日光山系 ななころびのあの山の向こうに

あの山の向こうには何が待っているのだろう。7回ころんだら7回起き上がる、平凡ハイカーななころびの気まぐれ山行録です。

いまいち通信    (2017年2月、3月、4月)

2017-04-23 14:42:02 | 今市通信

4/23 更新) いつも弊ブログを見ていただいてありがとうございます。マイナーコース中心、トレースの軌跡もなし、コースタイムの記載もいい加減のこのブログは、皆さんの参考になることは稀と思います。今後、栃木県今市やその周辺の四季の移ろいの様子で気づいたことを、自然以外にも自分の感じたことなど、少しずつレポします。どこの地域で雪が潤沢だったとか、どこの地域で花が開花したとか、参考にしていただければと思います。

2017年4月23日(日) 古賀志山はミツバツツジの花の季節に移行中
23日は会津の山に行く予定が、寝かたが悪かったせいか、起きて結構な頭痛。諦めて、二度寝した後、近場の古賀志山の未知尾根歩きに切り替えました。山中アカヤシオは終わりかけでしたが、たくさんのミツバツツジが尾根上咲いていまして、季節の移り変わりは早いです。(444p周辺の尾根、古賀志山西ルート(呼称)の尾根)

2017年4月22日(土) 日光社寺市街地はまだ桜前線停滞中
今日は日中、母親の花見のお供です。4/9は今市はまだ桜が咲いていないと書きましたが、4/22もは今市中心地はさすがに

桜の花は盛りを超えました。花見と言っても、今市の近場、日光に向けて多少北上して桜や他の花前線を追っかけてみました。
まずは今市の大谷川公園。散歩する家族や仲間とパークゴルフをする人が思い思い楽しんでいますが、園内は春色真っ盛り、とてもいい雰囲気です。


場所を日光干満ケ淵に移して、お散歩です。11時30分に鳴虫山から降りてきた御夫婦と少しお話しました。山の上の方では、ヤシオツツジが少し咲き出していたそうです。次の週末が見頃ではと言ってました。山に登らずに花の偵察ができました(笑)。干満ケ淵公園はまだ桜がきれいに咲きそろっておりました。空は黒い雲が増えてきていて、多少の雨がきそうな雰囲気です。




2017年4月9日(日)   今市はまだ桜が咲いていないので・・・
9日は、低い山でも、少しでも歩いてみようと思っていましたが、朝から霧雨のようなのが降っていて、道路も濡れている状態で雨空。すっかり山に行く気を失って、午後の雨天の花見散歩に切り替えました。
とは言っても今市の桜はまだ咲いていないようなので、南下して昨年観に行ってよかった都賀町大柿花山に言ってみました。鹿沼市街地に入ると桜は咲いていて、その先、西方、都賀町と桜の花の盛りのようでした。花山の見物は、小雨の中スタート。30分ほどで雨も止んで、桜、桃、梅、椿、つつじ他お花いっぱいで、1年で最も華やかな時期なのではないでしょうか。
(入園する前に、布袋ケ岡城跡でもある花山を撮影しました。)


2017年4月3日(木)
   宇都宮も春はまだ到来せず。
昨年4/10観て楽しめた、宇都宮城山西小の孝子桜。山に行った帰りに、孝子桜まつりをやっているようなので、寄ってみました。車道脇にのぼりが幾つもたっていたり、駐車上整備のガードマンが何人もいたので、当然開花を期待しての立ち寄りです。学校の校庭に入りますと、昨年あんなに綺麗に咲いていた桜がまだ、1輪も咲いていない状態。もう夕方で、イベントだけはやったようで、片付けをしていました。というわけで、写真は1枚も取らずに撤退です。今年の栃木の桜は入学式に間に合わないようです。


2017年4月2日(土)   日光社寺市街地の春はまだ浅く・・・。(”なな”の散歩ルートは世界遺産)
4/2は母親の通院で日中をついやしまして、夕方最近山にいけない休日に、散歩をしている日光東照宮周辺を2時間くらい歩いてきました。体感ではわからない程度の小雨降る寒い日で、観光客の数も通常の土日と比べてかなり少ない。17時頃の気温はたぶん5、6度でした。手袋をしていないと、指先が冷たいくらい。もう4月なのに、ちょっと辺な気候です。
(人気もまばらな神橋で、ライトアップの風景が案外綺麗だったので撮影)


2017年3月9日(木)   今市周辺、だいぶ春らしく・・・。
8日、9日と少し寒さがぶり返してますが、一時期に比べればそれでもだいぶ春めいてきました。通勤路周辺はようやく梅の花もあちこち見られだしました。9日は家の用事で会社を早退。帰宅時にこの機会を利用して、すぐ近くを通過していて、寄ったことのない神社に行ってみました。立派な狛犬と初対面できたので、2件写真で報告です。
(塩谷町上肘内、水神社 )


(塩谷町大宮、大宮神社 )


母親を病院に連れて行って、外食後、家の周りをお散歩。水田に一部水を張り出していました。夕暮れの田んぼ、ぐちゃくちゃの水に、赤薙ぎから大真名子までの稜線が、一部逆さ連峰になって映っていました。


2017年2月15日(水) 今市、氏家も少し寒さがゆるみました。
数日前の厳しい寒波が来た時は、朝XVの気温表記はマイナス5度とかを示す日が数日ありました。14、15日は、0度とか、1度とかの表記ですが、それでもマイナス5度の日などに比べると随分暖かい。
14,15日と通勤途中の氏家からは、しばらく見えなかった男鹿山塊、遠く白笹山や、三倉山/流石山の稜線がくっきり見え、特に会津にちかいほうの山は白銀の姿で、趣味がら写真を撮りたい衝動がでますが、遅刻するとまずいので写真撮影はしていません。もう少し余裕をもって通勤しないといけませんね。

2017年2月11日(土)
初っ端から自然と関係ない話題。ノラさんも言及されていましたが、あのガンズ・アンド。ローゼスとBABYMETAL が日本公園でカップリングです。その時の軌跡の1枚。何かおかしい事があったのでしょう。SUが爆笑してますが、皆の笑顔がいいですね。SUの後ろであの笑ってはいけないようなキャラのアクセルが笑っています。これは超レア、世界中がこの写真に注目しているのではないでしょうか。このアクセル、初来日の88年12/9NHKホールでは、機材の不調の中9曲なんとか演奏も、その後アクセルは「こんなこと早くやめて帰ろうぜ。」ってマイクを床に叩きつけてライブを終了。なな”はその翌日の12/10に武道館で、機嫌が直ったアクセルのおかげで爆走16曲の素晴らしいライブを体現。今回の日本公演を観た人によると、アクセルは1曲終わる度にお辞儀までして、まるで別人のようだったと。29年の月日は人をこうも変えさせるのかと、感慨深い。オリジナルメンバー・メインでリユニオンで頑張るなら、アクセルにもうちょっと体型を絞って欲しいですね。(笑) そんな訳でアクセルの写真撮影時の、立ち位置は体型の隠れる真ん中です。
 

2.11は近所の眼科に花粉症の薬を処方してもらいに行きますが、休日の為休みでした。そのまま、家に帰るのもバカみたいなので、日光市街地まで足を伸ばして旧日光市役所裏へ。愛宕神社で、前回雪の下で見逃したイノシシ達を見てきました。(愛宕神社より上は積雪100%だったようです。)今日の最高到達点は愛宕神社。そのまま作業道を下って降りますと、旧市役所脇のお寺さんの敷地に降り立ちました。



今日の日光連山(正午頃)です。今市某所からみた風景。風が強く、連山は雪雲の末端のようなものに巻かれて、白くなっています。今市正午の気温は5度。日光市の春は、まだ少し先のようですね。 ■■  

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜、つつじ、春かすみ   ... | トップ | 目的の尾根歩きはまぼろしに... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い写真をどうも (ノラ)
2017-02-14 20:23:49
ななころびさん どうも,こんばんは。突然調子が変わったなって思ったのですが,そんなことはなかったですね。ガンズとBabyMetalの写真は面白いです。にしても後ろがアクセルですか?時代を感じますです。ナナさんはガンズのコンサート行ってるのですね。私はガンズを知ったのは15年ぐらい前ですので。
雪をかぶった猪像のも微笑ましくていいです。今回のコンサートがどんなだったかは興味があります。
ノラさん (ななころび)
2017-02-16 03:16:21
こんにちは。アクセルは、当時(1990年前後)と比べると、体型も顔も別人のような気がして、自分はしっくりきません。今回のライブでは、パフォーマンスや声はよかったようです。
ガンズのライブは初来日の伝説の武道館を観て、2度目の来日の東京ドーム、また次の年のドームと3回観ています。2度目に見た時が、自分的には一番よかったですが、その映像はDVDにもなりました。
イノシシ像は、予想通り、退避場所に居ました。たしかノラさんは、あの尾根の歩きまだでしたね。
貫禄のある狛犬ですね (ノラ)
2017-03-11 18:28:16
ななころびさん こんばんは。貫禄のある狛犬の写真をありがとうございます。この写真を見て喜ぶのは一部の人でしょうが。こういうのを見るとつくづく昭和の狛犬は品がないなって思います。
ノラさん (ななころび)
2017-03-12 11:59:28
こんにちは。
今回の狛犬2体は、私の通勤路の農村にある神社のものです。古くから地元の信仰を集めていたことが判ります。
狛犬も文化ですよね。最近、平地を散歩する機会もふえて、神社などを巡ることも増えております。

コメントを投稿

今市通信」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL