に近隣の反対運動もさほどない蘆花公園、周辺地域は東京ガスタンク建設の土壌汚染された盛り土や産業廃棄物汚染物質が度々市民グループにより発見され、近くの業務用スーパー(パワーワークス)も放射線物質発覚で建築盛り土立て直しになったりしました。

食品や保育園などの公共施設は自ら環境調査を自民党的利権ありきで都合よくデータ作りされ、市民グループや共産党の調査により発覚し白紙撤回する税金の無駄使いというより犯罪的政治をする政党、候補者が多い。
まずは来年の都議会議員選挙である。
よく考えて選ばないと我々は悪代官、伏魔殿を崇める悪町民になってしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おめでとうボブディラン | トップ | 地球人類は本を棄てたのでノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む