平々凡々とした日々(?)を支離滅裂に綴る雑記

自転車・NFL・時計等が趣味です。
日々これらのことにに関することや雑感などを駄文乱文でつづっていきます

F1 日本GP

2016年10月10日 23時57分54秒 | F1・モータースポーツ
さて、先週末は鈴鹿でF1の日本GPでしたね。

久々にBSフジでハイライトの放送があったので、見た方もいるのでは。
まあね、放送前に結果がバンバンとネットにあがるので、
それを見てやめた方もいるかも・・・。

そんな決勝のグリッドは、ポールにロズベルグ、フロントローにハミルトンと
メルセデスが1・2を独占。
2列目はフェラーリの2台が並ぶところだったがベッテルがペナルティでさがり、
4番手フェルスタッペン、5番手にリカルドとレッドブルの2台。
6番手にフォースインディアのペレスがベッテルの間にはいる。
さて期待されたマクラーレンホンダの2台は、
アロンソ15番手、バトン17番手と後方に沈む。

決勝のレースは、いいスタートをきったロズベルグとは対照的にハミルトンは一気に順位を下げる。
こうなれば逃げのロズベルグの得意パターン、このままポール・トゥー・ウィンで鈴鹿初勝利。
2位にフェルスタッペン、3位には地道に順位をとりかえしたハミルトンでした。
4位、5位にはベッテル、ライコネンのフェラーリ勢が意地をみせる。
え~マクラーレンホンダですが、決勝でも鳴かず飛ばずのアロンソ16位、バトン18位でフィニッシュ。
アロンソが驚くほど遅かったとのコメント・・・・。頼むよホンダ、地元でみっともないレースしないでくれ。

そういえば、今回の日本GPは史上最低の観客動員だったとか。
やはりメディアの影響は大きいんですよ。いくら日本のファンが熱心だといっても、
無料放送がなくなった今、新たにファンを開拓していく術はないわけですからね。
昔ほど人気がなくなったとはいうものの野球やJリーグ、相撲等は絶対に放送があるわけで、
日本のプロスポーツの中では安定の人気なのではないでしょうか。
昨年ワールドカップで盛り上がったラグビーも今年はどうなることやら、
今年開幕のバスケのBリーグもメディアがどれだけ取り上げるのか、試合を放送するのかなんですよ。
F1も無料放送が今後ずっとないのであれば日本でも衰退していくでしょうね。
決勝のスタンド席に空きがいっぱいあるのを見て、悲しい気持ちになりました。
下手すれば、消滅するかも・・・。ホンダの次の撤退と一緒に消滅とかね。

チャンピオンシップは、ロズベルクがもう決まりじゃないですか、
なんかハミルトンは集中力がなくなっているとの報道もあるみたいだしね。


F1 ブログランキングへ
『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エレファントカシマシのライ... | トップ | SANABAGUN.  デンジャー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (千絵ボー)
2016-10-11 21:50:56
こんにちは。
日本GP、ニコが勝ったよりもホンダの体たらくに偉く失望させられました(苦笑)。これでは来年もダメなのでは?
ハミルトンが前回のマレーシアGPからなんだか自暴自棄になってしまっていますね。今年は厄年でしょうか(笑)。
ニコが優位になりましたが、まだ最後までわかりませんね。観客数が過去最低とのこと。昔セナがいた時代が懐かしいですね・・・・・・
Unknown (タクチ)
2016-10-12 08:53:43
千絵ボーさん

あまりのマクラーレンホンダの遅さにガッカリですよね。
前戦で、W入賞して期待が大きかっただけに
余計に失望感がハンパなく大きかったですよ。
せっかく久々の無料放送も結果ネットで知っていたら、
みんな見ないですよね。

ハミルトンは、どうなんですかね・・・。
なんかグランプリ以外でのことが話題になることが
多くて集中してないように感じますね、今シーズン。

それでも安心できないところは、ニコファンですね。
あと4戦か~、ノーポイントになるリタイアが
なければ、よほど大丈夫そうな感じですけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。