ゆめみていっぱい

來夢、咲良夢、粋夢に続いて新しく都羽夢も加わり、大家族化しつつある我が家。パパとママは毎日楽しみでいっぱいです。

洞窟探検

2017年07月15日 23時23分01秒 | ライムとサラムとスイムとトワムなどなど
今日から3連休の我が家。パパさんも久々に仕事を忘れて、子供たちとゆっくり遊べます。


↑朝から咲良夢と野菜の水やり。咲良夢が学校から持って帰ってきたピーマン(名前はピーム)も仲間入りです。
北九州はまだ梅雨明けしていないんで今週は雨続き。だいぶ水やりをサボれましたが、昨日からは雨が降ってないので久々の水やり仕事なり。


↑ちなみに先輩のピー太郎も元気いっぱい。どんどん収穫できてます。肥料と水をたっぷりやって当分楽しめそうなり。
ピーマンは病気にも強いし育てやすいんで楽しいね。食卓もピーマンの比率が高まってます。


↑少し遅れましたが、ナスも実がなり始めました。売り物みたいにまっすぐで綺麗なのは少ないけど、
これまた味噌汁や炒め物、ぬか漬けにすると美味しいなり。夏野菜の定番です。


↑そして飛ぶ鳥落とす勢いの落花生。元気になり過ぎて、もはや収拾がついてません。。。
地面にも触手が刺さりまくり。9月頃に葉が黄色くなって来たら収穫っていうけど、どうなることやらです。

で、涼しくなってきた16時から田川の洞窟へ探検に出掛けることに。


↑会社から車で15分くらいにある『岩屋(ごうや)鍾乳洞』で遊ぶことに。家から近いし、無料やし、安近短の極致なり。
ただ、一見どこにあるか分からんくらいマイナーなんで、須佐神社の横にあるのはネットで調べたけど分からず、近所のお婆さんに
聞いて教えてもらいました。


↑さて、探検開始。まずはママさんと都羽夢はセレナで待機。先発隊の來夢、咲良夢、粋夢とパパさんの4人で内部調査することに。
やっぱ自然の中で、子供の冒険心は高まる一方。テンション高めの3匹でしたが・・・


↑まず入口で自分たちで内部の照明の電源をONにします。まあ、全てが無料なんでセルフは当然。
この電源ボックスの開け閉めの音が、『ギギーッ』と嫌な音。半分肝試しになって参りました。


↑整備されてないんで、入口は子供でも狭いくらい。そして一歩入ったところからメッチャ冷気が噴出してて寒いくらい。
さらに薄暗く照明もまばらで、少し先に鉄格子の入口がぼんやりみえたところで、3匹の戦意喪失。。。

昨夜寝る前に、ビデオに撮ってた島田秀平の怖い話のビデオを3匹に見せてたパパさん。
そこでやってた昔の防空壕跡での肝試しのVTR効果がいかんなく発揮されました。パパさんの作戦勝ちなり。

特に粋夢隊員の腰の引けようが尋常じゃなく、パパさんが抱っこしても断固拒否。
仕方なく、4人でママさんの都羽夢のいるセレナまで退却しました。

で、改めて6人全員で探検することに。粋夢隊員もママさんと都羽夢も行くことになり、何とか重い腰を上げました。


↑ちなみに中はこんな感じで、本格的な鍾乳洞です。めっちゃ涼しくて、夏は快適やね。ワインセラーに使いたいくらい。
ただ、照明が少ないんで懐中電灯はあった方がいいかな。客は我が家以外に誰もいなかったんで、間違って外から電源切られたらパニックです。


↑粋夢隊員も慣れてきたみたいで、姉ちゃんずの後ろをくっついてます。全長は160mくらいあるみたいやけど
結局最初の30mくらいで引き返すことに。粋夢隊員のコメント、『大人になったら最後まで行く』やって!


↑姉ちゃんずは余裕かな。咲良夢、怖いし。ちゃーんと鍾乳洞もあったし、天井から地下水の滴がピチョンと落ちてくるのも雰囲気良いし。
何よりも他に誰もいず、無料。子供たちも大盛り上がりで、ビックリ市、畑ダムに続く我が家のメインスポットになりました。


↑都羽夢も満喫できたかな?この後、天井からの滴が顔にかかって大泣きした都羽夢。その声が洞窟内部に響いてうるさいうるさい。
1時間くらいの探検で十分楽しめた我が家。帰りにビックリ市に寄って買い物して、18時過ぎに帰宅でした。


↑パパさん、呑みながら調理開始。生ハモを湯がいて梅肉和え。湯がき汁はすましにしました。
さらに長ナスを焼いて、別に買った赤センは煮込みにしました。


↑さて完成。なんちゃらデービットっていう、ずんぐりむっくりのオクラに我が家のピーマンも加わり、晩御飯開始。
やっぱり話題は今日の洞窟探検の話で、粋夢はさっそく、また行きたいって言いだしました。パパさんもビールが進んで幸せなり。


↑そして消灯後。。。やっぱり約一名起きてますが。。。それにしても凄い寝方やな。北枕とか関係ない状態。
都羽夢が蹴られないうちに救出して、パパさん呑み直し。寝たのは2時過ぎでした。

ちゅーわけで、失礼!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊張の一瞬! | トップ | 宇美八幡へお礼参り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライムとサラムとスイムとトワムなどなど」カテゴリの最新記事